東広樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
東 広樹 Football pictogram.svg
名前
愛称 アズさん
カタカナ アズマ ヒロキ
ラテン文字 AZUMA Hiroki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1982年4月28日(34歳)
出身地 京都府
身長 163cm[1]
体重 62kg[1]
選手情報
ポジション DF
ユース
1998-2000
2001-2004
京都パープルサンガユース
阪南大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005 愛媛しまなみFC
2006 FC Mi-OびわこKusatsu
監督歴
2008 MIOびわこ草津
2011-2014 MIOびわこ草津 / MIOびわこ滋賀
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

東 広樹(あずま ひろき、1982年4月28日 - )は、京都府出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

来歴[編集]

選手時代[編集]

主にサイドバックでプレー。

京都パープルサンガユース、阪南大学を経て、2005年に四国サッカーリーグの愛媛しまなみFC(現・FC今治)に加入。背番号は2。 その後、「仕事が忙しくサッカーに全然集中できなかった」ため、1年で同チームを辞める。

2006年に、佐川急便京都サッカー部を母体として滋賀県に移転したばかりのFC Mi-OびわこKusatsu(現・MIOびわこ滋賀)に移籍。背番号は6。

指導者時代[編集]

2006年に現役を引退し、2007年よりFC Mi-OびわこKusatsuのコーチに就任。中尾幸太郎戸塚哲也平岡直起と監督が変わる中、選手と監督のつなぎ役として貢献する。

チームがJFLに昇格した2008年9月に平岡直起の解任を受け、チームの監督代行に就任する。代行とはいえ、26歳(当時JFL最年少監督)、C級指導者ライセンスでのJFL監督就任は異例といえる。9試合を指揮し、2勝2分5敗。守備が崩壊していたチームを、終盤5試合は4失点と立て直した。

2009年、和田治雄の監督就任に伴い、再びコーチへ。この年に日本サッカー協会公認B級指導者ライセンスを取得。

2010年10月、和田治雄の解任を受け、再び監督代行に就任。6試合を指揮し、5勝1分。残留争いをしていたチームは優勝決定直後のガイナーレ鳥取を5-0で破るなど無敗でJFL残留を成し遂げた。

2011年も引き続き監督を続投。初めて年間を通して指揮するも、前年から多くの選手が入れ替わったチームは苦戦。チーム歴代最多の65失点を喫し13位。

2012年は、運動量の多いハイプレス戦術が浸透し、8位でシーズンを終えた。

2014年7月、MIOびわこ滋賀監督を退任し、同クラブ強化部長補佐兼任コーチに就任[2]

指導者としての特徴・エピソード[編集]

  • 運動量を重視し、ハイプレスで奪ってからのショートカウンターを基本としている。
  • 2012年は成果は残したもののスターティングメンバーを固定しがちで「レギュラーとサブ組に大きな差が出来てしまった」と話し、2013年は「練習で好調な選手を使っていく、これまでの結果は関係ない」と選手起用に柔軟な姿勢を見せている。
  • JFL監督としては異例の若さであり、紅白戦などでは選手に混ざってプレーすることもある。2012年までは自身よりも年上の選手がチームにいる状態が続いていた。
  • MIOのJFL昇格以来、アウェイ遠征や練習試合の際は自ら選手バスを運転していることが多い。

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 2006年時
  2. ^ “東広樹監督役職変更、および川島弘治監督就任のお知らせ” (プレスリリース), MIOびわこ滋賀, (2014年7月18日), http://www.miobiwako.com/app/Blogarticleview/index/ArticleId/110 2014年7月18日閲覧。 

関連項目[編集]