東京都立九段高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
東京都立九段高等学校
過去の名称 第一東京市立中学校
東京都立九段中学校
東京都立九段新制高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 東京都の旗 東京都
設立年月日 1924年
閉校年月日 2009年3月31日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程・定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 コース制普通科
学期 2学期制
所在地 102-0073
東京都千代田区九段北二丁目2番1号

北緯35度41分45.8秒 東経139度44分50.4秒 / 北緯35.696056度 東経139.747333度 / 35.696056; 139.747333座標: 北緯35度41分45.8秒 東経139度44分50.4秒 / 北緯35.696056度 東経139.747333度 / 35.696056; 139.747333
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東京都立九段高等学校(とうきょうとりつ くだんこうとうがっこう)は、かつて東京都千代田区九段北に存在した都立高等学校

概要[編集]

第一東京市立中学校を前身とする都立進学校であった。他に市立中以来の都立校として上野高校文京高校がある。

関東大震災による学校不足を補うため、当時の東京市により設立された。大正デモクラシーの気風を引き継ぎ、開校当時から珍しく制服ブレザーであった。また当初は国立栄養研究所の指導の下、学校給食が出された。進学面では、創立当初は旧制中学校の中でも一高進学者数がベスト10のランキング入りをしていたこともあり、戦後も東大合格者数では二桁10人台を常態としていた。

創立以来一貫して他の都立進学校とは一線を画す独自の自由な校風を旨としていた。それゆえ、学校群制度制定と共に受験者の志望先が限られ、また日比谷三田といったそれぞれ異なる独特の伝統校風を矜持とする3校で群を形成したためか、それに引き続くグループ合同選抜制度時代以降も次第に進学実績や校風でも停滞が見られたことは否めなかった。

数年後には東京都より千代田区に移管されて「都立」から「区立」となり、2006年4月に同じ校内(校舎は高校の隣に新しいものが完成した)に開校された中高一貫校千代田区立九段中等教育学校へ校舎が明け渡された。2008年度末(2009年3月末日)に「都立」としての九段は閉校した。証明書の発行事務は一橋高校が請負っている。

直木賞受賞者、 芥川賞受賞者をそれぞれ3人以上輩出している日本で唯一の高校である。

沿革[編集]

交通[編集]

校地の由来[編集]

校地は最後の琉球国王だった尚泰の邸宅(琉球屋敷)跡に当たる。琉球処分後、尚泰一家は明治政府によって東京に住むことを強要され、関東大震災までこの場所に屋敷を構えて生活していた。震災後に一家はここから現在の渋谷区南平台町に移転し、その跡地に第一東京市立中学校が作られた。校地を囲む塀の下部にいまでも残る石垣は、尚泰の邸宅の名残である。

諸活動[編集]

生徒総会[編集]

例年5月、6月、11月に実施される。

委員会[編集]

  • 中央執行委員会(生徒会)
  • 体育祭実行委員会
  • 九段祭実行委員会
  • 出版委員会
  • 放送委員会

部活動[編集]

学校行事[編集]

関係者[編集]

出身者[編集]

文化・芸術[編集]

芸能[編集]

政治・行政・司法[編集]

経済[編集]

学問[編集]

ジャーナリズム[編集]

その他[編集]

教職員[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 成田千里 - 高橋士郎(多摩美術大学元教授)ホームページ
  2. ^ 祝100歳 成田千里初代校長の甥 米津千之さん(中学2回) - 菊友会、2012年7月23日
  3. ^ 「高校紛争全国に広がる 2ヵ月間で49校も」『朝日新聞』昭和44年(1969年)10月28日朝刊、12版、15面
  4. ^ 戦後高等学校に関する実証史料に基く研究 - 岡田真、駒澤大学

関連項目[編集]