東京湾口道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国道16号標識

東京湾口道路(とうきょうわんこうどうろ)とは、構想中の地域高規格道路である(名称は仮称)。現在の国道16号における海上区間を成す。

現在は計画が棚上げされており、事実上凍結状態になっている。

概要[編集]

想定ルートは、東京湾入口の浦賀水道吊り橋または海底トンネルで横切り、神奈川県横須賀市から千葉県富津市に至る延長約17kmである。東京湾アクアライン第二東京湾岸道路などとともに東京湾を8の字状に結ぶ東京湾環状道路の一部としても位置づけられている。

現在、このルートには東京湾フェリーが就航しているが、開通後の補償などの議論はされていない。

富津市などでは誘致活動が行われてきた[1]が、2008年4月、国土交通省は計画を棚上げする方針を固めたため、構想は事実上の凍結となった。[2]

富津市では2014年まで、毎年夏に東京湾口道路建設促進の一環として「富津花火大会」を開催していた[3]

その他[編集]

戦前に国防のため建設された海堡のうち、第三海堡の廃墟が予定区間を大きく遮る障害物となっていたが、この撤去事業が浦賀水道航路整備の必要性から進められ、2007年8月に撤去作業が完了した。

1967年に制定された2代目の横須賀市歌堀口大學作詞)の5番では「われらが夢」として、東京湾口道路の完成を祈願する趣旨が歌われている[4]

脚注[編集]

  1. ^ 市の取り組み/東京湾口道路 - 富津市
  2. ^ 海峡横断6事業棚上げ、国交省方針[リンク切れ] - NIKKEI NET(日本経済新聞、2008年4月7日)
  3. ^ 2015年からは市当局ではなく、富津市の民間有志が花火大会を開催している。
  4. ^ ○横須賀市歌(横須賀市例規集)

関連項目[編集]