東京大学演習林軌道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

東京大学演習林軌道(とうきょうだいがくえんしゅうりんきどう)は、埼玉県秩父郡大滝村(現秩父市)の荒川水系の滝川入川上流域に存在していた森林鉄道である。その名が示すように、東京大学農学部秩父演習林内に存在した。

東京大学はこの路線の維持管理と、保守用のモーターカーを1台所有するのみであり、実際の管理運行は民間業者に委託されており、民間業者の車両が多く運行されていた。また、この演習林からの木材、薪、炭などは、民間に払い下げられ、大学の収入源であった。入札制であったが、殆どは一部の会社により独占されていたという。

路線データ[編集]

  • 軌間:762mm
  • 動力:馬→内燃(ガソリン、ディーゼル)
  • 入川線:川又八間橋 - 赤沢出合 5.6km
  • 滝川線:川又八間橋 - 豆焼沢 5.3km
  • 赤沢上部軌道:赤沢出合 - モミ谷 2.4km
    • 入川線の赤沢出合とは簡易索道で結ばれていた。

その他、関連する路線として、関東水電(東京電力の前身の一つ)の工事用軌道(二瀬~川又八間橋)がある。

歴史[編集]

  • 1916年(大正5年):東京帝国大学(現 東京大学)が秩父演習林を開設。
  • 1921年(大正10年):関東水電が、発電所建設資材運搬用の軌道を二瀬~川又八間橋に敷設。動力は馬を使用。
  • 1922年(大正11年):東京帝国大学が、発電所建設資材運搬用の軌道に接続する林道の建設を開始。
  • 1929年(昭和4年):林道の一部に軌道を敷設する。後の入川線の一部2.6km。尚、この路線は、当時東京帝国大学演習林の林産物を払い下げを受けていた、関東木材合名会社が敷設する。
  • 1930年(昭和5年):関東水電の発電所建設資材運搬用の軌道が、奥秩運輸組合に譲渡される。
  • 1932年(昭和7年):滝川線の敷設開始。
  • 1936年(昭和11年):東京帝国大学の手で、入川線の残り3.0km を敷設。
  • 1939年(昭和14年):東京帝国大学が関東木材敷設の軌道を買収。
  • 1948年(昭和23年):滝川線全線開通。
  • 1951年(昭和26年):赤沢上部軌道開通。
  • 1953年(昭和28年)頃:関東木材が入札から撤退、秩父木材工業が独占となる。奥秩運輸組合は二瀬~川又八間橋を秩父木材工業に譲渡。
  • 1957年(昭和32年):秩父木材工業が西武鉄道傘下の復興社に併合される。
  • 1961年(昭和36年):復興社は西武建設に吸収される。以降、東京大学演習林軌道は実質的に西武建設の運営となる。
  • 1961年(昭和36年):二瀬ダム建設により、二瀬~川又八間橋廃止。
  • 1969年(昭和44年):全線廃止。
  • 1982年(昭和57年):赤沢出合付近の発電所取水口工事の資材運搬の為に、廃止された東京大学演習林軌道を利用することが決定。発電所取水口工事は三国建設が請け負うこととなる。
  • 1983年(昭和58年):三国建設による軌道改修工事完成。運用開始。
  • 1984年(昭和59年):運用終了。

現在[編集]

三国建設が運用していた頃の軌道が残っている。

関連項目[編集]