東宮鉄男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東宮 鐵男
Kaneo Tōmiya.png
生誕 1892年8月17日
日本の旗 日本群馬県
死没 (1937-11-14) 1937年11月14日(45歳没)
中華民国の旗 中華民国(国民政府)浙江省平湖県
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1915年 - 1937年
最終階級 陸軍大佐
テンプレートを表示

東宮 鉄男(とうみや かねお、正字は東宮鐵男1892年明治24年)8月17日 - 1937年昭和12年)11月14日)は、日本の陸軍軍人。「満蒙開拓移民の父」とよばれる。

満州を中心に活動した。張作霖爆殺事件の実行者であり、満州への移民を推進した中心人物として知られる。日中戦争初期の1937年、歩兵第102連隊大隊長として中国で戦死した。死後特進し陸軍大佐となる。

出自[編集]

群馬県士族村長も務めた東宮吉勝の元に生まれ、旧制前橋中学校利根分校を修了した後、同本校を卒業。陸軍士官学校(27期)に進学し1915年大正4年)5月25日に卒業。同年12月25日に陸軍歩兵少尉に任官し、近衛歩兵第3連隊附を命ぜられる。

1919年(大正8年)4月に中尉に進級。翌年6月歩兵第50連隊附に移り、シベリア出兵に参加。この時赤軍の強さを実感し、ソ連コサック兵をモデルとする武装農民の必要性を痛感、対抗策を模索し始める。

1923年(大正12年)1月から1年間広東に私費留学し、中国語を身につけた。1925年(大正14年)8月大尉に進級し、1926年(大正15年)3月近衛歩兵第3連隊中隊長を命ぜられた。1926年(大正15年)12月独立守備隊第2大隊中隊長に就き、奉天に屯在する。

張作霖爆殺事件[編集]

1928年昭和3年)6月4日の張作霖爆殺事件に於いて、実行者として爆破スイッチを押したという。

背景[編集]

当時の中国は各地で軍閥が跋扈しており、その一人である張作霖は北平において安国軍政府を樹立し、「陸海軍大元帥」を自称していた。馬賊出身の張が満州の王者になれたのは日本軍の支援の結果であったが、莫大な軍事費を捻出するために、日本人を満州から追い出し、その権益を独占しようとしていた。張の圧政は苛斂誅求を極め、満州三千万の民衆は塗炭の苦しみに陥っていた。1926年(大正15年)7月から蒋介石を総司令とする国民革命軍北伐を始め、張作霖軍を討つ事を目論む。北平にあった張作霖は本拠である満州へ戻ろうとするが、張作霖の帰満が戦略に影響することを恐れた関東軍もまた張作霖軍の武装解除を企図した。

しかし、武装解除の作戦地域として想定した錦州は関東軍の衛戍地である南満州鉄道附属地からはずれることから出兵は海外派兵にあたり、手続きの段階で関東軍と参謀本部、政府との調整が取れず、この時点で関東軍は動きを起こせなくなった。そこで関東軍は派兵のために既成事実を作って政府には事後承認を得ることとする。張作霖事件はその一環で、関東軍高級参謀河本大作大佐を中心に謀られた。

実行[編集]

1928年(昭和3年)6月4日、東宮は事前に小部隊を率いて爆破地点の皇姑屯に潜み、午前5時23分、張作霖を乗せた列車が奉天郊外約2キロの京奉鉄道線南満州鉄道(満鉄)連春線が交差する鉄橋に差し掛かったところで爆破のスイッチを押した。橋脚に仕掛けられた黄色火薬30袋が炸裂して張作霖の乗る9号車貴賓車を含む4両が大破、うち2両が炎上した。河本らはこれを中国人の謀略と見せかけるために、中国人阿片中毒者を調達、殺害して、懐中に国民革命軍のしるしがある手紙をしのばせ、死体を現場附近に放置した。張作霖は絶命せず密かに自宅へ運ばれ、ここで息絶えた。当時この事件は「満州某重大事件」と呼ばれ、一般国民には真相は秘匿されていた。

事後[編集]

事件とその事後処理を巡って内閣総理大臣田中義一昭和天皇の叱責を受け総辞職することとなるが、以後も国民には秘匿され、世間に広く知られるようになったのは戦後になってからである。

事件後の1929年(昭和4年)8月東宮は岡山にある歩兵第10連隊中隊長に移る。この時歩兵第10連隊には後に作家となる棟田博伍長勤務上等兵で将校集会所当番長として勤務していた。棟田は戦後「日本陸海軍のリーダー総覧」において、東宮は将校団に馴染もうとせず、他の将校も敬遠していたと回想している。軍上層部は張作霖事件のほとぼりが冷めるまで岡山へ移したものだという[1]。岡山での東宮は、中隊長着任の挨拶を営倉に入倉している部下のところへわざわざしに行ったり、中隊標語で「よし、やりぬこう」という、おおよそ標語らしからぬ言葉を示すなど[2]、一風変わった振る舞いを見せた。しかし勇猛果敢な中隊長で、その純情熱血はあらゆる人を感化し、上司の誰もが至誠の人と評価するようになった。また、人情中隊長として連隊中に知らない者はなく、他の中隊では東宮中隊を羨望したぐらいであった。1930年(昭和5年)10月から6ヶ月間、千葉の陸軍歩兵学校に甲種学生として在学した。1931年(昭和6年)12月、渡満の際には出征と変わらないほどの見送り人がいて、第3中隊の多くは、中隊長と別れるのが辛くて泣いたという。

武装移民団[編集]

爆殺事件後、東宮は満蒙開拓移民の構想を抱き、しばしば上申した。この構想は満州を日本の生命線としていた関東軍首脳の興味を捕らえた。

1931年(昭和6年)12月に満州出張を命ぜられ、翌年4月関東軍司令部附を補職され、満州国軍政部顧問に就任、満州国軍吉林省警備軍軍事教官を務める。この時、拓務省水戸市の農業訓練所長で農本主義者の加藤完治らと組んで、日本国内から満州への移民を推進した。

なお両者の目的には少しずれがあった。加藤らの目的は日本人による農本主義の実践にあったようだが、東宮の目的は国境付近に開拓団という独立した朝鮮人を主体とする共同体を定住させることで、非常時は防衛拠点・兵站として活用できること、国境付近の匪賊馬賊)が周辺の一般民衆と結びつく事を抑制できることという2つの点をメリットとして移民(武装農業移民とも言われる)を推進するというものであった。

結局、東宮は、加藤の日本人主体の移民案を受け入れ、1932年(昭和7年)10月、在郷軍人会所属の独身男性からなる第一次武装移民団を結成する。第一次移民492人はこの年の秋に「佳木斯(ジャムス)」の弥栄村(いやさかむら)に移住した。佳木斯屯墾軍第一大隊と呼ばれる。翌年の7月には移民政策の一環として「新日本の少女よ大陸へ嫁げ」を作詞し、「大陸花嫁」を募集した。

開拓地は、満鉄子会社の東亜勧業により、地元農民から半ば強制的に買収して移民団のために用意した。第一次武装移民団は、病気や精神疾患により大量に脱落し、また移民生活への不満から規律が大きく乱れ、移民団幹部排斥運動なども発生し、地元民からは、「匪賊よりも恐ろしい日本人移民」といわれるなど、多くの問題を抱えたため、以後、独身移民ではなく、家族移民の推進へと、方針を転換した。そして、数次の移民団の移住により、次第に安定化した。

日中戦争での戦死[編集]

1933年(昭和8年)8月少佐に進級。盧溝橋事件勃発翌月の1937年(昭和12年)8月、内地帰還と歩兵第2連隊附を命ぜられる。同年10月、新たに編成された歩兵第102連隊大隊長に進み、11月中佐に進級する。102連隊は日中戦争への動員で杭州湾に上陸する。東宮は柳川平助中将指揮する第10軍麾下の一隊として部下の先頭に起って前進中の11月14日、浙江省平湖県上海の南西)の草原でクリーク(水路)から上がる際に左胸に被弾。部下に鉛筆とノートを出させ「うれしさや秋晴れの野に部下と共」と辞世の句をしたためて絶命した。死後大佐へ特進する。後年、郷里にて記念事業委員会が設けられたほか、佳木斯に「東宮記念館」が建てられ、1939年(昭和14年)に伝記『東宮鉄男伝』が刊行された(非売品)。

脚注[編集]

  1. ^ 東宮は退役の肚を決めていたが、その器量を惜しんだ小畑敏四郎連隊長が慰留したらしく、東宮は進退を一任した。理由は不明だが、退役は立ち消えの形になった。
  2. ^ 当時の連隊標語は「真摯熱烈」であり、東宮中隊以外の各中隊のそれは「熱烈団結」「精誠真摯」等であった。

参考文献[編集]

  • 『東宮鉄男伝』東宮大佐記念事業委員会(復刻版)
  • 須山幸雄『小畑敏四郎』
  • 『満洲帝国』学習研究社、2006年 ISBN 4-05-604315-9
  • 『歴史と旅 臨時増刊号 日本陸海軍のリーダー総覧』秋田書店、昭和61年
  • 棟田博『陸軍いちぜんめし物語』光人社、1982年 ISBN 4-7698-0190-4

関連項目[編集]