東京少年少女合唱隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

東京少年少女合唱隊(とうきょうしょうねんしょうじょがっしょうたい、英語名称:Little Singers of Tokyo、英語略称:LSOT)は、日本児童合唱団体。

概要[編集]

1951年に長谷川新一により創立された。1955年より世界児童合唱連盟「プエリ・カントレス」に加盟している。 ジャンルはグレゴリオ聖歌から現代音楽まで幅広いレパートリーをもつ。

1961年NHK「みんなのうた」第1回放送「おお牧場はみどり[1]から多数の(NHKオンライン上では38曲[2])放送楽曲を歌唱。1986年から1988年には朝日新聞主催、全日本合唱コンクールにおいて3年連続金賞受賞する。

年2回の定期演奏会の他に、国内、海外のオーケストラ・オペラ作品とも数多く共演している[3]

経緯[編集]

  • 1951年(昭和26年) - 創設指揮者、長谷川新一とポーロ・アヌイにより東京都内小学生男子30人の少年合唱東京少年合唱隊結成。[4]
  • 1954年(昭和28年) - 東京少女合唱隊結成。新大久保に専用練習スタジオを建設。[4]
  • 1955年(昭和30年) - カトリック系世界児童合唱連盟「プエリ・カントレス」に日本支部として加盟。[4]
  • 1964年(昭和39年) - 初の海外親善公演。ニューヨークのリンカーンセンター開場記念で出演。この公演を機に東京少年合唱隊と東京少女合唱隊を合併。東京少年少女合唱隊として活動開始。[4]
  • 1965年(昭和40年) - 読売日本交響楽団の本邦初演「戦争レクイエム」で共演。
  • 1967年(昭和42年) - NHK交響楽団の本邦初演で共演。
  • 1990年(平成2年) - EBU主催国際合唱コンクール児童合唱部門で第一位を受賞。[4]
  • 2001年(平成13年) - 創立50周年を記念し年3回の公演を行う。東京カテドラル聖マリア大聖堂での演奏はNHK教育TV「芸術劇場」、NHKFM放送「ベスト・オブ・クラシック」でも放送された。
  • 2006年(平成18年) - 創立55周年を記念し年4回の主演公演を行う。

構成[編集]

スタッフ[編集]

  • 桂冠指揮者:長谷川冴子
  • 常任指揮者:長谷川久恵
  • 事務局長:水澤君江

グループ[編集]

LSOT Jr
学年によりA~Cクラスに分かれ、合唱の基礎やステージマナーを学ぶ。
LSOT Concert Choir
LSOT JrのAクラスとLSOT Sinior & Youth Choirから構成される演奏活動の中心となるクラス。
LSOT Sinior & Youth Choir
Jrを修了したメンバーで構成される。独自の演奏活動や教会でのコンサート等を行う。
Vintage Voice of L.S.O.T
経験者による室内混声合唱グループ。
Chorus L.S.O.T
大編成の混声合唱や修了生、外部メンバーも加わる主演公演などで活動する。

後援会[編集]

L.C.(リトルクワイヤー)基金
会長:泉靖彦
副会長:井上善雄

公演・出演[編集]

出典[編集]

  1. ^ NHKオンライン みんなのうた|おお牧場はみどり”. 2018年8月25日閲覧。
  2. ^ NHKオンライン みんなのうた検索結果”. 2018年8月25日閲覧。
  3. ^ 公式サイト プロフィール”. 2017年9月2日閲覧。
  4. ^ a b c d e 公式サイト 歴史”. 2018年8月25日閲覧。
  5. ^ 地雷ZEROキャンペーン委員会 参加アーティスト”. 2017年9月2日閲覧。