東山収一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東山 収一郎
生誕 1932年9月25日
日本の旗 日本 東京都
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1955 - 1989
最終階級 JMSDF Admiral insignia (a).svg 海上幕僚長たる海将
テンプレートを表示

東山 収一郎(ひがしやま しゅういちろう、1932年(昭和7年)9月25日- )は、日本の元海上自衛官。第17代海上幕僚長

略歴[編集]

東京都出身。東京水産大学では製造学科で食品衛生を研究テーマにしていた[1]。卒業後、海上自衛隊に入隊。入隊の動機は当時、大学が久里浜にあり、目の前に海上自衛隊の基地があったことから「なんとなく、面白そうだから」という理由で入隊したという[1]。入隊後は空にあこがれて航空部隊へ進む。主に対潜哨戒機S2F-1 トラッカー」のパイロットとして活躍し、飛行時間は3,500時間を超える[1]。二十代で機長を務めていた頃は、護衛艦と共同で実施する対潜哨戒の作戦の方針をめぐって2佐クラスの艦長と無線でしばしば火花を散らしたという[1]。その後、海幕勤務では防衛畑を歩みポスト4次防の整備、予算要求に携わる。第4航空群司令在任中には最初の「P-3C」実戦配備部隊として第6航空隊が新編され、その戦力化に尽力した。その後、航空集団司令官、横須賀地方総監などの要職を歴任し、第17代海上幕僚長に就任。旧軍歴を持たない初の海幕長であり、また、第10代鮫島博一に続く二人目のパイロット出身の海幕長である。在任中の1988年(昭和63年)7月に「なだしお事件」が発生し、事態の対処にあたる。

年譜[編集]

栄典[編集]

  • US Legion of Merit Commander ribbon.png レジオン・オブ・メリット・コマンダー - 1989年(平成元年)8月22日[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 読売新聞・1987年(昭和62年)7月11日(土)第9面「顔」
  2. ^ 朝雲新聞・1989年(平成元年)8月31日・第2面「東山海幕長にメリット勲章」

参考文献[編集]

  • 軍事研究』1988年1月号(ジャパン・ミリタリー・レビュー)P168-176「新海上幕僚長に聞く――イージス元年、艦隊防空の強化」
先代:
沖為雄
横須賀地方総監
第25代:1986年 - 1987年
次代:
寺井愛宕