東平尾公園博多の森陸上競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東平尾公園 > 東平尾公園博多の森陸上競技場
東平尾公園博多の森陸上競技場
博多の森陸上競技場.jpg
東平尾公園博多の森陸上競技場の位置(福岡市内)
東平尾公園博多の森陸上競技場
施設情報
所在地 福岡県福岡市博多区東平尾公園2-1-1
位置 北緯33度35分5.1秒 東経130度27分53.1秒 / 北緯33.584750度 東経130.464750度 / 33.584750; 130.464750座標: 北緯33度35分5.1秒 東経130度27分53.1秒 / 北緯33.584750度 東経130.464750度 / 33.584750; 130.464750
開場 1990年
所有者 福岡市
運用者 福岡市森と緑のまちづくり協会
グラウンド 天然芝
使用チーム、大会
収容能力
30,000人

東平尾公園博多の森陸上競技場(ひがしひらおこうえん・はかたのもりりくじょうきょうぎじょう)は、福岡県福岡市博多区東平尾公園内にある陸上競技場。施設は福岡市が所有し、福岡市森と緑のまちづくり協会が指定管理者として運営管理を行っている。

概要[編集]

1990年に開催された第45回国民体育大会(とびうめ国体)の主会場として建設された開催を目的に建設された日本陸上競技連盟公認第一種陸上競技場。本競技場の建設を機に、平和台陸上競技場中央区)で開催されてきた主要陸上競技大会の多くが本競技場での開催に切り替えられた。

博多の森球技場が出来るまでJリーグの試合も行われていた(1993年から1994年にかけて12試合[1])ほか、1994年にはジャパンフットボールリーグで、この翌年・1995年に福岡へ移転が決まっていた中央防犯FC藤枝ブルックス(現在のアビスパ福岡)の主催試合が本拠地移転のアピールの一環として2試合急遽開催が決定した。1995年の博多の森球技場完成後はJリーグ・JFLでの試合は基本的に同球技場で開催され、陸上競技場での開催は2003年10月13日に行われたJ2第38節・アビスパ福岡vs湘南ベルマーレの1試合のみだったが、2019年に博多の森球技場(レベルファイブスタジアム)でラグビーワールドカップ2019が開催されることから、2019年は博多の森陸上競技場にて9試合開催予定[2]

施設概要[編集]

トラックはウレタン系舗装の400mトラックが9レーン、フィールドは天然芝で、夏芝(ティフトン419)と冬芝(サツキワセ)のオーバーシードが行われている。

スタンドはメインスタンド(1万人収容)の一部に屋根があるのみで、サイドスタンド一体型のバックスタンド(2万人収容)には屋根がない。

主な開催競技[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日程・結果”. J.LEAGUE Data Site. 2019年1月13日閲覧。
  2. ^ “2019明治安田生命J2リーグ 開幕カード決定!!” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2019年1月11日), https://www.avispa.co.jp/news/post-21929 2019年1月13日閲覧。 
  3. ^ 第103回 日本陸上競技選手権”. 日本陸上競技連盟公式サイト. 2019年1月13日閲覧。

関連項目[編集]

先代:
札幌厚別公園競技場
札幌市
国民体育大会
主競技場

とびうめ国体
次代:
県西部緑地公園陸上競技場
金沢市