東京龍原府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
渤海国内の東京龍原府の位置

東京龍原府(とうけいりゅうげんふ)は、中華人民共和国吉林省延辺朝鮮族自治州琿春市に位置したと推定される、渤海時代の都城。正確な位置については比定されていないが、図們江沿岸の八連城遺跡であるとの説が有力である。

新唐書』の記述によれば元は濊貊の地であり、下部に慶州、穆州、塩州を管轄した。785年大興48年)から794年正暦元年)まで都が設置された。新羅日本との交通路上に位置し、当時の渤海における交通の要衝であったと考えられている。

関連項目[編集]