東京京装コンピュータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東京京装コンピュータ株式会社
TOKYO KYOSO COMPUTER INC.
東京京装コンピュータ株式会社 ロゴマーク.png
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 KYOSO、TKC
本社所在地 日本の旗 日本
171-0033
東京都豊島区高田3-8-5
セントラルワセダ3階
設立 1981年昭和56年)1月
業種 電気機器
法人番号 1013301021019
事業内容 システムの受託開発やIT技術者派遣業務および付帯業務など
代表者 代表取締役会長 五味久夫
代表取締役社長 竹間末人
資本金 5000万円
従業員数 約130名
決算期 3月31日
主要部門 ソフトウェア開発業務
外部リンク www.tkc-net.com
テンプレートを表示

東京京装コンピュータ株式会社英語: TOKYO KYOSO COMPUTER INC.)は、主にシステムの受託開発やIT技術者派遣業務および付帯業務を行っている日本の企業である[1]。本社は東京都豊島区高田

概要[編集]

業務アプリケーション開発を中心とする第一システム部、通信キャリア、金融、官公庁系のアプリケーション開発を中心とする第二システム部、制御開発を中心とした第三システム部、基盤構築、運用等を行う第四システム部、そして、建設業の科学技術計算等様々なソリューションサービスを提供する第五システム部の5つからなるシステム開発部門が営業、管理部門と一体となって総合的な活動を行なっている。

また、富士通株式会社および富士通グループから、ソリューションビジネスにおける主要なパートナー企業として、コアパートナーの認定を受けている[1]

認定資格等[編集]

  • プライバシーマーク 10820519(07)[1]
  • ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)JUSE-IR-095[1]
  • FUJITSU Software テクニカルパートナープログラム[1]

沿革[編集]

  • 1981年(昭和56年) - 東京京装コンピュータ株式会社を新宿区高田馬場2丁目にソフトウェア開発業務を主体として設立
  • 1990年(平成2年) - 資本金を2,000万円に増資
  • 1998年(平成10年) - 新宿区高田馬場3丁目25番3号に自社ビルを購入、移転
  • 1999年(平成11年) - 資本金を3,000万円に増資
  • 2000年(平成12年) - 資本金を5,000万円に増資
  • 2002年(平成14年) - 経済産業省「システムインテグレータ認定企業」
  • 2004年(平成16年) - 豊島区高田3丁目8番5号に新社屋を購入、移転
  • 2005年(平成17年) - プライバシーマーク認定
  • 2006年(平成18年) - システムソリューション部門を分社化、NSシステム株式会社を設立
  • 2007年(平成19年) - ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認証取得
  • 2011年(平成23年) - 設立30周年
  • 2014年(平成26年) - FUJITSU Software テクニカルパートナープログラム認定
  • 2017年(平成29年) - 富士通 コア・パートナー・オブ・ザ・イヤー 2016受賞

開発分野[編集]

  • 通信関連システム開発 - 携帯電話売上管理システム、オンライン顧客管理システム等
  • 金融関連システム開発 - 資産管理システム、営業支援システム等
  • 官公庁系システム開発 - 郵政民営化・窓口業務管理システム、警視庁Nシステム等
  • 教育・メディア関連システム - 顧客管理システム
  • 建設関連システム - 地震・振動解析システム等
  • パッケージソフト - 原価管理システム
  • その他 - 医療、製薬、製造、鉄道運行等

役員[編集]

(2018年4月1日現在)

加盟団体[編集]

  • 富士通系ソフトウェア業グループ (FSA)[1]
  • 日本情報技術取引所 (JIET)[1]

関連会社[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 東京京装コンピュータ”. 東京京装コンピュータ. 2018年4月23日閲覧。