東京都道145号立川国分寺線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
都道府県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
東京都道145号標識
東京都道145号
立川国分寺線
陸上区間 6.186km
起点 東京都立川市
終点 東京都国分寺市
接続する
主な道路
(記法)
記事参照
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
国立駅付近の航空写真。富士見通りと旭通りの区間はすべて見える。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
国立駅南口から富士見通りを見る
国立駅南口から旭通りを見る
終点、本多5丁目交差点。右奥から来てこの交差点で終点である。

東京都道145号立川国分寺線(とうきょうとどう145ごう たちかわこくぶんじせん)は、東京都立川市国分寺市を結ぶ一般都道である。

概要[編集]

ほとんどの区間は大型車がなんとか速度を落とさずにすれ違える程度の幅の2車線道路であり住宅地の中を通るが、国立駅、国分寺駅ではそれぞれ駅前の商店街の中心となる道路となっている。また沿線には病院学校などの公共施設も多い。国立市内の一部を除き路線バスの経路となっている。

起点から国立市に入るまでは商店の並ぶ中を通る。途中にはJR南武線踏み切りがあるが相手がカーブ区間のため段差が大きい。羽衣町2丁目交差点を過ぎ国立市に入ると道幅は狭くなり富士見通りまでは一部が西行(終点から起点方向)の一方通行となっている。富士見通りと国立駅南口から先の旭通りは国立駅南口から放射状に伸びる3本の通りのうちの2本であり、それぞれ駅から南西と南東に伸びる。なお南に延びる中央の道が大学通り(東京都道146号国立停車場谷保線)である。

東2丁目交差点で斜め左に折れて多喜窪通りとなり、一旦国分寺市に入る。たまらん坂を登ると、多摩南北道路の交差点に出る。ここから府中市に入り東京都立多摩総合医療センター(旧東京都立府中病院)・東京都立小児総合医療センターの進入路との交差点を経て再度国分寺市に入りJR武蔵野線を高架でまたぐと府中街道との泉町交差点である。この区間は交通量も多く病院等もあることから、拡幅や右折レーン確保等の改良がなされたが、依然として停滞の発生する時間帯もある。

泉町交差点付近は開発された高層住宅と公園が目立つ。ここから一旦谷に降りて野川を渡り、再度登ると、前方に「OIOI」と記された駅ビル(セレオ国分寺)が現れ国分寺駅前に通じる商店街に入る。国分寺駅南口前(南口バスターミナル)を経てほぼ線路と平行に坂を下りると南町1丁目交差点である。ここを左に折れて国分寺街道(都道133号)と合流したままJR中央線のガードをくぐり、やや右方向に折れる。小金井市との境の並木道となって300mほど先の交差点が終点である。

通過する自治体[編集]

重複区間[編集]

交差・接続する道路[編集]

主な施設[編集]

関連項目[編集]