東広島呉自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道自動車専用道路(B)
(無料)
東広島呉自動車道
E75 東広島呉自動車道
Japanese National Route Sign 0375.svg国道375号
路線延長 32.8 km
開通年 2006年 - 2015年
起点 広島県東広島市高屋JCT/IC
終点 広島県呉市阿賀IC
接続する
主な道路
(記法)
記事参照
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

東広島呉自動車道(ひがしひろしまくれじどうしゃどう)は、広島県東広島市(高屋JCT/IC)から広島県呉市(阿賀IC)へ至る高規格幹線道路国土交通大臣指定に基づく高規格幹線道路(一般国道の自動車専用道路)国道375号の自動車専用道路)である。高速道路ナンバリング(高速道路等路線番号)では「E75」が割り振られている。

当初は有料の高規格幹線道路として建設が計画されていたが、後に直轄代行方式によるバイパスとして整備される事になったため全線無料で通行できる。自動車専用道路であるため、 125 cc以下の自動二輪車原動機付自転車などは通行不可。

概要[編集]

東広島市呉市を結ぶ国道375号の激しい交通渋滞の緩和と呉・東広島・竹原周辺地域から山陽自動車道へのアクセス強化を目的に計画された。着工前には呉市役所から山陽道までは約90分かかっていたが2012年(平成24年)4月1日に阿賀IC - 黒瀬ICが開通したことで約50分となり40分短縮された。

尚、国道375号の現道は広島県呉市から三次市を経て島根県太田市へ至る北上の路線であるが、こちらは東広島市を起点とし呉市を終点とする南下する道路として指定されている。

路線データ[編集]

  • 起点 : 広島県東広島市高屋町溝口[1]
  • 終点 : 広島県呉市阿賀中央5丁目
  • 延長 : 32.8 km
  • 規格 : 第1種第3級(自動車専用道路)
  • 道路幅員
    • 一般部 : 20.5 m
    • トンネル部 : 18.0 m
    • 橋梁部 : 19.5 m
  • 車線数 : 全線暫定2車線で一部追越車線あり(完成4車線)
  • 車線幅員 : 3.5 m
  • 設計速度 : 80 km/h
  • 制限速度 : 70 km/h
  • 全体事業費 : 約1925億円[2]

インターチェンジなど[編集]

  • IC番号欄の背景色がである部分については道路が開通済みの区間を示している。また、施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、または完成していない事を示す。
  • 英略字は以下の項目を示す。
    IC:インターチェンジ、JCT:ジャンクション
  • 接続路線名の特記がないものは市道
  • なお、現地でのキロ程表示は、国道375号に合わせて阿賀側から振られている。
IC
番号
施設名 接続路線名 起点から
(km)
BS 備考 所在地
25-1
1
高屋IC/JCT E2 山陽自動車道
東広島高田道路
0.0 東広島市
2 上三永IC 国道2号
県道330号上三永竹原線
4.4
3 下三永福本IC 県道32号安芸津下三永線 8.7
4 馬木IC 国道375号
県道67号馬木八本松線
11.7
4-1 大多田IC 県道338号吉川大多田線 16.2 高屋方面出入口
5 黒瀬IC 県道34号矢野安浦線 20.5
6 郷原IC 県道66号呉環状線 24.1 呉市
7 阿賀IC 国道185号 32.8

歴史[編集]

参考資料

年表[編集]

  • 1987年昭和62年)6月30日 : 高規格幹線道路決定。
  • 1989年平成元年)8月8日 : 基本計画決定。
  • 1990年(平成2年)11月19日 : 都市計画決定。
  • 1991年(平成3年)度 : 高屋JCT - 馬木ICを広島県が事業化。
    • 12月3日 : 高屋JCT - 馬木ICの整備計画決定。
  • 1993年(平成5年)度 : 馬木IC - 阿賀ICを広島県が事業化、国直轄へ移行 (全線 32.8 km) および高屋JCT - 馬木ICの用地着手。
    • 7月 : 馬木IC - 阿賀ICの整備計画決定。
    • 7月30日 : 馬木IC - 阿賀ICの整備計画決定。
  • 1995年(平成7年)4月 : 高屋JCT - 馬木ICの工事着手。
  • 1997年(平成9年) : 郷原IC - 阿賀ICの用地着手。
  • 1999年(平成11年) : 高屋JCTの工事着手。山陽自動車道の下を横断する形で計画される。
  • 2000年(平成12年)3月 : 郷原IC - 阿賀ICの工事着手。
  • 2002年(平成14年) : 馬木IC - 郷原ICの用地着手。
  • 2005年(平成17年)2月28日 : 都市計画変更。
  • 2007年(平成19年)
    • 9月 : 馬木IC - 郷原IC間工事着手。
    • 11月3日 : 上三永IC - 馬木IC間 (7.3 km) が開通(暫定2車線)。
  • 2010年(平成22年)3月14日 : 高屋JCT - 上三永IC (4.4 km) が開通(暫定2車線)。
  • 2012年(平成24年)4月1日 : 黒瀬IC - 阿賀IC (12.3 km) が開通(暫定2車線)。
  • 2013年(平成25年)6月11日 : 大多田ICの設置を国土交通大臣が許可[3]
  • 2015年(平成27年)3月15日 : 馬木IC - 黒瀬IC (8.8 km) が開通(暫定2車線)[4][5]。全線開通。
  • 2016年(平成28年)11月30日 : 馬木IC - 黒瀬IC間に追加設置されるICの名称が「大多田IC」に正式決定[6]
  • 2017年(平成29年)4月9日 : 大多田IC供用開始[7]

今後の計画[編集]

  • 阿賀ICが平面交差となっており、渋滞が発生していることから、交通量の特に多い呉方面へ向かう車線の立体交差化を行う予定[8]

路線状況[編集]

トンネル[編集]

  • 岩山トンネル(黒瀬IC - 郷原IC):1,172 m[9]
  • 揚山トンネル(郷原IC - 阿賀IC):1,053 m[10]
  • 横路トンネル(郷原IC - 阿賀IC):1,806 m[10]

トンネルの数[編集]

暫定2車線の対面通行のため、上下線で1本のトンネルとなっている。

区間 上り線 下り線
高屋JCT - 上三永IC 1
上三永IC - 下三永福本IC 1
下三永福本IC - 馬木IC 0
馬木IC - 大多田IC 1
大多田IC - 黒瀬IC 1
黒瀬IC - 郷原IC 1
郷原IC - 阿賀IC 4
合計 9

交通量[編集]

24時間交通量(台) 道路交通センサス 

区間 平成27(2015)年度
高屋IC/JCT - 上三永IC 09,677
上三永IC - 下三永福本IC 09,637
下三永福本IC - 馬木IC 13,025
馬木IC - 大多田IC 13,275
大多田IC - 黒瀬IC
黒瀬IC - 郷原IC 13,132
郷原IC - 阿賀IC 14,783

(出典:「平成27年度全国道路・街路交通情勢調査」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

接続する高速道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 東広島呉道事業概要 国土交通省中国地方整備局広島国道事務所,2017年3月21日閲覧。
  2. ^ 再評価結果(平成29年度事業継続箇所)国土交通省 2017年3月21日閲覧。
  3. ^ 追加インターチェンジ(無料区間)一覧 (PDF)国土交通省道路局 2013年6月11日付プレスリリース、同日閲覧)
  4. ^ “馬木 (うまき) IC 〜 黒瀬 (くろせ) IC間が平成27年3月15日(日)に開通します!” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省中国地方整備局 広島国道事務所, (2015年1月26日), http://www.cgr.mlit.go.jp/hirokoku/p_release/pdf/2014press/150126toukure_kaitsuu.pdf 2015年2月1日閲覧。 
  5. ^ “東広島呉道路が3月15日全線開通”. 中国新聞 (中国新聞社). (2015年1月27日). http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=125188&comment_sub_id=0&category_id=112 2015年2月1日閲覧。 
  6. ^ 【東広島・呉自動車道】追加インターチェンジ名称決定のお知らせ 〜「大多田IC」に決定〜 (PDF)”. 国土交通省中国地方整備局 広島国道事務所 (2016年11月30日). 2016年12月2日閲覧。
  7. ^ 東広島・呉自動車道に大多田IC(県道吉川大多田線)が開通します(予定)!”. 広島県 (2017年2月17日). 2017年2月17日閲覧。
  8. ^ [1] - 中国地方整備局
  9. ^ 国道375号(東広島呉道) 岩山トンネル - 佐藤工業
  10. ^ a b “広報「くれこく」第35号 平成16年7月10日発行” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省中国地方整備局 広島国道事務所, (2004年7月10日), https://www.cgr.mlit.go.jp/hirokoku/p_r_magazine/kurekoku/pdf/kure_200407_2.pdf 2018年3月3日閲覧。 

関連項目[編集]