東山親雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
東山 親雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県
生年月日 1943年5月15日(73歳)
身長
体重
167 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1966年 第2次ドラフト3位
初出場 1967年
最終出場 1969年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

東山 親雄(ひがしやま ちかお、1943年5月15日 - )は、香川県出身の元プロ野球選手。ポジションは捕手

来歴・人物[編集]

高松第一高校では、1961年夏の甲子園予選北四国大会準決勝に進むが、松山商山下律夫に抑えられ敗退。

卒業後は亜細亜大学へ進学。入学時の亜大は東都大学リーグ二部に低迷していたが、1964年秋季リーグに初の一部昇格を果たす。1966年秋季リーグでは森永悦弘(日本楽器)とバッテリーを組み、大橋穣とともに打線の中軸となり初優勝を飾る。同季のベストナイン(捕手)にも選出された。一部リーグ通算66試合出場、209打数42安打、打率.201、2本塁打、25打点。

1966年第2次ドラフト会議広島カープから3位指名を受け入団。初の亜大出身プロ選手となる。1年目から一軍でマスクを被るが、田中尊久保祥次の壁を越えられず、レギュラーには届かなかった。

1974年引退後は広島カープ寮長を務めた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1967 広島 7 6 6 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .167 .167 .167 .334
1968 3 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1969 10 6 6 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .167 .167 .167 .334
通算:3年 20 16 16 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .125 .125 .125 .250

背番号[編集]

  • 40 (1967年 - 1974年)

関連項目[編集]