東妻勇輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
東妻 勇輔
千葉ロッテマリーンズ #24
Azuma Yusuke Chiba Lotte Marines at Tokyo Dome.jpg
2019年8月14日、東京ドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県和歌山市
生年月日 (1996-04-04) 1996年4月4日(25歳)
身長
体重
172 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト2位
初出場 2019年7月3日
年俸 1,500万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

東妻 勇輔(あづま ゆうすけ、1996年4月4日 - )は、和歌山県和歌山市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。弟は横浜DeNAベイスターズ所属の東妻純平

経歴[編集]

小学2年生のときに野球を始めた。中学時代は和歌山興紀ボーイズに所属し、投手として活躍。3年次にはNOMOJAPANに選出された。

智辯学園和歌山高等学校では2年秋からエースとなり、3年春には選抜大会に出場したが、初戦は自らの暴投で延長15回サヨナラ負けした。

日本体育大学に進学し、3年秋にはリーグ戦でノーヒットノーランを達成する[2]第48回明治神宮野球大会では決勝戦で完封勝利を挙げた。

2018年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから2位で指名され、12月2日に契約金7000万円、年俸1200万円で入団した[3]

ロッテ時代[編集]

2019年7月3日、プロ初登板となった対オリックス・バファローズ11回戦(京セラドーム大阪)で、9回に登板し3人で抑えた。24試合に登板し、3勝2敗7ホールド、防御率4.71だった。

2020年は13試合に登板し1ホールド、防御率3.00だった。

人物[編集]

  • 2021年1月24日、一般女性との結婚を発表[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2019 ロッテ 24 0 0 0 0 3 2 0 7 .600 92 21.0 19 2 13 2 0 16 2 0 11 11 4.71 1.52
2020 13 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 69 15.0 10 2 14 1 0 4 0 0 5 5 3.00 1.60
通算:2年 37 0 0 0 0 3 2 0 8 .600 161 36.0 29 4 27 3 0 20 2 0 16 16 4.00 1.56
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2019 ロッテ 24 4 2 0 1 1.000
2020 13 1 3 0 0 1.000
通算 37 5 5 0 1 1.000
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 24(2019年 - )

登場曲[編集]

  • 「START IT AGAIN」AK-69(2019年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ロッテ - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年12月10日閲覧。
  2. ^ 小柄でも最速155kmの東妻勇輔。ロッテのドラ2は幕張の防波堤。-Number web
  3. ^ ロッテ2位東妻が契約「影響を与えられる選手に」 日刊スポーツ
  4. ^ "【ロッテ】東妻勇輔が一般女性と結婚". スポーツ報知. 報知新聞社. 6 February 2021. 2021年2月6日閲覧

関連項目[編集]