東宝スタジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
阪急阪神東宝グループ > 東宝 > 東宝スタジオ
東宝スタジオ
TOHO STUDIOS
C0119160 11383768.jpg
メインゲート前の壁画とゴジラ像
東宝スタジオの位置(東京都区部内)
東宝スタジオ
情報
用途 映画及び映像作品の撮影、編集ほか
事業主体 東宝株式会社
管理運営 株式会社東宝スタジオサービス
敷地面積 78,000 m²
竣工 1932年
開館開所 1932年10月25日
改築 2008年 - 2011年
所在地 157-8561
東京都世田谷区成城1丁目4-1
座標 北緯35度38分4.8秒 東経139度36分15秒 / 北緯35.634667度 東経139.60417度 / 35.634667; 139.60417座標: 北緯35度38分4.8秒 東経139度36分15秒 / 北緯35.634667度 東経139.60417度 / 35.634667; 139.60417
テンプレートを表示

東宝スタジオ(とうほうスタジオ)は、日本のスタジオである。東京都世田谷区成城にある東宝の映画・テレビのスタジオであることから、東宝撮影所(とうほうさつえいじょ)、砧撮影所(きぬたさつえいじょ)と通称される(ちなみに映像業界内で単に“東宝”に行く・いる・で撮影しているなどと言った場合、このスタジオの事を指す)。

日本国内の撮影スタジオでは最大規模であり、東映京都撮影所東映東京撮影所日活撮影所角川大映撮影所などと並び日本の映像業界を代表する撮影スタジオである。

歴史[編集]

  • 1932年(昭和7年)6月1日 - 写真化学研究所PCL)が同地に映画スタジオを竣工、「ピー・シー・エル映画製作所」とした。当初は録音専門のスタジオであったが、1933年(昭和8年)、『音楽喜劇 ほろよひ人生』を皮切りに自主製作に踏み切る。
  • 1932年(昭和7年)8月12日 - 東京宝塚劇場が発足。
  • 1932年(昭和7年)10月25日 - 第1ステージ、第2ステージが完成。
  • 1933年(昭和8年)12月5日 - ピー・シー・エル映画製作所設立。
  • 1934年(昭和9年)12月 - 東宝現像所が発足。
  • 1936年(昭和11年)4月 - 第3ステージ、第4ステージ完成。
  • 1936年(昭和11年)7月 - 東宝現像所に2階が増設される。
  • 1937年(昭和12年)8月26日 - 写真化学研究所、ピー・シー・エル映画製作所、東宝映画配給J.O.スタヂオが合併して東宝映画となる。これに伴い、写真化学研究所、ピー・シー・エル映画製作所が東宝映画東京撮影所に、J.O.スタヂオが東宝映画京都撮影所と改称される。同時に研究所が東宝技術研究所と名称を変更する。
  • 1937年(昭和12年)9月10日 - 第5ステージ、第6ステージ、第7ステージを建設。
    旧No.5・6ステージ
  • 1937年(昭和12年)11月30日 - 第5ステージ、第6ステージ、第7ステージが完成(2002年に解体)。
  • 1938年(昭和13年)2月 - 今井映画製作所を東宝映画京都撮影所へ吸収。
  • 1939年(昭和14年) - 東宝映画第二撮影所が新設される。
  • 1941年(昭和16年)9月19日 - 東宝映画京都撮影所が閉鎖され、東宝映画東京撮影所が砧撮影所と名称を変更する。
  • 1941年(昭和16年)10月24日 - 東京発声映画製作所南旺映画と大宝映画が東宝映画に合併。
  • 1943年(昭和18年)12月10日 - 東宝映画が東京宝塚劇場と合併して、東宝となる。
  • 1946年(昭和21年)3月 - 第1次東宝争議発生。
  • 1946年(昭和21年)2月17日 - 現業重役制を廃止し新たに経営担当者制を布く為、岡庄五が所長に就任。
  • 1946年(昭和21年)10月 - 第2次東宝争議発生。
  • 1947年(昭和22年)3月25日 - 東宝映画第二撮影所が新東宝映画製作所として新たに発足する。
  • 1948年(昭和23年)4月15日 - 第3次東宝争議発生。
  • 1948年(昭和23年)4月25日 - 新東宝映画製作所が新東宝と改名し株式会社化。
  • 1950年(昭和25年)1月14日 - 自主製作再開。
  • 1950年(昭和25年)5月17日 - 第4次東宝争議発生。
  • 1950年(昭和25年)12月25日 - 企画本部が設置され佐々木茂索が委員長に就任。
  • 1950年(昭和25年)12月29日 - 4年9カ月続いた東宝争議が終わる。
  • 1951年(昭和26年)2月26日 - 森岩雄が最高顧問として復帰し、また所長に森田信義が就任。これにより砧撮影所は東宝撮影所と名称を変更する。
  • 1951年(昭和26年)7月15日 - 森田信義所長が交通事故で死去(享年53歳)。小林富佐雄社長が所長代行を務める。
  • 1952年(昭和27年)1月25日 - 雨宮恒之が所長に就任。
  • 1952年(昭和27年)5月27日 - 東京映画が発足する。
  • 1952年(昭和27年)8月1日 - 企画本部が廃止され、製作本部となり森岩雄が本部長に就任。
  • 1954年(昭和29年)9月17日 - 小プールが完成。
  • 1955年(昭和30年)3月 - 第8ステージ、第9ステージが完成。
  • 1955年(昭和30年)9月20日 - 所長制を廃止し支配人制となる。また藤本真澄が製作本部長に就任。
  • 1956年(昭和31年)11月15日 - 製作部に特殊技術課が新設される。
  • 1957年(昭和32年)9月12日 - ダビングビル・東宝ダビングが完成。
  • 1957年(昭和32年)10月11日 - 新本館ビル完成(世田谷で初のエレベータービル)。
  • 1959年(昭和34年)1月26日 - 東宝現像所がキヌタ・ラボラトリーと改名して独立株式会社化。
  • 1959年(昭和34年)3月1日 - 所長制復活。
  • 1960年(昭和35年)2月 - 井上泰幸設計の広さ3000坪の特撮専用の大プールが完成。
  • 1961年(昭和36年)7月15日 - 第11ステージと特技センターの建設が始まる。
  • 1961年(昭和36年)8月1日 - 東宝技術研究所が復活。
  • 1961年(昭和36年)8月31日 - 新東宝が倒産。
  • 1962年(昭和37年)5月 - 特撮専用の第11ステージが完成。
  • 1962年(昭和37年)6月14日 - 特殊技術課棟の特技センターが完成。
  • 1969年(昭和44年)3月25日 - 西野一夫が支配人に就任。
  • 1970年(昭和45年)1月25日 - 円谷英二特技監督が死去(享年69歳)。
  • 1970年(昭和45年)3月1日 - 職制一部変更、特殊技術課が解散。小プール及び第11ステージも解体。コンピューター室が新設され、ビデオカセット事業部をビデオカセット部と改称、新たに総務室、美術部、映像事業部、管財部、機材部を新設。
  • 1970年(昭和45年)3月31日 - 東宝美術が発足。
  • 1970年(昭和45年)4月4日 - 製作総務室、映画企画部を廃止し企画室を新設。
  • 1971年(昭和46年)4月1日 - 映像事業部を廃止し東宝映像が発足。
  • 1971年(昭和46年)11月8日 - 東宝映画が発足。
  • 1971年(昭和46年)11月18日 - 東宝スタジオと名称を変更しもっぱら貸しスタジオとなる。製作部、芸能部を廃止し契約管理室を新設。
  • 1971年(昭和46年)12月27日 - 東宝企画が発足。
  • 1972年(昭和47年)3月 - 小プール及び第11ステージ跡地に成城東宝ボウルとその駐車場がオープン。
  • 1973年(昭和48年)11月16日 - キヌタ・ラボラトリーが光映新社と名称を変更しラボ作業を取りやめ機材会社となる。
  • 1973年(昭和49年)5月 - 『ノストラダムスの大予言』の「オゾン層破壊による超紫外線の影響で山火事が発生する」という特撮場面の収録中、ライトを照射しすぎて高温となったためにミニチュアセットが発火し火災が発生。成城消防署などから消防車36台が駆けつけたが火の回りは早く第7ステージは全焼してしまった。けが人などは出なかった。
  • 1975年(昭和50年)3月1日 - 成城東宝ボウルの建物が東宝日曜大工センター成城店として再オープン。
  • 1975年(昭和50年)5月 - 撮影設備の近代化の一環として、フロント・プロジェクターを導入。
  • 1977年(昭和52年)2月 - 東宝技術研究所が使命を終了。閉鎖された建物は東京映画の撮影所となる。
  • 1980年(昭和55年)11月12日 - 東京ディズニーランド建設協力のため、組立作業所開設。
  • 1983年(昭和58年)8月25日 - 東京映画がさらに規模を縮小して東京映画新社となり、本社を有楽町に移転。
  • 2002年(平成14年) - 第7ステージが解体。
  • 2003年(平成15年) - 総額50億円をかけてスタジオ第1次改造計画を開始。スタジオ・施設の増改築やポストプロダクション施設の最新化を進める。まず新No.7ステージ建設に着手。
  • 2004年(平成16年)9月7日 - 『ゴジラ FINAL WARS』の最後の撮影が特撮専用の大プールで行われ、老朽化と改造計画の対象の為、取り壊しが決定した大プールでの最後の撮影となった。
  • 2005年(平成17年) - 特撮専用の大プール跡地に撮影専用の新No.11ステージ、No.12ステージが完成。
  • 2006年(平成18年) - 第10ステージが解体。
  • 2006年(平成18年) - 新No.10ステージ及びキャストルーム・カフェテリアの集合棟・アクターズセンターとスタッフルームの集合棟・プロダクションセンターが完成。
  • 2007年(平成19年)8月9日 - メインゲートとオフィスセンターが完成。ゲート外観の左壁面には「七人の侍」の壁画が描かれていり、脇には、ゴジラのブロンズ像がお目見えしました。
  • 2008年(平成19年)1月 - 新No.3ステージ、No.4ステージが完成。
  • 2008年(平成20年)6月 - 第1次スタジオ改造計画完了。6つの新ステージと5つの施設が完成。
  • 2009年(平成21年)1月14日 - 第2次スタジオ改造計画が発表された。新たに2つの新ステージとポストプロダクションセンター、スタッフルーム棟2棟の建設が発表された。
  • 2010年(平成22年) - 2004年から始まったスタジオ改造計画により、第1ステージ、第2ステージ、第5ステージ、第6ステージ解体。最新のポストプロダクションセンターと新No5ステージ、No.6ステージとスタッフルーム棟が完成した。現在も敷地内を横断する道路やメインゲート周辺の工事が進行中である。
  • 2010年(平成22年)1月31日 - 東宝日曜大工センター成城店が閉店。
  • 2010年(平成22年)7月14日 - 東宝日曜大工センター成城店の建物がくろがねや成城店として再オープン。
  • 2010年(平成22年)9月 - 新No.5ステージ、No.6ステージ、新ポストプロダクションセンターが完成。2003年から始まったスタジオ改造計画が完了し、新たにステージ8棟・スタッフルーム棟2棟・キャストルーム棟・装飾棟・大道具棟などを建設。スタジオの内の建物の90%以上が建て替えられた。計画費は一次段階と合わせた総工費は約100億円。
  • 2011年(平成23年) - 本館ビル及び第1ステージ、第2ステージが解体。
  • 2011年(平成23年)4月 - ポストプロダクションセンター2がリニューアルオープン。
  • 2014年(平成26年)6月 - ゴジラの巨大壁画完成!
  • 2016年(平成28年)6月 - No.7ステージがリニューアル。

概要[編集]

施設・サービス[編集]

約79,000m2(約24,000坪)の敷地内に撮影用ステージ10棟(8棟の映画・テレビ用ステージと2棟のCM専用ステージ(スチールスタジオ完備)があり、2棟のポストプロダクションスタジオ、大道具関連会社2社と塗装会社・衣装会社(東宝コスチューム)の入る大道具棟、美術小道具会社(東宝映像美術)と以下の施設がある。

No3付近より旧本館方面を望む

「オフィスセンター」東宝関連4社が事務所をもつ(公式ページ参照)。

最新のNo.3.4ステージ

映画用の8番9番ステージの床面積は32×41.4メートル、1,325平方メートル(402坪)。

No.8.9ステージの屋根

「アクターズセンター」は、35部屋のキャストルーム(控え室)、7列1部屋のメイクルーム、5部屋の衣装部屋、フィッティングルーム、リハーサルルーム、約80人収容の会議室(面積138m2)、130席のカフェテリアを備える。

「プロダクションセンター」は、38部屋のスタッフルーム(事務所用の貸部屋)、14部屋の作品倉庫(貸倉庫)を備える。

2008年完成の大道具棟にはスタッフルーム等の他にシャワールーム、更衣室、ランドリーがあり、スタジオに入る作品のスタッフは自由に利用できる。撮影用の照明機材、特機等も一部だがレンタル可能である。

過去には特撮用の大プール(約4000m2、建設当時世界最大)も存在し数々の作品で使用されたが、近年は海上シーンなどをCGで表現する事が定着し特撮(ミニチュア撮影)などの需要減少や第1次スタジオ改造計画に伴い2004年に解体された。その規模の大きさは過去の東宝作品のメイキング映像などで窺い知ることはできる。現在は10番ステージの北側に小プール(10メートル×10メートル・深さ3メートル)がある他、7番ステージ床下に収納式のプールがある(使用頻度の低さから埋め立てが決まっている)。

2009年からの第2次スタジオ改造計画により映画用の1番・2番ステージとその間の技術課棟(1932年(昭和7年)完成で日本一古かった)と5番・6番ステージが解体され、2010年夏に新5番・6番ステージに生まれ変わった。

スタジオの主要施設内は、基本的には個人見学などは受け付けておらず、一般・部外者の立ち入りも原則禁止である(ただし、団体見学については事前に申し込めば行える場合もあるほか、不定期にスタジオを見学できるイベントも実施されている)。

おもなフィルモグラフィ[編集]

戦前[編集]

戦後 1940年代[編集]

1950年代[編集]

1960年代[編集]

1970年代[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

2000年代[編集]

2010年代[編集]

脚注[編集]

  1. ^ PRODUCTION NOTES、『劇場版 SPEC〜結(クローズ)〜漸(ゼン)ノ篇/爻(コウ)ノ篇』OFFICIAL SITE、2013年12月7日閲覧。

関連項目[編集]