東京バベルタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

東京バベルタワー (Tokyo Babel tower) は、東京に建設を提唱されていたハイパービルディング早稲田大学理工学部建築学科尾島俊雄研究室がバブル期ハイパービルディングのひとつとして策定した構想である[1]

バベルの塔のように天まで達する高さへの願いから命名されている。

概要[編集]

1980年代から1990年代前半に大手建設会社やデベロッパーが中心となり立案されていた高さ1000m級の環境調和型の超々高層ビル案の一つとして、尾島研究室が高さ1万mの本構想を考案[1]。首都圏のスプロールによる自然破壊と環境負荷を抑制する事を意図として、東京都市圏の発展を江戸時代から未来へかけて8世代に分け構想時点の1990年頃を第4世代と位置付けつつ、徐々に都市集約を縮減化していき第8世代で首都圏3000万人が山手線の内側を敷地とする1棟に集約されるものとして本案が想定された[1]

想定データ[編集]

3,000兆円という巨額の資金(日本の国家予算の約30年分、日本国GDPの6倍)を要するとされる[要出典]バブル期の構想であることを考慮しても、あまりに非現実的で無謀なプランであった。

使用目的[編集]

高さ 呼称 建物面積 用途
9,000 - 10,000m[1] 宇宙 - 太陽エネルギーコレクター、宇宙開発センター
6,000 - 9,000m[1] 臨界 約20,000ha 工業・実験研究・基地施設
3,500 - 6,000m[1] 空界 約20,000ha 教育・行政・レジャー施設
1,000 - 3,500m[1] 雲界 約30,000ha 商業・オフィス・ホテル施設
0 - 1,000m[1] 人界 約100,000ha 住居・商住複合体施設
地下[1] 地界 - 地下インフラ・エネルギープラント・駐車場・発電機

メリット[編集]

デメリット[編集]

  • あまりに巨大なため、半永久的に補修し続ける必要があり、予算の捻出に苦労する。
  • 建設予定地の多くの人や建物が強制退去を余儀なくされ、完全に退去し更地にするまでの時間と費用も考慮しなければならず莫大になる。建設予定地の基底面が正方形だとすれば、一辺10.5km以上の広大な土地を確保する必要がある。基底面が円形だとすれば、半径約6km(直径12km)以上の土地が必要になる。
  • 高さが1,000m以上にもなると、テロなどによる人為的で、または不慮のトラブルで航空機の衝突する危険が高くなり、近辺の空域を飛行禁止にする必要が発生する。
  • 地震やその他の災害で崩壊した場合、数千万人単位の膨大な死者が出る(特に首都圏は地震が頻発し、いつ地震が発生するか予測できない場合が多いため、通常よりさらに厳しい耐震基準が要求される)。
  • 上層部の階の窓が割れると外の-50度の気温や突風を受ける。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 4.東京バベルタワー - 図面ライブラリー第21輯 尾島俊雄(稲門建築会)

参考文献[編集]

  • 尾島俊雄 『千メートルビルを建てる-超々高層のハードとソフト』 講談社〈講談社選書メチエ〉、1997年、ISBN 978-4-06-258118-9

関連項目[編集]

同様の構想[編集]