東北楽天ゴールデンイーグルス主催試合の地方球場一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ここでは、日本プロ野球パシフィック・リーグ所属の東北楽天ゴールデンイーグルスの主催した地方球場の一覧を示す。

一軍[編集]

保護地域(宮城県)[編集]

  • 宮城球場(2018年からの呼称は「楽天生命パーク宮城」)(2005年 - 現在)
    • 2005年 - 2007年は「フルキャストスタジアム宮城」、2008年 - 2010年は「クリネックススタジアム宮城」、2011年 - 2013年は「日本製紙クリネックススタジアム宮城」、2014年 - 2016年は「楽天koboスタジアム宮城」、2017年は「Koboパーク宮城」

北海道[編集]

  • なし

東北(宮城県を除く)[編集]

※2012年にも開催が予定されていたが、雨天のため中止(1回裏無死降雨ノーゲーム)。
※2009年にも開催が予定されていたが、雨天のため中止。2017年については当初予定されていたさきがけ八橋球場の安全面の問題から急きょ変更となった。詳細は後述。
※2011年にも開催が予定されていたが、東日本大震災の影響により中止。2014年はDeNA主催のビジターゲームでも使用。2017年・2018年にも開催が予定されていたが、雨天のため中止。

関東[編集]

中部[編集]

関西[編集]

※2011年の上記の2球場は、東日本大震災の影響で宮城球場での開催が一時的に出来なくなったための代替開催である。また、兵庫県立明石公園第一野球場(現:明石トーカロ球場)にてオープン戦を開催したことがある。[1]

中国[編集]

四国[編集]

  • 公式戦はないが、香川県営野球場(現:レクザムスタジアム)にてオープン戦を開催したことがある。

九州・沖縄[編集]

二軍[編集]

年度別主催試合[編集]

宮城球場以外での一軍の主催試合を記す。( )内は対戦相手。

  • 2009年
    • 7月7日 福島県営あづま球場(ロッテ)※2005年に続いてスコアボード故障事故が発生。
    • 7月28日 岩手県営野球場(西武)
      • 上記とは別に、7月29日にこまちスタジアムで西武戦が予定されていたが降雨のため中止となった。
  • 2010年
    • 4月20日 東京ドーム(ロッテ)※東北以外で初の主催公式戦。
    • 4月21日 郡山総合運動場開成山野球場(ロッテ)
    • 8月24日 こまちスタジアム(日本ハム)
    • 8月25日 岩手県営野球場(日本ハム)
  • 2011年 
    • 4月15日16日17日 阪神甲子園球場(オリックス)
    • 4月22日23日24日 ほっともっとフィールド神戸(日本ハム)
      • 上記6試合は、東日本大震災で損傷した宮城球場の修復工事に伴う代替開催。
    • 6月28日 東京ドーム(ソフトバンク)
    • 8月30日 こまちスタジアム(西武)
    • 8月31日 岩手県営野球場(西武)
  • 2012年 
    • 4月10日 阪神甲子園球場(西武)
      • 翌11日も予定されていたが、降雨のため中止となった。
    • 6月22日 郡山総合運動場開成山野球場(ロッテ)
    • 8月1日 こまちスタジアム(ソフトバンク)
    • 9月19日 東京ドーム(ロッテ)
      • 上記とは別に、7月31日に岩手県営野球場でソフトバンク戦が予定されていたが、1回裏無死降雨ノーゲームとなった。
  • 2013年
    • 6月21日 郡山総合運動場開成山野球場(ソフトバンク)
    • 7月9日 東京ドーム(日本ハム)
    • 7月30日 岩手県営野球場(西武)
    • 7月31日 こまちスタジアム(西武)※5回裏終了後雨天コールドとなった。
    • 8月20日 荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(日本ハム)
  • 2014年
    • 4月24日 東京ドーム(西武)
    • 5月17日 こまちスタジアム(西武)
    • 5月18日 岩手県営野球場(西武)
    • 7月29日 郡山総合運動場開成山野球場(ソフトバンク)
    • 7月30日 荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(ソフトバンク)
  • 2015年
    • 6月23日 郡山総合運動場開成山野球場(オリックス)
    • 6月24日 荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(オリックス)
    • 7月3日 東京ドーム(日本ハム)
    • 7月28日 こまちスタジアム(ソフトバンク)
    • 7月29日 岩手県営野球場(ソフトバンク)
  • 2016年
    • 4月19日 東京ドーム(オリックス)
    • 5月17日 こまちスタジアム(オリックス)
    • 5月18日 岩手県営野球場(オリックス)
    • 6月7日 郡山総合運動場開成山野球場(ヤクルト)
    • 7月5日 荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(日本ハム)
  • 2017年
    • 4月25日 東京ドーム(ロッテ)
    • 5月16日 こまちスタジアム(日本ハム)
      • 当初はさきがけ八橋球場でデーゲームとして予定されていたが、後述の理由で会場を変更した。
    • 5月17日 岩手県営野球場(日本ハム)
    • 6月6日 荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(DeNA)
    • 6月28日 弘前市運動公園野球場(オリックス)
      • 上記とは別に、4月11日にヨーク開成山スタジアム(郡山総合運動場開成山野球場)で西武戦が予定されていたが降雨のため中止となった。
  • 2018年
    • 5月24日 東京ドーム(オリックス)
    • 7月3日 弘前市運動公園野球場(ソフトバンク)
    • 7月10日 山形市総合スポーツセンター野球場(オリックス)
      • 上記とは別に、5月9日にヨーク開成山スタジアム(郡山総合運動場開成山野球場)でロッテ戦が予定されていたが降雨のため中止となった。
  • 2019年
    • 5月16日 東京ドーム(日本ハム)
    • 5月28日 岩手県営野球場(西武)
    • 5月29日 弘前市運動公園野球場(西武)
    • 6月11日 郡山総合運動場開成山野球場(ヤクルト)
    • 7月8日 山形市総合スポーツセンター野球場(オリックス)
  • 2020年(予定)
    • 5月19日 こまちスタジアム(日本ハム)
    • 6月23日 弘前市運動公園野球場(オリックス)

傾向[編集]

  • 楽天では地域密着の方針の下に、一・二軍とも東北地方全6県での主催試合の開催を目指している。二軍のイースタン・リーグ公式戦では、宮城県および山形県を中心に全県での開催実績がある。一軍公式戦の開催規格を満たした球場が存在しない青森県では青森県営野球場で1988年にヤクルトスワローズ広島東洋カープ戦を開催したことを最後に、楽天の主催試合を含めて2016年まで県内の球場で一軍の公式戦を開催できない状況にあった。ただし、弘前市の弘前市運動公園野球場では2014年から上記の規格を満たす方向で改修工事を実施。2017年6月に完成することにより、弘前市では2016年から楽天に対して2017年シーズン以降の一軍公式戦の開催を要望[2]。上記の通り2017年6月28日の対オリックスバファローズ戦を開催した。
    • これで、2017年度は悲願の東北全6県開催が実現する運びとなった。しかし、郡山市での開催が雨天中止となり、同市での代替開催が行われなかったため、同年の東北全6県開催は幻となった。2018年以降は秋田での開催が当初から組まれておらず、2019年時点で同一シーズンでの全6県開催はいまだ実現していない。
    • 2009年は秋田で3年ぶりの開催となる埼玉西武ライオンズ戦が行われる予定だったが、雨天中止になった。この試合は予備日が設定されていなかったことと後日の振り替え開催は宮城球場で予定されていたため、秋田での開催は幻となった。
    • 2017年は当初施設の老朽化やアクセス面の問題などからこまちスタジアムではなく、球団として初めてさきがけ八橋球場でデーゲームとして行うことが決まっていた。しかし、八橋運動公園が山王大通りに面した市街地にあり、安全対策のため設置する予定だった防球ネットとそれを支えるクレーン車の配置に問題があるとしてさきがけ八橋球場での開催を返上。こまちスタジアムでのナイターに変更された。
    • 2020年度は東京オリンピックによる長期中断の影響もあり、宮城県以外では秋田・青森の2県のみでの開催にとどまる予定である。
  • 一方でオープン戦は気候の問題上、平年東北地方で開催することができず(特に新規参入した2005年は全ての試合がビジター開催だった)、比較的温暖な西日本地域を中心に開催しているが、2009年は2009 ワールド・ベースボール・クラシック開催の関係で開幕戦が4月3日だったこともあり、宮城球場で2試合だけながら開催された。
  • 2011年は3月11日に発生した東日本大震災の影響で宮城球場が損壊し一時的に使用不能になった他、公式戦の開幕も4月12日に延期となり、4月29日までの主催試合を関西で行った[3]。もともと、球団オーナーの三木谷浩史兵庫県出身でオープン戦を年1試合程度兵庫県で開催していたこともありおおむね好評で、翌2012年も阪神甲子園球場での主催試合が行われている。また、5月10日は郡山開成山球場で対日本ハム戦が予定されていたが、震災による被害状況を鑑みを宮城球場に変更し、郡山での代替試合は組まれなかった。

観客動員数について[編集]

人数はすべて主催者発表。

本拠地の宮城球場が12球団で最少の収容人員であることから、宮城球場以外の開催ではそれより多い観客数で行われることがある。なお、宮城球場での最多動員は2009年10月17日、クライマックスシリーズ第1ステージ対ソフトバンク戦での21388人。

2010年4月に初めて東京ドームで行われた楽天主催試合となる対ロッテ戦では40421人、翌年の6月28日の東京ドームでの試合は前年を上回る41084人を集めた。また、同年4月に行われた阪神甲子園球場での試合は26569人を集めている。

脚註[編集]

  1. ^ 2011年3月11日のロッテとの試合中に東日本大震災が発生。地震による球場への被害はなかったが選手の家族や関係者の安否確認のため、試合は8回コールドとなっている。
  2. ^ 楽天、東北6県制覇へ 弘前開催求め市長が要望書(『日刊スポーツ2016年6月3日付記事)
  3. ^ 上記の他に、同じく震災の影響で埼玉西武ライオンズが滋賀県皇子山球場での主催試合(対楽天戦)を行っているので、この月は15試合中8試合が関西での試合となった(ただし1試合が降雨ノーゲームとなったため、実質7試合)。