西脇英夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

西脇 英夫(にしわき ひでお、1943年11月9日[1] - )は、日本映画評論家漫画原作者小説家脚本家東京都出身[2]日本大学芸術学部[2]

経歴[編集]

1965年に大学卒業後、CFプロダクション勤務、雑誌『東京25時』(アグレマン社)の編集部を経てフリーとなる[2]。以後、『キネマ旬報』(キネマ旬報社)、『映画批評』(新泉社)などの映画雑誌に映画評論のコラムを発表。現在でも『キネマ旬報』でコラムを発表している。

漫画原作を手掛ける際は、主に『東史朗』名義で活動している。また、清彗社の漫画情報誌だっくす』1978年9・10月号から改名後の『ぱふ』1979年9月号まで、『B級劇画講座』というコラムを連載していた(西脇英夫名義)。

その他、脚本家として『西部警察』などの脚本を手がけたり、小説家としての活動も行っている。小説は『机宙人』名義で発表することがある[3]

著書[編集]

映画評論[編集]

  • アウトローの挽歌 -黄昏にB級映画を見てた-(白川書院、1976年
  • 日本のアクション映画 -裕次郎から雷蔵まで-(社会思想社1996年)※「アウトローの挽歌」改題
  • 映画より面白い -読んで観ろ! 必読原作セレクト100-(キネマ旬報社2000年

シネアルバム[編集]

  • 日本映画〈1976 1975年公開日本映画全集〉 佐藤忠男,山根貞夫, 西脇英夫 (編) 1976年
  • 日本映画〈1977 1976年公開日本映画全集〉 佐藤忠男,山根貞夫, 西脇英夫 (編) 1977年
  • 日本映画〈1978 1977年公開日本映画全集〉 佐藤忠男,山根貞夫, 西脇英夫 (編) 1978年

小説[編集]

西脇英夫名義[編集]

机宙人名義[編集]

  • 柳生暗殺秘録(KKロングセラーズ1997年
  • 島原メシア戦記(KKロングセラーズ、1997年)
  • 薩摩が背いた!(コスミックインターナショナル、1998年
  • 本願寺の謀略(KKロングセラーズ、1998年)

漫画原作[編集]

東史朗名義[編集]

西脇英夫名義[編集]

脚本[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 月刊シネマグランプリ – Film Critics 50 » Blog Archive » Critic 西脇英夫
  2. ^ a b c 『日本のアクション映画』奥付 社会思想社
  3. ^ [1]著者紹介より