東京都交通局30形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:車両の外観写真の画像提供をお願いします。2018年3月
東京都交通局30形電車
基本情報
運用者 東京都交通局
製造所 日本車輌製造東洋電機製造(機器)
製造年 1985年
製造数 1編成2両
運用開始 1985年4月2日
運用終了 1999年12月18日
投入先 上野懸垂線(上野モノレール)
主要諸元
編成 2両編成(M1C + M2C)
電気方式 直流600 V(剛体架線
起動加速度 2.5km/h/s
減速度(常用) 3.8km/h/s
減速度(非常) 5.0km/h/s
編成定員 62人
車両定員 31人
全長 19,000 mm
全幅 1,800 mm
全高 4,800 mm
台車 空気入りタイヤ
主電動機 直流分巻電動機(東洋電機製造
主電動機出力 6 kw
歯車比 25.2
出力 54 kw
編成出力 108 kw
定格速度 12 km/h
制御方式 電機子チョッパ制御
制動装置 電気指令式ブレーキ
電磁吸着ブレーキ
備考 主要数値は[1]に基づく。
テンプレートを表示

東京都交通局30形電車(とうきょうとこうつうきょく30がたでんしゃ)は、かつて東京都交通局上野懸垂線(上野モノレール)で使用された懸垂式モノレール車両である。

概要[編集]

1966年昭和41年)に製造されたM形車両が老朽化してきたために、代替として日本宝くじ協会の寄贈により1編成(2輌)が製造され、1985年(昭和60年)4月2日より運行を開始した。

窓はさらに大きく、前面・側面の面積の半分以上が窓となった。窓の下辺は車内座席の座面付近まで下げられた。運転台前面はM形に引き続き逆傾斜のデザインを採用しているが、より丸みを帯びた形状である。制御装置は電機子チョッパ方式を採用した。

上野懸垂線の設備更新工事に伴い、更新工事前日の1999年(平成11年)12月18日限りで運行を終了、廃車となった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 坂元修、亀井孝一郎、斉藤克忠、守屋斉平「東京都交通局納上野モノレール線車両用電機品」『東洋電機技報』第63号、東洋電機製造、1985年7月、 19頁、 doi:10.11501/3248087ISSN 0285-1814