東京教育大学生リンチ殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
東京教育大学生リンチ殺人事件
青:殺人が行われた法政大学
赤:遺体が遺棄された東京厚生年金病院
場所 東京都新宿区津久戸町5-1
(遺体発見場所)
日付 1970年(昭和45年)8月3日
12時ごろ
概要 中核派革マル派の内ゲバ
攻撃手段 被害者を拉致しリンチを加えて殺害
死亡者 1
被害者 革マル派活動家の東京教育大学理学部3年生の男性
犯人 中核派活動家
謝罪 なし
賠償 なし
テンプレートを表示

東京教育大学生リンチ殺人事件(とうきょうきょういくだいがくせいリンチさつじんじけん)とは、1970年昭和45年)8月3日東京都で発生した内ゲバ殺人死体遺棄事件。被害者の名前を取って「海老原事件」とも呼ばれる[1]

事件の経過[編集]

1970年(昭和45年)8月4日早朝、東京都新宿区東京厚生年金病院(現:東京新宿メディカルセンター)の警備員から「玄関前に死体がある」との110番通報があり、上半身裸の若い男性の遺体が遺棄されているのが発見された[1][2]

被害者は当時東京教育大学理学部化学科3年生で、革マル派活動家のEと判明した。

前日の8月3日午後3時頃、池袋駅東口で街宣活動を行っていた中核派活動家が偶々通りかかったEを発見、その場で殴る蹴るの暴行を加えた。その後、Eに猿ぐつわ、目隠しをして、デモのようにしながら飯田橋の法政大学に拉致した[1][2][注釈 1]

中核派活動家らはEを法政大学第二校舎(通称、六角校舎)地下室に連行し椅子に縛り付け、“自己批判”を要求したり、「反革命は死ね」「ここから生きて帰れると思うな」と罵声を浴びせながら、集団リンチを加えて殺害、翌4日、同病院に遺体を遺棄した[1][2]

事件の1か月程前から中核派と革マル派の対立はエスカレートしており、7月9日、東京教育大学構内で機関紙『前進』を販売していた中核派活動家が、Eを含む十数人の革マル派活動家に襲われた上、『前進』を奪われる事件があり、Eは中核派からマークされていた。更に、事件2日前の8月2日には新宿の歩行者天国で、事件前日の8月3日には渋谷で両派が乱闘する事件を起こしていた[2]

東京教育大学の学生・卒業生が内ゲバの被害者となった事件としては、この他に川崎市女子職員内ゲバ殺人事件がある。

捜査[編集]

警視庁は特別捜査本部を設置して捜査をした結果、中核派の法政大学生23人を逮捕した[1]

事件の影響[編集]

この事件以前の中核派と革マル派の間には多少の摩擦はあったものの、相互の命を奪うような凄惨なものではなかった。しかし革マル派は「階級的報復」を宣言、この事件直後の8月14日に偽装した革マル派数十人が法政大学で中核派を襲撃、10人ほどの中核派活動家に重軽傷を与えた。これ以後、相互の内ゲバは激しさを加え、長年にわたり両派の多数の人命が奪われるに至った。

このことは、学生運動を学生から遠ざけて学生運動後退の原因ともなった。また、両派のメンバー自身が常に自らが危険にさらされることとなり、警戒のために活動や生活にまで不便をもたらすことになった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 法政大学は中核派の拠点校である。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 警備研究会 2017, p. 160.
  2. ^ a b c d 高木正幸 1988, pp. 130–131.

参考文献[編集]

  • 警備研究会『わかりやすい極左・右翼・日本共産党用語集』五訂、立花書房、2017年2月1日。ISBN 9784803715415。
  • 警備研究会『極左暴力集団・右翼101問(改訂)』立花書房、2000年11月。ISBN 9784803715194。
  • 警察庁『"内ゲバ"の実態 極左暴力集団のセクトの争いとその周辺』警察庁、1972年。全国書誌番号:20851081
  • 高木正幸『新左翼三十年史』土曜美術社、1988年11月10日。ISBN 9784886251770。

関連項目[編集]