東北大学大学院薬学研究科・薬学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東北大学 > 東北大学大学院薬学研究科・薬学部

東北大学大学院薬学研究科(とうほくだいがくだいがくいんやくがくけんきゅうか、英称:Graduate School of Pharmaceutical Sciences)は、東北大学大学院に設置される研究科の一つである。また、東北大学薬学部(とうほくだいがくやくがくぶ、英称:Faculty of Pharmaceutical Sciences)は、東北大学に設置される学部の一つである。

概要[編集]

東北大学薬学部は、1972年に医学部薬学科が独立して設立された学部である。1999年に大学院重点化を行った[1]を通じて人類の福祉と発展に貢献できる人材を育成することを教育理念としている[2]

沿革[編集]

学科[編集]

  • 入学定員80人[3]
    • 創薬科学科[4]
    • 薬学科[4]

著名な出身者[編集]

研究[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典
  1. ^ a b c d e 「沿革」東北大学大学院薬学研究科 東北大学薬学部
  2. ^ 「理念・目的」東北大学大学院薬学研究科 東北大学薬学部
  3. ^ 入学状況東北大学
  4. ^ a b [1]