東京高等農林学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

東京高等農林学校(とうきょうこうとうのうりんがっこう)は、1935年(昭和10年)に設立された高等農林学校。農林系旧制専門学校。新制東京農工大学の母体となった。

変遷[編集]

1935年(昭和10年)、東京帝国大学農学部府中演習林の地に学校は設立される。農学科林学科獣医学科の3科で構成。第二次世界大戦末期の1944年に東京農林専門学校と改称した。

前身は東京帝国大学農学部実科で、実科での教育は、この学校ができるまでは札幌農学校の実科とともに旧制専門学校レベルの教育機関としての役割を成していたが、これらの専門学校が独立したころは1903年(明治36年)の専門学校令の発令があり高等教育機関は随時拡張されていて、全国で農林系専門学校が次々設立されていたため、教育制度上実科などは廃止論まで持ち上がっていた事実がある。しかしながら卒業生OBなどの尽力により存続の手立てを講じる。

こうした背景から、東京帝国大学農学部が旧制第一高等学校との敷地交換で駒場から本郷に移転する1935年に、付属実科は本郷に移転せず、東京帝国大学から分離独立という手段で存続させた。

1935年4月1日実科が独立して東京高等農林学校となる。発足時の教員構成は、校長のほか教授18名有し、助教授を11名、助手を2名と書記を6名としている。農学部実科生徒は相当する学年に編入し、当初は駒場の農学部構内で授業が開始された。府中に校舎が建設されてから生徒らを移転させた。

この学校は戦後、東京商科大学 (旧制) や東京繊維専門学校(東京高等蚕糸学校)、また山梨高等工業学校との間で、農・商・繊維・工学部からなる総合大学構想が持ち上がっている。結局は東京商科大学は結局単独で新制一橋大学となったほか山梨工専も新制の山梨大学になるため、残った東京農専と東京繊維専の2校で結局合併して新制大学化することになる。こうして1949年に農学部繊維学部(後に工学部)の2学部で新制東京農工大学が発足になった。

年表[編集]

  • 1935年(昭和10年) 3月 - 東京帝国大学農学部実科は廃止,4月東京高等農林学校設置される。初代校長宮森生産次恥
  • 同年4月 - 駒場の農学部内で授業を開始
  • 同年7月 - 府中町の新校舎に移転。10月12日 文部大臣松軌原始が来校し16日に独立記念祭挙行,生徒寄宿舎を「駒場寮」と命名
  • 1936年(昭和11年) - 第2代校長として宮崎高等農林学校より松岡忠一が転任。この年家畜病院も設立
  • 1937年(昭和12年) - 校旗制定,10月には武道場竣工
  • 1938年(昭和13年) - 第3代校長として鹿児島高等農林学校校長兼九州帝国大学教授小出満二(こいでまんじ)が着任
  • 1939年(昭和14年) - 拓殖科を増設。この年栃木・群馬に500町歩の演習林を設ける
  • 1940年(昭和15年) - 全校舎の落成を機会に独立記念式典を行う
  • 1941年(昭和16年) - 校内に大久保公記念碑を建立,除幕式を行う
  • 1941年(昭和16年)12月8日 - 米英開戦のため、この年より繰り上げ卒業をおこなう
  • 1943年(昭和18年)4月 - 東京第二臨時教員養成所(生物科)を併設する。この年より学徒動員はじまり,学業なかばに出陣するものも
  • 1944年(昭和19年) - 東京高等農林学校を東京農林専門学校と改称。12月には小出校長が辞任し,三重農業専門学校から高梧隆道が第4代校長として転任
  • 1946年(昭和21年)4月 - 農芸化学科及び農業土木科を新設。またこの年教職員組合・学生自治会が結成される。
  • 1948年(昭和23年)3月 - 東京第二臨時教員養成所を廃止する
  • 1949年(昭和24年)5月 - 東京農工大学設置により,東京農林専門学校はその包括学校となる。鈴木秀雄校長事務取扱となり,6月に石井悌校長となる。
  • 1951年(昭和26年)3月 - 東京農林専門学校を廃止する。

参考文献[編集]