東京国際クルーズターミナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
地図

東京国際クルーズターミナル(とうきょうこくさいクルーズターミナル)は、東京都江東区青海地先に建設中の客船ターミナル。

概要[編集]

晴海ふ頭の晴海客船ターミナルには、国際クルーズ路線に対応した出入国管理設備があるが、レインボーブリッジ(高さ52m)により大型クルーズ客船の寄港は困難で、品川埠頭、大井ふ頭の貨物用埠頭を利用するクルーズ船もあった[1][2]。そのため東京の新しい玄関口として2020年東京オリンピックが開催される、2020年開業に間に合わせ、ターミナルビルの建設を決定した[3]

沿革[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「爆買い」でクルーズ船、列島「爆来」 東京、横浜では大型船が橋くぐれず - 産経ニュース 2016年2月25日
  2. ^ 東京港史上最大のクルーズ客船「マリナー・オブ・ザ・シーズ」が大井水産物ふ頭へ初入港します! - 東京都 2016年4月20日
  3. ^ 新客船ふ頭ターミナルビルの概要について - 東京都 2015年12月20日
  4. ^ 新客船ターミナルの名称について - 東京都 2018年7月9日
  5. ^ 東京国際クルーズターミナルの開業日と第1船が決定 - 東京都 2018年9月7日

座標: 北緯35度37分3.7秒 東経139度46分14.5秒 / 北緯35.617694度 東経139.770694度 / 35.617694; 139.770694