東京証券取引所で上場廃止となった企業一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

東京証券証券取引所で上場廃止となった企業の一覧(とうきょうしょうけんとりひきじょでじょうじょうはいしとなったきぎょういちらん)は、過去に東京証券取引所上場廃止となった企業の一覧である。

株式交換株式移転合併による上場廃止はここでは記述しない。

東証で上場廃止となった日本企業[編集]

1999年以前[編集]

2000年[編集]

  • 長崎屋(2000年5月14日、東証1部 8262)
  • エルカクエイ(2000年5月15日、東証1部 8826)
  • 日本NCR(2000年6月30日、東証1部 6953)
  • 東洋製鋼(2000年7月15日、東証2部 5443)
  • 日貿信(2000年7月26日、東証1部 8582)
  • ライフ(2000年8月20日、東証1部 8587)
  • 第一ホテル(2000年8月27日、東証1部 9710)
  • そごう(2000年10月10日、東証1部 8243)
  • 藤井(2000年12月26日、東証1部 8100)
  • 川崎電気(現:かわでん、2000年12月30日、東証2部 6648)

2001年[編集]

  • 赤井電機(2001年2月3日、東証1部 6802)
  • 富士車輌(2001年5月24日、東証1部 7104)
  • 池貝(2001年6月1日、東証1部 6102)
  • 冨士工(2001年6月24日、東証1部 1809)
  • マイカル(2001年12月15日、東証1部 8269)

2002年[編集]

  • 大倉電気(2002年1月30日、東証1部 6851)
  • エルゴテック(2002年2月3日、東証2部 1962)
  • 大成火災海上保険(2002年2月23日、東証1部 8765)
  • 新潟鐵工所(2002年2月28日、東証1部 6011)
  • 青木建設(2002年3月7日、東証1部 1886)
  • 殖産住宅相互(2002年4月14日、東証1部 1920)
  • 雪印食品(2002年4月30日、東証2部 2287)
  • 段谷産業(2002年5月3日、東証1部 7910)
  • ナカミチ(2002年5月20日、東証2部 6813)
  • 日本重化学工業(2002年5月23日、東証1部 5562)
  • 佐藤工業(2002年6月4日、東証1部 1804)
  • 日本加工製紙(2002年6月13日、東証1部 3870)
  • 住倉工業(2002年6月18日、東証2部 6114)
  • 日産建設(2002年7月1日、東証1部 1818)
  • 第一家庭電器(2002年7月17日、東証1部 8172)
  • 宝幸水産(2002年7月26日、東証1部 1351)
  • テザック(2002年8月5日、東証1部 3115)
  • シントム(2002年9月27日、東証1部 6808)
  • 大日本土木(2002年10月16日、東証1部 1836)
  • 日立精機(2002年11月20日、東証1部 6106)
  • ニツセキハウス工業(2002年12月1日、東証1部 1917)
  • 古久根建設(2002年12月16日、東証1部 1838)

2003年[編集]

  • 神戸生絲(2003年3月21日、東証1部 3007)
  • セザール(2003年4月25日、東証1部 8845)
  • 南海毛糸紡績(2003年4月30日、東証2部 3206)
  • 大和建設(2003年6月3日、東証2部 1829)
  • 大江工業(2003年6月30日、東証2部 6394)
  • 福助(2003年7月22日、東証1部 3584)
  • オリエント時計(2003年7月27日、東証2部 7764)

2004年[編集]

2005年[編集]

2006年[編集]

  • すかいらーく(2006年9月19日、東証1部 8180)[1] 2014年10月9日に再上場。
  • ライブドア(現:LDH、2006年4月14日、マザーズ 4753)
  • ライブドアマーケティング(現:メディアイノベーション、2006年4月14日、マザーズ 4759)

2007年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

  • ダイア建設(2009年1月20日、東証2部 8858)民事再生手続き
  • クリード(2009年2月10日、東証1部 8888)会社更生手続き
  • オー・エイチ・ティー(2009年2月21日、マザーズ 6726)虚偽記載
  • 春日電機(2009年2月21日、東証2部 6650)監査意見不表明
  • 小杉産業(2009年3月3日、東証2部 8146)破産手続き
  • 日本綜合地所(2009年3月6日、東証1部 8878)会社更生手続き
  • ニチモ(2009年3月14日、東証2部 8839)民事再生手続き
  • あおみ建設(2009年3月20日、東証1部 1889)会社更生手続き
  • SFCG(2009年3月24日、東証1部 8597)民事再生手続き
  • パシフィックホールディングス(2009年4月11日、東証1部 8902)会社更生手続き
  • アゼル(2009年4月14日、東証1部 1872)破産手続き
  • アーティストハウスホールディングス(2009年4月28日、マザーズ3716)事業活動の停止
  • モック(2009年5月1日、マザーズ2363)時価総額所要額未満
  • アイ・ビー・イーホールディングス(2009年5月1日、マザーズ2347)虚偽記載
  • ジョイント・コーポレーション(2009年6月30日、東証1部 8874)会社更生手続き
  • 中央コーポレーション(2009年5月25日、東証2部 3207)民事再生手続き
  • ネクステック(2009年7月20日、マザーズ3767)債務超過
  • ゴンゾ(2009年7月30日、マザーズ3755)債務超過
  • エス・サイエンス(2009年8月9日、東証1部 5721)不適当な合併等[2]
  • シルバーオックス(2009年9月16日、東証1部 8024)破産手続き
  • ラディアホールディングス(2009年10月30日、東証2部 4723)債務超過に伴う全株式無償取得
  • JDC信託(2009年11月1日、マザーズ4815)事業活動の停止
  • ロプロ(2009年12月3日、東証1部 8577)会社更生手続き

2010年[編集]

  • ユニオンホールディングス(2010年2月19日、東証2部 7736)相場操縦を理由とする有価証券上場規程第601条第1項第20号該当による
  • 日本航空(2010年2月20日、東証1部 9205)会社更生手続き開始による
  • 吉本興業(2010年2月24日、東証1部 9665)TOB成立に伴い上場廃止
  • ワンダーテーブル(富士汽船)(2010年4月20日、東証2部 9174)
  • チムニー(2010年4月22日、東証2部 3362)TOB成立に伴い上場廃止
  • エフオーアイ(2010年6月15日、マザーズ 6253)上場審査時の粉飾決算発覚による
  • ゼクス(2010年6月15日、東証1部 8913)5月期第3四半期報告書を期日まで提出できなかったため
  • エスエス製薬(2010年7月16日、東証1部 4537)TOB成立に伴い上場廃止
  • アドバックス(2010年8月11日、マザーズ 4749)
  • シニアコミュニケーション(2010年9月25日、マザーズ 2463)
  • 武富士(2010年10月29日、東証1部 8564)会社更生手続き開始による
  • 大和システム(2010年11月2日、東証2部 8939)民事再生手続き開始による
  • TCBホールディングス(2010年11月5日、マザーズ 2356)

2011年[編集]

  • シルバー精工(2011年1月29日、東証1部 6453)銀行取引の停止
  • リンク・ワン(2011年4月26日、マザーズ 2403)再建計画開示後1か月間の時価総額が5億円未満
  • メルクス(2011年6月29日、東証2部 7934)時価総額が所要額未満
  • LTTバイオファーマ (2011年8月9日、マザーズ 4566)不適当な合併等
  • C&I Holdings(2011年10月3日、東証2部 9609)監査意見不表明
  • サンシティ(2011年10月27日、東証1部 8910)民事再生手続き

2012年[編集]

  • エルピーダメモリ(2012年3月28日、東証1部 6665)会社更生手続き
  • 山水電気(2012年5月3日、東証1部 6793)民事再生手続き
  • NISグループ(2012年6月10日、東証2部 8571)民事再生手続き
  • シコー(2012年9月11日、マザーズ 6667)民事再生手続き
  • サクラダ(2012年12月12日、東証1部 5917)破産手続き

2013年[編集]

  • メビオファーム(2013年6月7日、東証PRO 4580)申請による上場廃止
  • クロニクル(2013年7月17日、東証JQ 9822)四半期報告書提出遅延
  • インデックス(2013年7月28日、東証JQ 4835)民事再生手続き
  • ジパング(2013年9月11日、東証JQ 2684)不適当な合併等
  • ワールド・ロジ(2013年9月14日、東証JQ 9378)破産手続き

2014年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

  • 東福製粉(2016年1月25日、東証2部 2006)流通株式時価総額が所要額未満
  • イーター電機工業(2016年7月25日、東証JQ 6891)債務超過
  • MAGねっとホールディングス(2016年8月1日、東証JQ 8073)債務超過
  • メディビックグループ(2015年10月6日、マザーズ 2369)売上高が所要額未満
  • サハダイヤモンド(2016年11月1日、東証JQ 9898)株価が所要額未満
  • モジュレ(2016年11月1日、東証JQ 3043)有価証券報告書提出遅延

2017年[編集]

  • T&Cメディカルサイエンス(2017年3月28日、東証JQ 3832)JASDAQ業績基準該当及び債務超過
  • フード・プラネット(2017年5月29日、東証2部 7853)内部管理体制等について改善がなされなかったと東京証券取引所が認める場合に該当
  • タカタ(2017年7月27日、東証1部 7312)民事再生手続き
  • 郷鉄工所(2017年9月11日、東証2部 6397)有価証券報告書提出遅延

2018年[編集]

  • 日本海洋掘削(2018年7月23日、東証1部 1606)会社更生手続き
  • ソルガム・ジャパン・ホールディングス(2018年9月3日、東証JQ 6636)有価証券報告書提出遅延

東証で上場廃止となった外国企業[編集]

1991年[編集]

1993年[編集]

1994年[編集]

1995年[編集]

1996年[編集]

1997年[編集]

1998年[編集]

1999年[編集]

2000年[編集]

2001年[編集]

  • BSCH(2001年1月1日、8654)
  • ネスレ(2001年3月27日、2960)

2002年[編集]

2003年[編集]

2004年[編集]

2005年[編集]

2006年[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

不明[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2014年10月9日に東証1部へ再上場した時の証券コードは3197。
  2. ^ 大証1部には上場継続。現物市場統合により現在は東証1部に再上場