東川井信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:現役時代もしくは廃止後の東川井信号場の画像提供をお願いします。2017年8月
東川井信号場
ひがしかわい
Higashi-Kawai
御嶽 (2.4km)
(0.4km) 川井
所在地 東京都西多摩郡奥多摩町川井
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 青梅線
キロ程 29.6km(立川起点)
駅構造 地上
開業年月日 1967年昭和42年)10月1日
廃止年月日 2001年平成13年)3月20日
テンプレートを表示

東川井信号場(ひがしかわいしんごうじょう)は、かつて東京都西多摩郡奥多摩町川井に存在した、東日本旅客鉄道(JR東日本)青梅線信号場御嶽駅 - 川井駅間に存在した。

歴史[編集]

川井駅を挟む御嶽駅 - 古里駅間は、交換駅間が4.4キロメートルと長かったが、途中の川井駅は急カーブ上に存在し、地形上の制約もあって交換施設の設置が難しかったことから、同駅より御嶽駅寄り0.4キロメートルに当信号場が設置された。 1998年平成10年)8月13日の石灰石輸送貨物列車運転終了により、この区間の列車本数が減少し、使用頻度が減ったことにより、当信号場が廃止された[1][2]

年表[編集]

構造[編集]

下り線(奥多摩方面)のポイントは直線であるが、出発信号機は片方向にしかないため、1線スルーではなく常に左側通行となっていた。

廃止後の状況[編集]

当信号場廃止後、ポイントおよび旧上り線が撤去された。 旧上り線跡には、御嶽駅 - 古里駅間の上り・下り双方の第1閉塞信号機が設置されている。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
青梅線
御嶽駅 - 東川井信号場 - 川井駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鉄道図書刊行会「鉄道ピクトリアル」882号(2013年11月号)2013年、p.77
  2. ^ a b 青梅・五日市線の歴史(2000年-2005年)”. 東日本旅客鉄道八王子支社. 2017年8月6日閲覧。
  3. ^ 青梅・五日市線の歴史(1960年-1969年)”. 東日本旅客鉄道八王子支社. 2017年8月11日閲覧。

関連項目[編集]