東京都道14号新宿国立線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
東京都道14号標識
東京都道14号
新宿国立線
路線延長 23.1 km(実延長)
起点 東京都新宿区
終点 東京都国立市
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0020.svg国道20号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
起点の清水橋交差点
三鷹市内の東八道路
三鷹市天文台北交差点
野川にかかる富士見大橋(三鷹市)
野川公園を横切る東八道路(調布市)
府中市多磨町3丁目
府中市西原町交差点(現在の終点)
東八道路

東京都道14号新宿国立線(とうきょうとどう14ごう しんじゅくくにたちせん)は、東京都渋谷区から国立市に至る主要地方道東京都道)である。国道20号に並行しており、23区と多摩地域を結ぶ幹線道路の1つである。方南通り井ノ頭通り人見街道東八道路の通称があり、一部に未成区間がある。

路線データ[編集]

  • 起点:渋谷区(東京都道317号環状六号線交点=清水橋交差点)
  • 終点:国立市(国道20号東京都道256号八王子国立線交点=国立インター入口交差点)
  • 路線延長:23,086 m(実延長、2013年4月1日現在)
  • 面積:606,008 m2
  • 都市計画路線名:放射第5号線、放射第23号線、補助第62号線、環状第6号線、三鷹3・2・2号、府中3・2・2の1号、小金井3・2・2号、府中3・2・2の2号、国立3・3・2号

[1]

路線状況[編集]

通称・バイパス[編集]

本線
  • 方南通り:清水橋交差点(起点) - 西永福交差点
  • 井ノ頭通り都道413号重複):西永福交差点 - 浜田山駅入口交差点
  • 人見街道:浜田山駅入口交差点 - 牟礼橋付近
  • 放射5号線:上高井戸2丁目 - 牟礼橋付近[2]
  • 三鷹3・2・2号東京八王子線:牟礼橋付近 - 北野小学校入口交差点[2]
  • 東八道路: 北野小入口交差点 - 西原町一丁目交差点
バイパス

事業中区間[編集]

  • 府中3・2・2の2号、国立3・3・2号東京八王子線:西原町一丁目交差点 - 国立インター入口交差点(終点)(2018年度完了予定[3]
支線
  • 府中3・4・5号新奥多摩街道線、国立3・4・5号立川青梅線、府中3・2・2の2号東京八王子線:府中市西原町3丁目(東八道路交点) - 国立市富士見台1丁目(さくら通り交点)(2019年度完了予定)[4][5]

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

方南通り
人見街道
東八道路

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『東京都道路現況調書 平成25年度』東京都建設局道路管理課、2014年1月、80頁。
  2. ^ a b 放射第5号線及び三鷹3・2・2号線開通 令和元年6月8日(土曜日)15時00分交通開放”. 東京都建設局 (2019年4月23日). 2019年4月23日閲覧。
  3. ^ 府中都市計画道路3・2・2の2号東京八王子線及び国立都市計画道路3・3・2号東京八王子線 【事業概要について】 (PDF)”. 東京都北多摩南部建設事務所. 2014年8月25日閲覧。
  4. ^ 府中3・4・5号線、国立3・4・5号線、府中3・2・2の2号線の事業に着手します”. 東京都建設局 (2013年7月3日). 2014年10月28日閲覧。
  5. ^ 平成26年東京都告示第1463号「都道の区域変更」 (PDF) 」 『東京都公報』第15754号、東京都、2014年10月28日、 6-7頁、2014年10月28日閲覧。

関連項目[編集]