東八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
東 八郎
東八郎.jpg
1965年
本名 飛田 義一(ひだ ぎいち)
ニックネーム あずはちさん[1]
生年月日 1936年5月31日
没年月日 (1988-07-06) 1988年7月6日(52歳没)
出身地 日本の旗 日本東京都台東区浅草
言語 日本語
師匠 田谷力三八波むと志佐山俊二深見千三郎
出身 浅草フランス座
トリオ名 トリオ・スカイライン
芸風 コント
活動時期 1952年 - 1988年
過去の代表番組 お笑いオンステージ
志村けんのバカ殿様
配偶者 一般人女性(1966年 - )
親族 東貴博(次男)
東朋宏(三男)
弟子 萩本欽一
すず風金魚
テンプレートを表示

東 八郎(あずま はちろう、本名:飛田 義一(ひだ ぎいち)、1936年5月31日 - 1988年7月6日[2])は、日本コメディアンタレント。昭和を代表するコメディアンの一人。妻との間に3男2女があり、次男はお笑いコンビ・Take2東貴博、三男はタレントの東朋宏。タレントの安めぐみは次男・貴博の妻。

来歴[編集]

東京府東京市浅草区 (現・東京都台東区浅草) 出身。父は岐阜県大垣市の出身で皇宮警察官であった。戦時中に家族とともに名古屋市に疎開し、名古屋時代の親友にプロゴルファー塩谷育代の父親がいた。

中学卒業後にコメディアンを志して歌手の田谷力三に弟子入り、そして浅草公園六区浅草フランス座などで活躍する(この頃のフランス座には、関敬六長門勇渥美清伊東四朗など後に有名になったコメディアンたちが出演していた)。

浅草の東洋劇場では池信一、東八郎、石田映二の丁稚トリオを結成、のちにまだ駆け出しの萩本欽一が加わった[3]

東八郎の芸名はフランス座を経営する洋興業創業者の松倉宇にちなんだものであった。

テレビの台頭と共に浅草の演劇街が衰退してきたため、1964年小島三児、原田健二と共にトリオ・スカイラインを結成し、テレビに進出。コントを行い人気を博した。しかしトリオ・スカイラインは1971年に解散し、以降は単独で芸能活動を行った。三波伸介とともにNHKお笑いオンステージ』にレギュラー出演し、全国区の有名なコメディアンとなった。その後、東八郎劇団を結成して後進の育成にも力を注ぎ、全国各地で喜劇を演じていた。最晩年では『志村けんのバカ殿様』の家老役や額に「光」のシールを貼り、BGMにメンデルスゾーンヴァイオリン協奏曲が流れる「ヨード卵光」のコマーシャルが有名であった。なお、萩本欽一は東の預り弟子であった[注釈 1]。東の直弟子には他にすず風金魚(すず風にゃん子・金魚)がいる。

また人気コメディアンとしてテレビや舞台を数多くこなし、RCAビクターから『娘へのバラード』(1981年)を発売するなど歌手活動も行っていた。『娘へのバラード』は、結婚披露宴で歌われる定番曲のひとつとして広く知られている。また1986年には芸能人養成のために私塾「笑塾」を開いた。

しかしそれから間もない1988年7月6日の昼過ぎ、自宅にて眠っている最中に突然脳溢血を起こす。日本医科大学付属病院へ救急車で緊急搬送されたが、意識が回復することなく同日15時30分に急逝した(52歳没[4])。

人物[編集]

志村けんは子供からバカにされることに内心憤慨していた時期があったらしく、その際『バカ殿』シリーズで共演していた東に「東さんはその歳になっても、なぜバカな演技ができるのですか?」と尋ねたところ、東から「子供にバカにされるのは芸人として当然のことで、怒っても仕方がない。分かる人は、演者がバカではないとちゃんと分かってくれている。むしろ芸人が利口面をしたがったり、文化人ぶったりするようになったらおしまいだよ」と諭され、大いに感激したという。志村はことあるごとにこのエピソードを披露し、東に対する敬意を表している。東の死で「笑塾」が解散となった際、志村は「(当時の)自分には一人しか面倒を見てやれる余裕がないが、誰かの面倒を見たいね」と申し出た。この時、志村の付き人に採用されたのがジョーダンズ山崎まさやだった。「笑塾」の出身者は他に桂米多朗ぴろき斎藤哲也らがいる。

東の持ちネタである「頑張れ、強いぞ、僕らのなまか〜」は、テレビアニメ赤胴鈴之助』のテーマ曲の替え歌で「仲間」が訛って「なまか」となった。「なまか」は後に、フジテレビドラマ『西遊記』でSMAP香取慎吾が扮する孫悟空の口癖として使われた。

長年にわたって糖尿病を患っており、逝去の数か月前には病状が悪化していた。しかし、その後も新宿コマ劇場での舞台公演に家族や関係者の反対を押し切って出演し、これが生涯最後の舞台となった。

逝去の数日前には家族で外食した際に「俺が死んだら、この子たちはどうなるんだろうなあ」と語ったり、夫人に「俺は苦しんだりせず、朝起きたら俺の顔を覗き込んで『あら、死んでるわ』っていう死に方が理想なんだ」と語るなど自身の死期を悟っていたふしが見られ、奇しくも自身の理想に寸分違わぬ最期を遂げた。

出演番組[編集]

バラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

アニメーション[編集]

※東八郎が唯一「声優」として声を当てたテレビアニメーション作品。

CM[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

発売日 規格 規格品番 タイトル 作詞 作曲 編曲
クラウンレコード
1979年9月 EP CW-1868 A 小銭マン さいとう大三 泉八汐 池多孝春
B 人生サーカス
東芝EMI
1979年12月 EP TP-10661 A ディスコ・ケンコー(牛のチチ体操) 伊藤アキラ 井上忠夫 宮川泰
B DISCO KENKOH
RVCレコード
1981年10月21日 EP RHS-48 A 娘へのバラード さいとう大三 ひだよしかず 京建輔
B 今夜は泣いてもいいよ 鳥井実
1983年4月 EP RHS-98 A 沙留の里の子守唄 木の根かおり 泉八汐 京建輔
B おふくろ さいとう大三
1985年 EP RHS-181 A 流しのテッちゃん[注釈 2] みや秀和 中山大三郎 京建輔
B 気が向くことがあるならば さいとう大三 泉八汐

関連書籍[編集]

  • 飛田裕子『天国へ逝った満点パパ―東八郎の浅草人情物語』ハート出版 1989/7

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし萩本との年齢差は5歳しかなく、師匠というよりは同じ劇場に出演している面倒見の良い兄貴分といった関係であった。
  2. ^ 第17回日本作詩大賞新人賞受賞作品[5]

出典[編集]

  1. ^ 小林幸子オフィシャルブログ「Sachiko Diary」『またまた、弟できちゃいました!』2015-11-03
  2. ^ 東八郎』 - コトバンク
  3. ^ 『なんでそーなるの! - 萩本欽一自伝』日本文芸社、2007年、p.106
  4. ^ 東貴博「おやじが乗り移ってかんじゃった」父東八郎さんの命日に舞台”. 日刊スポーツ (2021年5月31日). 2021年5月31日閲覧。
  5. ^ 第17回 日本作詩大賞 - 日本作詩家協会(2021年6月7日閲覧)

関連項目[編集]

  • 青空球児 - 初期のトリオ・スカイラインのメンバー。