東京都道・神奈川県道3号世田谷町田線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svg
東京都道3号標識
Japanese Route Sign Number 3.svg
神奈川県道3号標識
東京都道3号世田谷町田線
神奈川県道3号世田谷町田線
路線延長 27.2 km
起点 東京都世田谷区三軒茶屋
終点 東京都町田市中町
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0246.svg国道246号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
起点・三軒茶屋交差点。右が世田谷通り
多摩川にかかる多摩水道橋。手前が神奈川県川崎市多摩区。対岸が東京都狛江市
鶴川駅東口交差点。右手前から左奥へ続く。
東京都町田市金井一丁目交差点。左から来た後左折して右奥へ続く。
菅原神社交差点(町田市)。右から手前へ続く。左奥から来る都道18号の合流点である。
町田市、手前から左奥へ続く。右奥から来る都道52号の終点である。

東京都道・神奈川県道3号世田谷町田線(とうきょうとどう・かながわけんどう3ごう せたがやまちだせん)は、東京都世田谷区三軒茶屋から東京都町田市に至る、主要地方道である。通称は「世田谷通り」・「津久井道」・「鶴川街道」などであり、俗に「せたどう(世田道)」、または「せたみち(世田道)」「せたまち(世田町)」などとも呼ばれる。

概要[編集]

  • 起点:東京都世田谷区三軒茶屋二丁目(三軒茶屋交差点/北緯35度38分 東経139度40分
  • 終点:東京都町田市中町一丁目(中町交番前交差点/北緯35度32分 東経139度26分
  • 都県道認定要件:主要地と主要地を連絡する道路
  • 路線延長
    • 東京都区間 18,424 m(実延長、2016年4月1日現在)[1]
    • 川崎市区間 8,816 m(実延長、2016年4月1日現在)[2]

歴史[編集]

かつて、神奈川県道・東京都道57号相模原大蔵町線(芝溝街道)の一部と、東京都道47号八王子町田線町田街道)の一部を介し、国道413号国道412号へと延びる道があった。制度的に作られた道ではなく、生活や商業の道として活用されたこの道は津久井街道(津久井道)と呼ばれ、甲州街道の裏街道として、またや川魚、川崎特産の禅寺丸柿や黒川炭などの、江戸への運搬に利用されていた。

東京都市計画道路幹線街路補助線街路第51号線にあたる世田谷区の区間は1964年東京オリンピックに合わせて整備された。

現在の東京都道・神奈川県道3号世田谷町田線は、1993年平成5年)5月11日の「建設省告示第千二百七十号」(道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道)により、主要地方道として指定されている。

路線状況[編集]

同じく東京西南部から神奈川県西部に至る国道246号に比べると、河川に近いところを走るため勾配が緩やかとなっているが、信号数も多く地域の生活道路であり主に2車線(片側1車線)なので渋滞が激しい。このため、日中帯で世田谷(特に環八通り以東)と町田間全線をこの道路で走破する車は少なく、同区間は国道246号か東名高速道路などで迂回する方が一般的である。特に世田谷区内では、路線バスが多数走っていることも、この道路の流れを遅くする一因となっている。

本町田宿付近よりかつての終点だった原町田二丁目[3]にかけては旧来の鎌倉上道を踏襲した経路で、現在も狭隘である。

小田急小田原線喜多見駅以西でおおむね当路線に沿うように走っている。

通称[編集]

重複区間[編集]

都市計画路線名[編集]

道路施設[編集]

道路交通センサス[編集]

道路交通センサスによる世田谷町田線の各地点での交通量はそれぞれ以下の通りである(いずれも平成22年2010年)度時点)。

観測地点
ピーク時間交通量 ピーク率 混雑時平均旅行速度 混入率 混雑度 車道部 歩道部 車線数 大型車台数 小型車台数 二輪車類 自転車類 歩行者類
世田谷区喜多見7-25-19[4] 1373台/h 9.4% 13.2km/h 12.1% 1.69 9.00m 3.00m 2 1,774台 12,833台 2,194台 1,049台 356台
狛江市東和泉4-9[5] 2,074台/h 10.7% 25.7km/h 10.6% 0.95 7.50m 1.60m 2 2,065台 17,399台 1,057台 1,792台 490台
町田市能ヶ谷町476[5] 956台/h 9.3% 8.4km/h 13.3% 1.15 7.25m 1.50m 2 1,371台 8,948台 686台 157台 356台
町田市玉川学園4-24[5] 1,069台/h 8.8% 17.0km/h 8.3% 1.11 8.00m 2.40m 2 1,003台 11,077台 543台 291台 345台

将来の対策など[編集]

  • 緊急輸送道路として、東京都道3号側は、世田谷区の都道311号交点から多摩水道橋付近までと町田市の能ヶ谷町から都道57号交点までのそれぞれの区間は第一次緊急輸送道路、起点から都道311号交点と町田市の都道57号交点から終点まで(都道18号重複区間を除く)のそれぞれの区間は第二緊急輸送道路に分類されている[6]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

他交通機関との接点[編集]

周辺の施設[編集]

世田谷区

狛江市

川崎市多摩区

  • 多摩区役所
  • 多摩警察署

川崎市麻生区

町田市

周辺の山[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『東京都道路現況調書 平成28年度』東京都建設局道路管理課、2016年1月、79頁。
  2. ^ 川崎市道路統計書―平成28年4月1日現在―』(PDF)川崎市建設緑政局道路管理部管理課、2016年11月、11頁。2017年7月13日閲覧。
  3. ^ 北緯35度32分 東経139度27分
  4. ^ 平成22年度道路交通センサス交通量調査(区部) (PDF) 東京都交通量報告書(区部)。1頁。
  5. ^ a b c 平成22年度道路交通センサス交通量調査(市郡部) (PDF) 東京都交通量報告書(市郡部)。1-3頁。
  6. ^ 東京都 緊急輸送道路ネットワーク計画 (PDF)

関連項目[編集]