東京都第8区 (中選挙区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

東京都第8区(とうきょうとだい8く)は、かつて存在した衆議院の選挙区。1964年公職選挙法改正により新設された選挙区で、それまでは1区の一部だった。設置当初の定数は3議席であったが、定数是正により第40回総選挙1993年)のみ定数2議席で行われた。

区域[編集]

この選挙区の区域は、小選挙区制に移行した当初の2区と同一である。

概要[編集]

東京の都心部の中でも、いわゆる日本橋上野浅草などの商業地や文京区などの文教地域を選挙区としており、いわゆる下町の旦那衆や町内会など保守系の地盤が強い一方で、革新系にシンパシーを抱く知識層・未組織労働者も少なくない。このため、選挙戦は常に当選者が入れ替わる激しいものだった。

1区から分区された直後の1967年総選挙では、自民党四宮久吉山田久就を、日本社会党原彪と依田圭五を擁立。更に民社党の荒瀬修一郎・日本共産党金子満広・保守系無所属の長野高一が参戦したが、結局四宮・山田・依田で議席を分け合った。1969年総選挙では四宮が引退し地盤を継いだ石井桂が当選したが、この選挙では依田が落選し入れ替わりに公明党中川嘉美が当選。社会党は1972年総選挙でも依田が返り咲きを目指すが落選に終わり、その後も1980年総選挙まで連続して候補を擁立するが、議席回復は成らず以降は独自候補擁立を断念。いみじくも都市部における社会党の衰退を象徴する選挙区となった。1990年総選挙では土井ブームに乗って久々に候補を擁立したが、やはり落選している。

1972年総選挙では全国的な共産党の伸張に乗って金子が初当選、逆に中川は落選の憂き目に遭った。一方、保守系でも都議会議員から出馬した深谷隆司が石井を押しのけて初当選を果たしている。1976年総選挙では鳩山邦夫新自由クラブの推薦と1区から「完全無所属」を標榜して出馬した麻生良方の応援で初当選、中川も雪辱を果たし金子・深谷が落選した。その2人も1979年総選挙で揃って返り咲き、今度は鳩山と山田が落選。翌1980年総選挙では鳩山が復活した(中川が落選)ものの、山田は不出馬に追い込まれ政界を引退する。

その後は自民の深谷・鳩山が互いに得票を競う一方で、残り1議席を共産党の金子と公明党で争う構図が続く。金子は1980年・86年に、公明党の中川は83年に当選した。だが中川が86年総選挙後に参議院議員に鞍替え当選したため、1990年総選挙では太田昭宏が公明党から立候補。しかし落選に終わっている。1993年総選挙では公明党は擁立を断念し、太田は東京都第9区に鞍替えして初当選した。

1993年総選挙では長く続いた定数3から2に削減され、文字通り前職3人の激戦となったが、自民党を離党した鳩山に非自民票が集中。結局、鳩山・深谷で議席を分け、金子が落選した。

選出議員[編集]

選挙名 #1 #2 #3
第31回衆議院議員総選挙 1967年 山田久就
自由民主党
依田圭五
日本社会党
四宮久吉
(自由民主党)
第32回衆議院議員総選挙 1969年 山田久就
(自由民主党)
石井桂
(自由民主党)
中川嘉美
公明党
第33回衆議院議員総選挙 1972年 金子満広
日本共産党
山田久就
(自由民主党)
深谷隆司
無所属
第34回衆議院議員総選挙 1976年 鳩山邦夫
(無所属)
山田久就
(自由民主党)
中川嘉美
(公明党)
第35回衆議院議員総選挙 1979年 深谷隆司
(自由民主党)
金子満広
(日本共産党)
中川嘉美
(公明党)
第36回衆議院議員総選挙 1980年 深谷隆司
(自由民主党)
鳩山邦夫
(自由民主党)
金子満広
(日本共産党)
第37回衆議院議員総選挙 1983年 鳩山邦夫
(自由民主党)
中川嘉美
(公明党)
深谷隆司
(自由民主党)
第38回衆議院議員総選挙 1986年 鳩山邦夫
(自由民主党)
深谷隆司
(自由民主党)
金子満広
(日本共産党)
第39回衆議院議員総選挙 1990年 鳩山邦夫
(自由民主党)
深谷隆司
(自由民主党)
金子満広
(日本共産党)
第40回衆議院議員総選挙 1993年 鳩山邦夫
(無所属)
深谷隆司
(自由民主党)

選挙結果[編集]

第40回衆議院議員総選挙 (1993年(平成5年)7月18日執行)
当日有権者数:332,337人  投票率:63.08%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
鳩山邦夫 44 無所属 (保守系) 89,800票 43.5%
深谷隆司 57 自由民主党 57,809票 28.0%
  金子満広 68 日本共産党 57,395票 27.8%
  山崎義章 40 国民党 873票 0.4%
  吉澤保 43 雑民党 751票 0.4%

第39回衆議院議員総選挙 (1990年(平成2年)2月18日執行)
当日有権者数:338,485人  投票率:70.72%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
鳩山邦夫 41 自由民主党 59,850票 25.2%
深谷隆司 54 自由民主党 57,274票 24.1%
金子満広 65 日本共産党 44,154票 18.6%
  太田昭宏 44 公明党 38,955票 16.4%
  坂本直子 49 日本社会党 36,537票 15.4%
  東郷健 57 地球維新党 253票 0.1%
  長田準一 35 地球維新党 188票 0.08%
  宮本公恵 29 真理党 99票 0.04%
  村井秀夫 32 真理党 72票 0.03%

第38回衆議院議員総選挙 (1986年(昭和61年)7月6日執行)
当日有権者数:351,790人  投票率:67.81%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
鳩山邦夫 37 自由民主党 65,008票 27.8%
深谷隆司 50 自由民主党 62,984票 27.0%
金子満広 61 日本共産党 55,098票 23.6%
  中川嘉美 52 公明党 50,485票 21.6%

第37回衆議院議員総選挙 (1983年(昭和58年)12月18日執行)
当日有権者数:353,728人  投票率:64.63%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
鳩山邦夫 35 自由民主党 59,897票 26.5%
中川嘉美 50 公明党 55,015票 24.4%
深谷隆司 48 自由民主党 53,826票 23.8%
  金子満広 59 日本共産党 50,757票 22.5%
  友部達夫 55 年金党 6,042票 2.7%
  増田真一 60 政事公団太平会 179票 0.08%

第36回衆議院議員総選挙 (1980年(昭和55年)6月22日執行)
当日有権者数:358,630人  投票率:72.22%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
深谷隆司 44 自由民主党 76,254票 29.9%
鳩山邦夫 31 自由民主党 70,866票 27.8%
金子満広 55 日本共産党 46,208票 18.1%
  中川嘉美 46 公明党 45,029票 17.7%
  佐藤祐次 48 日本社会党 16,476票 6.5%

第35回衆議院議員総選挙 (1979年(昭和54年)10月7日執行)
当日有権者数:360,480人  投票率:61.20%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
深谷隆司 44 自由民主党 52,967票 24.3%
金子満広 54 日本共産党 42,900票 19.7%
中川嘉美 46 公明党 42,871票 19.7%
  山田久就 72 自由民主党 34,602票 15.9%
  鳩山邦夫 31 自由民主党 30,584票 14.0%
  佐藤祐次 47 日本社会党 13,833票 6.4%


第34回衆議院議員総選挙 (1976年(昭和51年)12月5日執行)
当日有権者数:380,713人  投票率:69.15%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
鳩山邦夫 28 無所属 (保守系) 61,207票 23.5%
山田久就 69 自由民主党 47,106票 18.1%
中川嘉美 43 公明党 45,394票 17.4%
  深谷隆司 41 自由民主党 44,364票 17.0%
  金子満広 52 日本共産党 40,727票 15.6%
  佐藤祐次 45 日本社会党 21,698票 8.3%


第33回衆議院議員総選挙 (1972年(昭和47年)12月10日執行)
当日有権者数:419,396人  投票率:64.63%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
金子満広 48 日本共産党 54,638票 20.4%
山田久就 65 自由民主党 47,000票 17.5%
深谷隆司 37 無所属 (保守系) 46,161票 17.2%
  中川嘉美 39 公明党 42,059票 15.7%
  依田圭五 51 日本社会党 30,985票 11.6%
  石井桂 74 自由民主党 24,217票 9.0%
  荒瀬修一郎 43 民社党 12,398票 4.6%
  河合大介 40 無所属 10,489票 3.9%


第32回衆議院議員総選挙 (1969年(昭和44年)12月27日執行)
当日有権者数:447,591人  投票率:59.11%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
山田久就 62 自由民主党 53,647票 20.5%
石井桂 71 自由民主党 49,281票 18.8%
中川嘉美 36 公明党 43,604票 16.6%
  金子満広 45 日本共産党 37,462票 14.3%
  依田圭五 48 日本社会党 34,094票 13.0%
  立川談志 33 無所属 (保守系) 19,548票 7.4%
  荒瀬修一郎 40 民社党 17,605票 6.7%
  河合大介 37 無所属 (保守系) 6,723票 2.6%
  高橋秀郎 64 立憲養正会 198票 0.0%


第31回衆議院議員総選挙 (1967年(昭和42年)1月29日執行)
当日有権者数:455,060人  投票率:58.79%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
山田久就 60 自由民主党 60,901票 23.4%
依田圭五 45 日本社会党 40,831票 15.7%
四宮久吉 71 自由民主党 40,498票 15.5%
  長野高一 73 無所属 (保守系) 33,839票 13.0%
  原彪 72 日本社会党 32,072票 12.3%
  金子満広 42 日本共産党 23,776票 9.1%
  荒瀬修一郎 37 民主社会党 22,672票 8.7%
  西山由高 30 無所属 5,383票 2.1%
  南俊夫 54 無所属 480票 0.2%

関連項目[編集]