東京市電気局1001形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東京市電1001形電車
基本情報
運用者 東京市電気局
東京都交通局
製造所 大塚工場
製造年 1906年 - 1907年
製造数 10両
廃車 1927年
主要諸元
軌間 1372 mm
電気方式 直流600V架空電車線方式
車両定員 66人(座席定員26人)
自重 9.5 - 10.5t
最大寸法
(長・幅・高)
10975mm×2184mm×3467mmまたは3570mm
車体 木造
台車 ブリル22E
主電動機 GE1000
主電動機出力 26.1キロワット
搭載数 2基 / 両
駆動方式 吊り掛け駆動方式
歯車比 83:15
制御装置 B18
制動装置 手ブレーキ発電ブレーキ
備考 『都電60年の生涯』192 - 195頁「都電車両諸元表」より
テンプレートを表示

東京市電気局1001形電車(とうきょうしでんききょく1001がたでんしゃ)は、1906年(明治39年)に登場した東京市電気局(後の東京都交通局)の路面電車(都電)車両である。

概要[編集]

1906年(明治39年)から1907年(明治40年)にかけて、東京市電の前身である東京市街鉄道(街鉄)の木造ボギー車として大塚工場[1]で 1001 - 1100 の100両が製造された。モニタールーフに吹きさらしのオープンデッキという当時の典型的なスタイルで、同社の四輪単車(251形)の車体をそのまま延長したような形態である。

台車は製造当初はブリル22E[1]マキシマム・トラクション台車を装備し、後年ブリル76EまたはD4形に交換された。制御装置など電装品はいずれもゼネラル・エレクトリック社製で、主電動機は出力26.1kwのものを各台車に1基ずつ搭載していた。集電装置はトロリーポールで、製造当初は架空複線式のため集電用と帰線用の2本が車体中央部の屋根上に設置されていた。

沿革[編集]

当初は街鉄1001形として1906年(明治39年)に製造が開始されたが、街鉄は同年に東京電車鉄道東京電気鉄道と合併して東京鉄道が発足したため、1001 - 1061の61両は街鉄時代に、1062 - 1100の39両は東京鉄道発足後に竣工した[2]1911年(明治44年)の市営化後も原番号を引き継いだが、1101形や1121形との区別のため「ボギーのホ」「東京市街鉄道のシ」から「ホシ形」[3]という通称が与えられた。老朽化に伴う車体更新は行われなかったが、ベスチビュール(前面窓)の設置や台車の交換などの改善は行われた。

1923年(大正12年)の関東大震災では58両が焼失し、その他にも大正年間を通じて車庫火災により13両が焼失している[4]。震災後の1925年、市電気局は欠番の多くなった車両番号の整理を実施し1001形は1101形の残存車とともに1900形に改番される予定であったが、1900形へ改番が実施されないまま1927年(昭和2年)までに全車廃車された。他社局へ譲渡されたり、保存された車両は存在しない。

出典[編集]

  1. ^ a b 『都電60年の生涯』192 - 195頁
  2. ^ 『鉄道ピクトリアル』614号43頁
  3. ^ 『都営交通100周年都電写真集 都電』140頁
  4. ^ 『都電車両総覧』178 - 179頁

参考文献[編集]

  • 江本廣一『都電車両総覧』 大正出版、1999年
  • 江本廣一「東京市電~都電 車両大全集」『鉄道ピクトリアル』1995年12月(通巻614号)、鉄道図書刊行会
  • 『都電60年の生涯』 東京都交通局、1971年
  • 『都営交通100周年都電写真集 都電』 東京都交通局、2011年