東京三世社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
株式会社 東京三世社
TokyoSanseisya
種類 株式会社
本社所在地 日本
101-0061
東京都千代田区三崎町2-10-1
設立 1968年(昭和43年)9月3日
業種 出版業
代表者 中村勝郎(代表取締役社長)
資本金 4,500万円
売上高 40億円
従業員数 40名
外部リンク 公式ページ
テンプレートを表示

株式会社東京三世社(とうきょうさんせいしゃ)は、1952年から2010年まで存在した成人向け出版中心の日本出版社。三世社、三世新社を前身とする。

概要[編集]

成人向け雑誌の出版を中心に一般書も手掛ける。成人向け雑誌では辰巳出版や新樹書房と並ぶ老舗であり、同社出身者が立ち上げた成人向け出版社にはサン出版司書房三和出版などがあり、成人向け出版社の源流の1つであった[1][2]1964年東京都青少年保護育成条例が施行されて以降、各都道府県で出版物が有害図書と指定されることが多かった[1][3]

成年コミックでは「DO COMICS(ドゥ・コミックス)」レーベルを展開し、グループ会社には、株式会社フロム出版、株式会社ブックスレディがあった[4]

ビデオやゲームのネット配信も手がけた。

沿革[編集]

ゾッキ本屋の一三堂で財を成した石坂幸男[2][5]により三世社が設立され、1952年から『読切倶楽部』を創刊した[1][2][5][6]。この頃、作家の吉行淳之介が『読切倶楽部』の編集者として在籍。女優の中村メイ子も吉行の知人だったことから、同誌の座談会やインタビュー記事の担当者として在籍した。 その後、三世新社となり、1968年9月に東京三世社が設立[4]1970年創刊の『SMセレクト』でSM雑誌の創刊ブームを巻き起こすなど[5]1970年代初期のポルノブームに乗りアダルト雑誌を手がけ[7]、アダルト誌出版社が乱立し休刊する中で着実に業績を伸ばし、売り上げランキング上位に入るアダルト雑誌を多数出版した。

1978年からは、編集プロダクションスタジオIWAOに外注したSF漫画雑誌『少年少女SFマンガ競作大全集』を刊行[8]。誌名を『SFマンガ競作大全集』『SFマンガ大全集』『月刊WHAT(ワット)』と変更しながら1985年にかけて刊行された。この雑誌に作品を掲載した山田ミネコ佐々木淳子樹村みのりなどの著名少女漫画作家の作品や、高橋留美子新田たつおひさうちみちお星野之宣福山庸治といった少年漫画作家の作品も多数出版した。

2000年代には主にアダルト系の雑誌・ムック本のほか、雑誌ではパズル関連、ムック本では自動車・パソコン関係などを取り扱っている。

2005年に45億円の売上高でピークを迎えたが、2006年から赤字になる[9]2007年5月に社長が山岡真一郎から中村勝郎に交代し、山岡は代表権を持つ会長に就任[10]。4年連続赤字の事態を受け、2010年9月末に営業を停止した。以後、返品処理など任意整理に入り、2年以内に会社を清算する[9]

事業[編集]

書籍[編集]

  • 多湖輝の頭のショック療法』ISBN 978-4-8126-2442-5
  • 『アロマ健康マッサージ』ISBN 978-4812624302

雑誌[編集]

  • 読切倶楽部
  • 実話雑誌
  • 週刊モダン日本
  • 少年少女SFマンガ競作大全集
  • SMセレクト
  • MEN[11]
  • 漫画ダンディ
  • 漫画ビッグエロブン[3]
  • PINKY
  • コットンコミック
  • コミックミニモン
  • 月刊リトルピアス
  • 月刊MOGA
  • チョベリグ
  • チョベコミ!〔ギャル/キャバ嬢〕(刊行中)
  • 熱写ボーイ〔素人投稿誌](刊行中)
  • オレンジ通信〔AV情報誌](2009年1月に休刊)
  • ラブスポ〔スポーツ美少女〕(2008年6月に休刊)
  • コミックフェロモン〔成年コミック誌〕(2006年11月に休刊)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 永江朗「アダルト系出版社のルーツを探せ!」『別冊宝島240 性メディアの50年 欲望の戦後史ここに御開帳!』宝島社、1995年、pp.10-22
  2. ^ a b c 懐かし昭和の『エロス雑誌』大全 手さぐりで鉱脈を探してきた 『サン出版』会長M氏83歳」『週刊ポスト』2010年10月15日号、p.158。NEWSポストセブンでは「雑誌『SMセレクト』『さぶ』発行者(83歳・エロ歴60年)の告白」のタイトルで掲載
  3. ^ a b 「東京三世社のエロ本の受難 非優良図書指定から発禁へ 取次サイドも部数減で対抗」『噂の眞相』1982年2月号、p.15
  4. ^ a b 会社概要 東京三世社公式サイト内
  5. ^ a b c 吉野三太郎「団鬼六と『SMセレクト』の時代」『新潮45』2011年7月号、pp.140、143
  6. ^ 峯島正行『ナンセンスに賭ける』青蛙房、1992年、p.88
  7. ^ 「『性の自由』シリーズのすべて」『活字秘宝 この本は怪しい!!!』洋泉社、1997年、p.45
  8. ^ 長谷邦夫『ニッポン漫画雑誌名鑑』データハウス、1995年、pp.299-300
  9. ^ a b 東京三世社、9月末に任意整理 新文化 2010年8月3日 2010年8月3日閲覧
  10. ^ 【人事】東京三世社 新文化 2007年5月7日
  11. ^ 米沢嘉博『戦後エロマンガ史』青林工藝舎、2010年、pp.167-168

関連項目[編集]