東京マラソン2020

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
東京マラソン > 東京マラソン2020
東京マラソン2020
Tokyo Marathon 2020 (Hibiya-dori).JPG
エリートのみの参加となったマラソン(増上寺前)
開催期間 3月1日
« 2019
2021 »

東京マラソン2020(とうきょうマラソン2020、Tokyo Marathon 2020)は、2020年3月1日東京都内の日本陸上競技連盟公認コースで行われた通算14回目の東京マラソン

概要[編集]

今大会はマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ、アボット・ワールドマラソンメジャーズXIII第3戦を兼ねている。またワールドアスレティックスラベルロードレースもゴールドからプラチナに格上げした最初の大会となった。

参加定員は前回と同じく、マラソンが3万7,500人、10km走が500人の、計38,000人の予定だった。

しかし新型肺炎世界的流行で国内でも感染拡大が懸念されるため、東京マラソン財団はエリートのみでの開催を決定した[1]。なお参加料やチャリティ寄付金は返金されず、2021年または2022年大会に出走する際は別に参加料が必要[2]。また関連行事のEXPO等も中止された[3]。また当初11000人の予定だったボランティアもリーダーのみに大幅縮小された。

レース[編集]

レースは定刻午前9時10分、横川浩日本陸上競技連盟会長の号砲によりスタート。

男子はビルハヌ・レゲセが2時間4分15秒で連覇。大迫傑は2時間5分29秒という日本新記録の4位で東京オリンピック出場を確実にした。

女子はイスラエルのチェムタイサルピーターが大会新記録で初優勝。

競技結果[編集]

種目
男子マラソン  ビルハヌ・レゲセ (ETH) 2:04:15  バシル・アブディ (BEL) 2:04:49  シサイ・レマ (ETH) 2:04:51
女子マラソン  ロナー・チェムタイ・サルピーター (ISR) 2:17:45  ベルハネ・ディババ (ETH) 2:18:35  ストゥメ・アセファ・ケベデ (ETH) 2:20:30
男子車いす  鈴木朋樹 (JPN) 1:21:52  渡辺勝 (JPN) 1:30:00  洞ノ上浩太 (JPN) 1:30:04
女子車いす  喜納翼 (JPN) 1:40:00  クリスティ・ドーズ (AUS) 1:53:23  安川祐里香 (JPN) 1:59:18

大会放送[編集]

本大会は2018年大会以来となるフジテレビ系列で生中継。またフジテレビオンデマンド(FOD)、民放公式ポータルサイト「TVer」でも地上波放送を同時配信した[4][5]

地上波テレビ放送
放送時間 表題 ネット局
7:35 - 9:00 直前スペシャル『東京マラソン2020 五輪最後の1枠へ! 史上最速決戦徹底解剖スペシャル』[5] テレビ大分テレビ宮崎[注釈 1]を除く26局ネット[注釈 2]
9:00 - 11:50 フジテレビ開局60周年特別番組 東京メトロスポーツスペシャル 東京マラソン2020
~日本マラソン史上最速決戦!2:05:49切れば五輪最後の1枠へ~(選考会の部・生中継)[4][5]
FNS系列全国28局ネット
衛星放送
BSフジ 17:00 - 19:50(選考会の部・地上波録画)[6]
CS放送・フジテレビNEXT ライブ・プレミアム[7]
  • 車いすマラソンの部
  • 3月1日 8:50 - 11:00(生中継)・13:00 - 15:10(再放送)・21:50 - 翌2日0:00(再放送)
  • 3月2日 19:00 - 21:10(再放送)
  • 3月5日 23:20 - 翌6日1:30(再放送)
  • エリートマラソン(選考会)の部
  • 3月1日 19:00 - 21:50(地上波録画)
  • 3月2日 14:00 - 16:50(再放送)
  • 3月5日 20:30 - 23:20(再放送)
ラジオ
ニッポン放送 9:00 - 12:00(選考会の部・生中継)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ テレビ大分は日本テレビ系、テレビ宮崎は日本テレビ系及びテレビ朝日系とのクロスネット局
  2. ^ ネット局のうち仙台放送秋田テレビさくらんぼテレビ福島テレビテレビ静岡福井テレビ高知さんさんテレビテレビ長崎沖縄テレビの9局は8:30飛び降り。

出典[編集]