東北フリーブレイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東北フリーブレイズ
原語表記 東北フリーブレイズ
クラブカラー ブリザードシルバー
創設年 2008年
所属リーグ アジアリーグアイスホッケー
本拠地 福島県郡山市青森県八戸市
ホームリンク テクノルアイスパーク八戸(新井田インドアリンク)
代表者 中村考昭
監督 クリス若林
公式サイト 公式サイト
■Template(■ノート ■解説)

東北フリーブレイズ(とうほくフリーブレイズ)は、東北地方を拠点に、アジアリーグアイスホッケーに所属するアイスホッケーのクラブチームである。

概要[編集]

試合前の様子
チームの所在地であるスーパースポーツゼビオピアドゥ八戸店

2008年10月発足。福島県郡山市に本社を置くゼビオホールディングスの子会社のクロススポーツマーケティング株式会社が100%出資している東北アイスホッケークラブ株式会社が運営を行う。

運営会社の所在地は郡山市であるが、チームの所在地は青森県八戸市のスーパースポーツゼビオピアドゥ八戸店内にあり、テクノルアイスパーク(新井田インドアリンク)がホームリンクである。主催試合は東北各地で行い、東北全体をフランチャイズに位置付ける。

福島県のクラブチーム・X-united(2002年にゼビオ社員を中心に設立。翌年度から連盟登録。)所属の選手、大学卒業予定者、郡山市磐梯熱海アイスアリーナで行われたトライアウトの合格者などでチームが設立された。

沿革[編集]

2009年以降のアジアリーグアイスホッケー参戦を目指し、日本アイスホッケー連盟の推薦を得たが、実力面を理由に結論は先送りされた。しかし、2008-2009年シーズンを最後にSEIBUプリンス ラビッツが廃部となり、チーム数が減少したことなどもあり、戦力強化を要望事項として、2009年4月13日アジアリーグアイスホッケーオフィスから2009-2010年シーズン参入の基本合意がなされた。

基本合意を受け、2009年8月までにSEIBUを含む他チームからの移籍選手・コーチ、新外国人選手を獲得、新規参入の体制が整い、9月4日アジアリーグアイスホッケー2009-2010年シーズン総会で正式に参入が決まった。チーム応援団長には、ゼビオ子会社である清稜山株式会社の専務取締役である杉浦茂樹が任命された。

2010-11シーズンはプレーオフ決勝に進出を果たすが、東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の影響により決勝戦が中止。安養ハルラと同順位でありながらも悲願の初優勝を達成した。

2011-2012シーズンはシーズン序盤から出遅れ、優勝から一転、プレーオフ進出にも至らなかった。

2012-2013シーズンは序盤から順調に勝ち星を積み上げレギュラーリーグを2位でフィニッシュ。 プレイオフではセミファイナルで日本製紙クレインズを下し、ファイナルではこのシーズンでダントツの強さを見せレギュラーリーグ1位となっていた王子イーグルスに3勝1敗で勝ち、悲願のアジアリーグ単独優勝を果たした。

2014年12月7日、第82回全日本アイスホッケー選手権大会決勝でH.C.栃木日光アイスバックスと対戦。試合時間残り17秒で同点に追いつかれ、延長戦の末2-3で敗れ初優勝を逃した。試合後の表彰式で橋本三千雄と河合卓真の2選手が対戦相手との握手を拒否、式中に準優勝メダルを首から外す、会場から退場した直後にメダルを捨てるなど不適切な態度を取ったとして準優勝を返上すると発表した。2選手は次の公式戦となるアジアリーグ1試合出場停止、社長にも減俸(月額報酬の10%×3ヶ月)を科した。大会運営委員会、日本アイスホッケー連盟から準優勝返上は非礼にあたるとして準優勝返上の撤回を求められていたが、12月25日になり準優勝返上の撤回を表明した。

2014-15シーズンはプレーオフ決勝で安養ハルラと対戦した。なお、4シーズン前の同率優勝以来の顔合わせとなった。その結果、3連勝して安養ハルラを破り、2シーズンぶり3度目の優勝を果たした。

2017年12月17日、第85回全日本アイスホッケー選手権大会決勝で王子イーグルスを破り、初優勝を果たした。

チーム名の由来・ロゴ[編集]

チーム名の「フリーブレイズ(free blades)」には「氷上を自由自在に翔る」などの意味を込められている。 チームカラーはブリザードシルバーでウイングのカラーの基調となっている。ロゴカラーのブルーはそのウイングが翔る空を表し、縁取るグリーンは東北の豊かな自然を表す。

ロゴは3種類あり、トップチーム用の大きな羽を広げたものと、ファングッズ・標準使用のクラブロゴ、ジュニア向け、ジュニアチームに採用予定のジュニアロゴがラインナップされている(運営会社配布ロゴ活用マニュアル資料より引用)。

選手雇用法[編集]

これまでの企業チームのように母体の1企業、あるいはその関連企業の正社員、あるいは契約社員とするのではなく、フリーブレイズから地元の企業に選手を正社員や契約社員として派遣して、試合や練習が無い日はそこに勤務しながらチームの活動に取り組むという方式を採用している。

主な成績[編集]

アジアリーグ[編集]

順位()内はリーグ参加チーム数

年度 レギュラーリーグ プレイオフ
試合 勝利 延長勝 GWS勝 引分 GWS負 延長負 敗戦 得点 失点 勝点 順位
2009–10 36 13 0 4 -- 1 0 18 132 142 48 5位(7) ---
2010–11 36 18 1 3 -- 2 4 8 160 112 68 3位(7) 優勝
2011–12 36 13 3 1 -- 4 1 14 106 111 52 6位(7) ---
2012–13 42 24 1 2 -- 0 2 13 162 117 80 2位(7) 優勝
2013–14 42 18 2 1 -- 2 2 17 134 110 64 5位(8) ---
2014–15 48 21 2 5 -- 3 3 14 188 131 83 3位(9) 優勝
2015–16 48 20 4 1 -- 2 1 20 138 141 70 5位(9) 準決勝敗退
2016-17 48 26 1 1 -- 0 3 17 185 135 85 4位(9) 準決勝敗退

獲得タイトル[編集]

選手[編集]

選手(2018–19年)[編集]

ゴールキーパー[1]
# 選手名 キャッチ 登録年 出身地 備考
31 日本の旗 橋本三千雄
Michio Hashimoto
L 2009 青森県八戸市
44 日本の旗 伊藤優人
Yuto Ito
55 日本の旗 畑享和
Michikazu Hata
ディフェンダー[1]
# 選手名 ハンド 登録年 出身地 備考
18 日本の旗 早田聖也
Seiya Hayata
24 日本の旗 佐藤光
Hikaru Sato
34 日本の旗 高橋淳一
Jun'ichi Takahashi
54 日本の旗 熊谷豪士
Goshi Kumagai
宮城県仙台市
75 カナダの旗 ローガン・スティーブンソン
Logan Stephenson(英語)
L カナダサスカチュワン州 プレーイング・コーチ
77 カナダの旗 ニック・セイントピア
Nick St. Pierre(英語)
L 2018 カナダケベック州 (新加入)[2]
96 大韓民国の旗 キム・ドンファン
Kim Dong-hwan(ドイツ語)(金東煥)
フォワード[1]
# 選手名 ポジション ハンド 登録年 出身地 備考
9 日本の旗 大宮良
Ryo Ohmiya
(番号変更)[2]
10 日本の旗 中澤走飛
Hayato Nakazawa
14 日本の旗 田中豪 (C)
Go Tanaka
L 2010 北海道札幌市
19 日本の旗 武尾秀康
Hideyasu Takeo
20 ロシアの旗 ティモフィ・シシカノフ
Timofei Shishkanov(英語)
R 2018 ソビエト連邦モスクワ (新加入)[2]
21 日本の旗 山本和輝 (A)
Kazuki Yamamoto
L 2009 北海道釧路市
22 日本の旗 田中遼
Ryo Tanaka
北海道札幌市
23 日本の旗 樫野善一
Yoshikazu Kashino
R 2009 北海道苫小牧市
38 日本の旗 山田淳哉
Jun'ya Yamada
40 日本の旗 河合卓真
Takuma Kawai
L 2009 北海道恵庭市
47 日本の旗 篠原亨太 (A)
Kota Shinohara
北海道釧路市
91 日本の旗 人里茂樹
Shigeki Hitosato

過去に所属した主な選手[編集]

ゴールキーパー[編集]

ディフェンダー[編集]

フォワード[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c チーム・選手 > 選手”. Freeblades (フリーブレイズ). 2018年8月19日閲覧。
  2. ^ a b c フリーブレイズ(FREE BLADES)公式 (2018年7月30日). “2018-19 フリーブレイズ チーム体制”. 2018年8月19日閲覧。