東京鉄道郵便局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

東京鉄道郵便局(とうきょうてつどうゆうびんきょく)とは、東京都千代田区丸の内にかつて存在した郵便局である。

概要[編集]

住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-7-2(東京中央郵便局局舎内)

鉄道郵便局は、日本の郵便局の種類の一つで、鉄道事業者に郵便車を運行させてこれに職員が乗務し、鉄道沿線の郵便局から継送される郵便物を輸送するとともに、郵便車内で郵便物をあて先地域別に区分する業務を行っていた[1]。当局はそのうちおもに関東地方周辺の区間を担当した。

分局[編集]

本局にはおもに管理部門が置かれ、実際の乗務・中継作業の拠点として主要ターミナル駅や分岐駅に分局が設置された。

沿革[編集]

  • 1903年(明治36年)3月 - 東京を含む11の鉄道郵便局が開設されるが、年内に廃止[1]
  • 1910年(明治43年)10月 - 東京鉄道郵便局(一等郵便局)を開局[1]
  • 1940年(昭和15年) - 本局局舎を新築。
  • 1964年(昭和39年) - 東京駅地区の鉄道小荷物輸送合理化・上野駅の混雑緩和のため、長距離の小荷物・郵便列車汐留駅(東海道線方面)・隅田川駅(高崎・東北線方面)発着に移行することとなり[2]、汐留駅に汐留分局を[3]、隅田川駅に隅田川分局を設置。
  • 1978年(昭和53年)10月1日 - 郵便車連結列車の削減により東京駅分局、両国分局、千葉分局を廃止[4]。東陽分局を設置[4]
  • 1982年(昭和57年)11月15日 - 汐留分局を汐留輸送センターに[3]、隅田川分局を隅田川輸送センターに、東陽分局を東陽輸送センターに、それぞれ改める[5]。上野分局、小山分局を廃止[6]
  • 1984年(昭和59年)2月 - 新宿分局を廃止[7]。東京空港分局を設置[8]
  • 1985年(昭和60年)3月 - 羽沢分局を廃止[9]
  • 1986年(昭和61年)10月1日 - 東京鉄道郵便局本局、汐留輸送センター、隅田川輸送センター、東陽輸送センター、東京空港分局を廃止[3][10]。汐留輸送センター跡に東京輸送郵便局本局を、東陽輸送センター跡に東京輸送郵便局東陽センターを、東京空港分局跡に東京輸送郵便局東京空港センターを、それぞれ設置[3][11]
  • 1990年(平成2年)8月6日 - 江東区新砂新東京郵便局及び東京小包郵便局が設置されることに伴い、東京輸送郵便局を廃局[12]

取扱内容[編集]

  • 鉄道郵便車に乗務し、車内で区分及び郵袋、小包の積み下ろし事務。
  • 局舎や駅の郵便室で、郵便物の受け渡し・郵袋や小包の区分事務。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 小林正義 「鉄道と郵便の114年」(『鉄道ジャーナル』1986年12月号(No.240)、鉄道ジャーナル社、p.63-p.68掲載)
  2. ^ 鉄道ピクトリアル』1997年3月号(No.634)、電気車研究会、p.21-p.22
  3. ^ a b c d 『鉄道ジャーナル』1986年12月号(No.240)、鉄道ジャーナル社、p.60-p.62
  4. ^ a b 『昭和54年版 通信白書』第1章 第2節 「4 郵便輸送」
  5. ^ 昭和57年11月2日郵政省告示第800号
  6. ^ 昭和57年11月2日郵政省告示第799号
  7. ^ 昭和59年1月14日郵政省告示第18号
  8. ^ 昭和59年1月14日郵政省告示第19号
  9. ^ 昭和60年2月27日郵政省告示第118号
  10. ^ 昭和61年9月10日郵政省告示第711号
  11. ^ 昭和61年9月10日郵政省告示第712号
  12. ^ 平成2年8月1日郵政省告示第475号

関連項目[編集]