東京学芸大学附属世田谷小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東京学芸大学附属世田谷小学校
Tokyo Gakugei University Setagaya Elementary School.JPG
過去の名称 東京府小学師範学校附属小学校
東京府師範学校附属小学校
東京府尋常師範学校附属小学校
東京府青山師範学校附属小学校
東京第一師範学校男子部附属国民学校
東京第一師範学校男子部附属小学校
東京学芸大学東京第一師範学校男子部附属小学校
東京学芸大学教育学部附属世田谷小学校
国公私立の別 国立学校
設置者 東京学芸大学
設立年月日 1876年3月10日
開校記念日 3月10日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 158-0081
東京都世田谷区深沢四丁目10番1号
公式サイト 東京学芸大学附属世田谷小学校
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

東京学芸大学附属世田谷小学校(とうきょうがくげいだいがくふぞくせたがやしょうがっこう, Tokyo Gakugei University Setagaya Elementary School)は、東京都世田谷区深沢四丁目にある国立小学校

概要[編集]

国立大学法人東京学芸大学が設置する、幼稚園から高校までの11の附属校(13拠点)の一つ。

存在意義[編集]

東京学芸大学教育学部の附属小学校として、以下3点を使命とする。

  • 教育理論の実験的研究ならびにその実証を行う。
  • 東京学芸大学教育学部の学生の教育実習の指導を行う。
  • 初等普通教育(公教育)を行う。

すなわち、まず第一に挙げられるのが、教育実験校としての位置付けである。東京学芸大学における研究理論の実践、検証の場であり、全国の研究、教育機関との連携の場である。第二に、東京学芸大学教育学部の学生への教育実習機会の提供である。6月、9月、10月、2月の年4回、各2-4週間実施され、1学級ごとの教育実習生の割当は秋の回では3-4名に上る。初等普通教育の実施は、第三に位置付けられるものである。教育内容は一概に高度なものとはいえないが、国語・算数など8教科名の入った時間割に基づく教科学習活動を3年生から行うなど、独自のカリキュラムにより公立学校よりはかなり高度な教育を主要教科と総合学習において行っている。

教育目標[編集]

  • 学校教育目標「子どもが人やもの、こととの豊かなかかわりを通して、自律性と共存性を高め、相互啓発的な生き方を追究していけるようにする」
  • 学校目標「思いゆたかに 考えふかく ともに生きる子」(学校教育目標を、子どもたちとも共有できるよう、平易な言葉で表現したもの)

沿革[編集]

  • 1873年明治 6年)- 教則講習所が開校。
  • 1875年(明治 8年)- 東京府仮師範学校に改称。
  • 1876年(明治 9年)
    • 東京府小学師範学校と改称し、現在の東京都千代田区内幸町に開校。
    • 3月10日 - 東京府小学師範学校附属小学校が開校。
    • 11月 - 東京府師範学校附属小学校に改称。
  • 1887年(明治20年)- 東京府尋常師範学校附属小学校に改称。(勅令第13号、1886年(明治19年)尋常師範学校官制公布による)
  • 1889年(明治22年)3月 - 小石川区竹早町8番地に校舎を移転。
  • 1900年(明治33年)3月 - 赤坂区青山北町5丁目24番地に校舎を移転。(小石川区の校舎は東京府女子師範学校となる)
  • 1908年(明治31年) - 東京府青山師範学校附属小学校に改称。
  • 1929年昭和 3年)- 保護者会により、千葉県旧安房郡千倉町(現南房総市)に海の家「青山荘」(せいざんそう)を開設。
  • 1936年(昭和11年)- 青山より世田谷区下馬(現:東京学芸大学附属高等学校隣接地)へ移転。
  • 1941年(昭和16年)4月 - 国民学校令により、「東京府青山師範学校附属国民学校」に改称。
  • 1943年(昭和18年)- 師範学校の官立(国立)移管・改称に伴い、「東京第一師範学校男子部附属国民学校」に改称。
  • 1947年(昭和22年)4月 - 学制改革に伴い、「東京第一師範学校男子部附属小学校」に改称。
  • 1949年(昭和24年)5月 - 新制大学東京学芸大学の発足により、「東京学芸大学東京第一師範学校男子部附属小学校」に改称。
  • 1951年(昭和26年)4月 - 東京第一師範学校の廃止に伴い、「東京学芸大学附属世田谷小学校」に改称。
  • 1955年(昭和30年)- 東京都世田谷区下馬から世田谷区深沢に移転を開始。
  • 1957年(昭和32年)- 下馬より移転完了。
  • 1958年(昭和33年)- 体育館が完成。(1981年(昭和56年)解体)
  • 1966年(昭和41年)- 創立90周年記念式典。天皇皇后行幸啓。
  • 1969年(昭和44年)- 燕岳登山を行う林間学校を、長野県中房温泉で始める(1985年(昭和60年)頃に中止)
  • 1972年(昭和47年)-「東京学芸大学教育学部附属世田谷小学校」に改称。
  • 1973年(昭和48年)- 後の「総合的な学習の時間」(平成14年度より全国本格実施)につながる、新領域の時間「○の時間」(まるのじかん)開始。
  • 1976年(昭和51年)- 創立100周年記念式典。皇太子同妃行啓。
  • 1982年(昭和57年)- 新体育館、新別館が完成。
  • 1995年平成7年)- 本校舎の耐震化、改修工事が完成。
  • 2003年(平成15年)- 青山荘の改修工事が完成。
  • 2004年(平成16年)-「東京学芸大学附属世田谷小学校」(現校名)に改称。

象徴[編集]

  • 校章は、星と桜。制服、制帽、制鞄(ランドセル)を持つ。
  • 校庭の藤棚は青山校舎、下馬校舎から移植されたもので、『藤棚の歌』では「集まり散る子の夢の宿」と歌われる。

学校歌[編集]

校歌のほかに、数多くオリジナルの歌が作られている。

  • 校歌 作詞:門田ゆたか 作曲:團伊玖磨
  • 楽しきは青山(旧校歌)
  • 青山荘の歌
  • 青山荘音頭 作曲:高田早穂見(1958年)
  • 運動会の歌(1964年)
  • 藤棚の歌 作詞:門田ゆたか 作曲:團伊玖磨(1966年)
  • ゴールめざして 作詞:中村千栄子 作曲:岩河三郎(1970年)
  • 百周年祝典歌 (1975年)

通学区域[編集]

東京都世田谷区、目黒区および大田区の一部。

特徴[編集]

  • 各学年3学級で構成される。
  • 児童の自主性を重んじている。一般の小学校における入学式などの行事や委員会(ポプラの活動)、クラブ活動(藤棚の活動)等はすべて児童が企画を立て、運営をしている。
  • 1・2学年は教科別学習ではなく総合学習を行う。
  • 上の校庭・下の校庭の2つがある。校庭が広いために、休み時間は一般的な小学校では20分だが世田谷小学校では25分となっている。
  • 給食は自校方式。
  • 千葉県南房総市(旧 千倉町)に青山荘(せいざんそう)を所有しており、校外学習、臨海学校で利用されていたが、東日本大震災以降、利用されなくなった。

進学[編集]

多数の児童が隣接している東京学芸大学附属世田谷中学校内部進学する。男女別に60名→50名へと絞られる。

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]