東妻純平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東妻純平
横浜DeNAベイスターズ #57
JAZUMA-1693-4AA1-B2F1-B349820D6306.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県和歌山市
生年月日 (2001-07-03) 2001年7月3日(18歳)
身長
体重
172 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2019年 ドラフト4位
年俸 650万円(2020年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

東妻 純平(あづま じゅんぺい、2001年7月3日 - )は和歌山県和歌山市出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。横浜DeNAベイスターズ所属。兄は千葉ロッテマリーンズ所属の東妻勇輔

概要[編集]

紀伊小学校1年の時から軟式野球を始め、紀伊中学校時代は紀州ボーイズに所属。

智弁和歌山では遊撃手から捕手に転向。1年夏からベンチ入りし甲子園には5期連続出場。1学年上に林晃汰、同学年に黒川史陽がいる。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

智辯学園和歌山高等学校で捕手としてプレー。2019年に横浜DeNAベイスターズにドラフト4位で指名された。苗字が同音異字(あずま)である東克樹投手が在籍しているため、背ネームは「J.AZUMA」となる。


選手としての特徴[編集]

高校通算32本塁打。遠投125メートルの強肩を最大限に生かし二塁送球完了は最速1秒84を誇る[1]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 57(2020年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]