東京都道180号草花小作停車場線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
一般都道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
東京都道180号標識
東京都道180号草花小作停車場線
起点 東京都あきる野市
終点 東京都羽村市
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

東京都道180号草花小作停車場線(とうきょうとどう180ごう くさばはなおざくていしゃじょうせん)は、東京都あきる野市草花から、東京都羽村市JR青梅線小作駅に至る、かつて存在した一般都道である。1999年3月31日に路線廃止された。

概要[編集]

沿革[編集]

  • 1961年(昭和36年)3月15日 - 一般都道「友田小作停車場線」が路線認定される(東京都告示第231号「道路法の規定に基く都道の路線の認定」[1]
  • 1966年(昭和41年)4月1日 - 一般都道「友田小作停車場線」の整理番号が130から180に変更される(東京都告示第257号「道道路法の規定に基く都道の整理番号の変更」[3]
  • 1973年(昭和48年)12月4日 - 一般都道「草花小作停車場線」が路線認定される(東京都告示第1283号「道路法の規定に基づく都道の認定」[4]
    • 整理番号 : 180
    • 起点 : 秋川市草花
    • 終点 : 小作駅
    • 重要な経過地 : 青梅市
    • 延長 : 0m[5]
  • 1982年(昭和57年)7月28日 - 一般都道「友田小作停車場線」が路線廃止され(東京都告示第787号「都道の路線廃止」)、同路線の区間であった青梅市友田-小作停車場間について一般都道「草花小作停車場線」の道路区域に編入される(東京都告示第788号「都道の区域決定」)。
  • 1999年(平成11年)3月31日 - 一般都道「草花小作停車場線」が路線廃止される(東京都告示第402号「都道の路線廃止」)。

脚注[編集]

  1. ^ 『東京都公報』昭和36年3月15日付号外4頁。
  2. ^ 東京都告示第232号「道路法の規定に基く道路の区域の決定」『東京都公報』昭和36年3月15日付号外15頁。
  3. ^ 『東京都公報』昭和41年4月1日付号外49号16頁。
  4. ^ 『東京都公報』昭和48年12月4日付4896号3頁。
  5. ^ この時点では道路区域が決定されていない。また、1982年7月28日まで同じ「整理番号180」として「友田小作停車場線」と「草花小作停車場線」が併存していた。

関連項目[編集]