東京都立大塚病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 東京都立大塚病院
Tokyo Metropolitan Ohtsuka Hospital.JPG
情報
英語名称 Tokyo Metropolitan Ohtsuka Hospital
標榜診療科 内科、神経科、小児科、外科、脳神経外科、 整形外科、形成外科、眼科、耳鼻いんこう科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、放射線科、麻酔科、リウマチ科、リハビリテーション科、歯科口腔外科
許可病床数

500床


一般病床:500床
職員数 616(平成19年度定数)
機能評価 一般500床以上:Ver5.0
開設者 東京都
管理者 南智仁(病院長)
地方公営企業法 一部適用
開設年月日 1929年6月1日
所在地
170-8476
東京都豊島区南大塚二丁目8番1号
位置 北緯35度43分31秒
東経139度43分56秒
二次医療圏 区西北部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

東京都立大塚病院(とうきょうとりつおおつかびょういん)は、東京都豊島区南大塚にある医療機関。東京都が運営する病院である。2009年10月1日総合周産期母子医療センターに指定された。今後は母子(周産期)医療・リウマチ医療に特化した医療センターとして機能していく予定である[1]

診療科目[編集]

  • 内科
    • 消化器内科
    • 循環器内科
    • 腎臓内科
    • 呼吸器内科
    • 神経内科
    • 糖尿病内科
    • 輸血科(血液内科)
  • 外科
    • 消化器外科(食道・胃・大腸・肝胆膵)
    • 乳腺・甲状腺外科
    • 呼吸器外科
    • 小児・新生児外科
  • 整形外科
  • リハビリテーション科
  • 耳鼻咽喉科
  • 産婦人科
  • 脳神経外科
  • 口腔科
  • 神経科
  • 形成外科
  • 診療放射線科
  • 小児科・新生児科
  • 皮膚科
  • 麻酔科
  • 泌尿器科
  • 検査科
  • リウマチ膠原病科
  • 眼科
  • 女性専用科
  • 児童精神科

主な指定[編集]

新型コロナウイルス感染[編集]

  • 2020年4月10日、都立大塚病院に勤務する看護師が、新型コロナウイルスに感染した。夜勤専従の看護師として勤務しており、症状が出る前の直近2週間の勤務回数は4回だった[2]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]