東御市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
とうみし ウィキデータを編集
東御市
Unno-juku 2019-05 2.jpg
東御市旗 東御市章
東御市旗 東御市章
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
市町村コード 20219-3
法人番号 2000020202193 ウィキデータを編集
面積 112.37km2
総人口 29,101[編集]
推計人口、2021年6月1日)
人口密度 259人/km2
隣接自治体 上田市小諸市佐久市北佐久郡立科町
群馬県吾妻郡嬬恋村
市の木 胡桃(クルミ)
市の花 レンゲツツジ
市の蝶 オオルリシジミ
東御市役所
市長
[編集]
花岡利夫
所在地 389-0592
長野県東御市県281-2
北緯36度21分33.8秒 東経138度19分49.4秒 / 北緯36.359389度 東経138.330389度 / 36.359389; 138.330389座標: 北緯36度21分33.8秒 東経138度19分49.4秒 / 北緯36.359389度 東経138.330389度 / 36.359389; 138.330389
Tomi city office.jpg
東御市役所
外部リンク 公式ウェブサイト

東御市位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト

東御市(とうみし)は、長野県の東部(東信地方)にあるである[1]。市名は、合併した東部町の「」と北御牧村の「」の各1文字を取ったもの。10月3日は「東御の日」[2]

市民憲章[編集]

2006年10月3日に東御市民憲章が制定された[3]

東御市は、烏帽子、蓼科をはじめとした雄大な山並み、千曲の清流がおりなす豊かな風土と長い歴史に育まれた美しいまちです。自然の恵みをうけた郷土は、先人たちの英知とたゆまぬ努力によって築かれました。 わたしたちは、このまちに生きることに歓びと誇りをもち、未来(あした)に輝くまちをつくるため、ここに市民憲章を定めます。

1、自然を大切にし、環境と調和した美しいまちをつくります。
1、ともに支えあい、健やかで安心して暮らせるまちをつくります。
1、思いやりの心をもち、子どもたちがのびやかに育つまちをつくります。
1、芸術や伝統に親しみ、文化の薫るまちをつくります。
1、活力ある産業を育み、若者がつどう豊かなまちをつくります。

地理[編集]

標高約500 - 1000メートルにかけて市街地が広がる。

自然[編集]

[4]

  • 山:烏帽子岳、湯ノ丸山、東篭ノ登山、西篭ノ登山、三方ヶ峰、大室山
  • 河川:千曲川、平沢川、大石沢川、西沢川、所沢川、所沢西川、祢津東川、針ノ木川、求女川、三分川、金原川、成沢川、笠石川、鹿曲川、小相沢川、番屋川、芦田川、桜沢川、西川、大星川、御堂沢川、市坂川、中村川、六ヶ沢川、菖蒲沢川、居泊沢川、梨木沢川

気候[編集]

ケッペンの気候区分では西岸海洋性気候に属する。地域差も大きいが全般に冬の冷え込みは非常に厳しく、最も寒い時期で-10~-15℃前後にまで冷え込むこともある。一方、夏は朝晩を中心に冷涼で過ごしやすいが、標高が下がるほど日中は暑くなる。降雪量は少ない。以下は東御アメダス(標高958メートル)の観測値である。より標高の低い市役所(標高533メートル)付近は、上田アメダス(標高502メートル)や佐久アメダス(標高683メートル)の観測値に近い。

東御の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C°F 2.4
(36.3)
3.0
(37.4)
7.4
(45.3)
14.6
(58.3)
19.6
(67.3)
22.6
(72.7)
26.1
(79)
27.5
(81.5)
22.8
(73)
16.8
(62.2)
11.4
(52.5)
5.7
(42.3)
15.0
(59)
平均最低気温 °C°F −7.4
(18.7)
−7.3
(18.9)
−3.9
(25)
1.9
(35.4)
7.3
(45.1)
12.4
(54.3)
16.6
(61.9)
17.4
(63.3)
13.3
(55.9)
6.2
(43.2)
0.5
(32.9)
−4.4
(24.1)
4.4
(39.9)
降水量 mm (inch) 27.7
(1.091)
35.2
(1.386)
59.3
(2.335)
60.2
(2.37)
89.5
(3.524)
121.3
(4.776)
149.7
(5.894)
114.8
(4.52)
159.0
(6.26)
93.1
(3.665)
44.5
(1.752)
25.4
(1)
979.6
(38.567)
出典:気象庁[5]

隣接している自治体[編集]

地区[編集]

東御市は田中(たなか)地区、滋野(しげの)地区、祢津(ねつ)地区、和(かのう)地区、北御牧(きたみまき)地区の5地区が存在する[6]

区名[編集]

出典:[6]

  • 田中地区
    • 加沢、常田、田中、県、本海野、西海野、白鳥台、城ノ前
  • 滋野地区
    • 赤岩、片羽、桜井、大石、中屋敷、別府、原口、聖、乙女平、王子平
  • 祢津地区
    • 新張、出場、金井、新屋、東町、西宮、姫子沢、湯の丸、滝の沢、鞍掛自治区、祢津南、伊勢原、奈良原、リードリーくらかけ
  • 和地区
    • 東上田、田沢、大川、栗林、海善寺、曽根、東深井、西深井、西入、東入、日向が丘、海善寺北、寺坂、睦
  • 北御牧地区
    • 上八重原、田楽平、中八重原、下八重原、芸術むら、白樺、切久保、八反田、本下之城、田之尻、宮、畔田、御牧原南部、御牧原北部、布下、常満、島川原、大日向、光ヶ丘、羽毛山、牧ヶ原

最高地、最低地[編集]

  • 最高地:2,228メートル(東篭ノ登山 山頂)[6]
  • 最低地:470メートル(千曲川西海野地籍)[6]

人口[編集]

  • DID人口比は17.1%(2015年国勢調査)。
Population distribution of Tomi, Nagano, Japan.svg
東御市と全国の年齢別人口分布(2005年) 東御市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 東御市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

東御市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

内訳は田中地区9,082人、滋野地区5,183人、祢津地区4,974人、和地区6,133人、北御牧地区4,740人(令和元年10月1日)[7]

歴史[編集]

  • 2002年(平成14年)12月10日〜2003年(平成15年)1月10日 - 名称の公募を行う。東御市(7,038票)、東信濃市(6,371票)、美駒市(4,014票)、御牧野市(2,071票)、湯の牧市(3,672票)により東御市に決定する[8]
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 小県郡東部町北佐久郡北御牧村が合併して発足した。発足時の人口は約32,150人(旧東部町の人口26,422人 世帯数9,124世帯、旧北御牧村人口5,728人 世帯数1,774世帯)であった。
  • 2006年(平成18年)
    • 東御の日、市民憲章、市花、市木、市蝶制定[9]
    • 丸山晩霞記念館開館[9]
  • 2010年(平成22年)助産所とうみ開所、エフエムとうみ開局[9]
  • 2012年(平成24年)
    • 8月13日 - 東御市役所新庁舎がオープン[10]
    • 新図書館開館[9]
  • 2013年(平成25年)東部子育て支援センター開所[9]
  • 2014年(平成26年)海野宿滞在型交流施設「うんのわ」オープン[9]
  • 2015年(平成27年)市道田中・西海野線「海野バイパス」全線開通[9]
  • 2016年(平成28年)東御市民祭りが「雷電まつり」に改称され、初開催[9]
  • 2017年(平成29年)湯の丸高原スポーツ交流施設竣工[9]

行政[編集]

市長[編集]

氏名 就任年月日 退任年月日
初代 土屋哲男 2004年4月25日 2008年4月24日
2-5代 花岡利夫 2008年4月25日 現職

市役所[編集]

北御牧総合支所
  • 東御市役所(東御市県281番地2、北緯36度21分 東経138度20分、海抜533メートル)[11][12]
  • 東御市北御牧総合支所(東御市大日向337番地) - 旧北御牧村の区域を所管[13]

組織は市長・副市長・教育長、総務部、企画振興部、市民生活部、健康福祉部、福祉事務所、産業経済部、都市整備部、会計管理者、市民病院、教育委員会事務局、議会事務局、監査委員事務局、公平委員会、農業委員会、土地開発公社、選挙管理委員会の17の部類からなる[14]

子育て支援センターがあり、一階に子育て支援係、二階に保育係がある[15]

立法[編集]

市議会[編集]

  • 定数:17人(任期 2020年11月21日 - 2024年11月20日)[16]
  • 議長:長越修一[16]
  • 副議長:佐藤千枝[16]
会派別議員数[17]
会派名 議席数
さわやかな風の会 9
東翔の会 4
日本共産党 2
公明党 2

長野県議会(東御市選挙区)[編集]

  • 定数:1人
  • 任期:2019年(平成31年)4月30日 - 2023年(令和5年)4月29日
  • 石和大(無所属)

衆議院[編集]

選挙区 議員名 党派名 当選回数 備考
長野県第3区上田市小諸市佐久市千曲市東御市南佐久郡北佐久郡小県郡埴科郡 井出庸生 希望の党→無所属 3 選挙区

経済[編集]

農業[編集]

工業[編集]

本社機能を置く主な企業[編集]

主力工場を置く主な企業[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

  • 日本の旗東京都大田区 - 1996年(平成8年)9月20日に東部町と友好都市提携。合併により2004年(平成16年)11月に東御市と友好都市提携を再締結。
  • 日本の旗新潟県上越市(旧西頸城郡名立町) - 旧北御牧村の友好都市で、地域間交流を継続。

海外[編集]

  • アメリカ合衆国の旗 オレゴン州マドラス市アメリカ) - 旧北佐久郡北御牧村と友好都市提携。東御市として姉妹都市提携を再締結。
  • アメリカ合衆国の旗 カリフォルニア州リードリー市(アメリカ) - 1996年(平成8年)9月20日締結。東部町発足40周年記念で、姉妹都市提携を行った。合併後も提携は続いたが、リードリー市の都合により2004年(平成16年)12月3日に姉妹都市提携を解消した。

地域[編集]

健康[編集]

医療施設[編集]

郵便[編集]

集配郵便局 東御郵便局、北御牧郵便局
無集配郵便局 和郵便局、滋野郵便局、祢津郵便局、本海野郵便局
簡易郵便局 加沢簡易郵便局、島川原簡易郵便局、新張簡易郵便局

生活[編集]

公園[編集]

教育[編集]

専門学校
高等学校
中学校
小学校

図書館・公文書館[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

田中駅
しなの鉄道
中心となる駅:田中駅

また北陸新幹線JR東日本)が佐久平駅 - 上田駅間で当市を通過しているが、殆どがトンネル区間である。

バス[編集]

道路[編集]

東部湯の丸サービスエリア

名所・旧跡・観光スポット・文化財[編集]

海野宿
湯の丸スキー場からみた、湯の丸高原、正面は湯の丸山

文化財[編集]

出典:[6]

  • 国指定
    • 戌立石器時代住居跡、春原家住宅、海野宿、児玉家住宅
  • 県指定
    • 山浦真雄宅跡、中曽根親王塚古墳、宮ノ入のカヤ、石造龕、木造阿弥陀三尊像、旧和学校校舎、西宮の歌舞伎舞台、東町の歌舞伎舞台、宮入法廣、東御市羽毛山・加沢産アケボノゾウ化石群
  • 市指定
    • 廃海善寺石塔基礎、百体観音石造町石、力士雷電生家、鍋蓋砦跡、八重原堰・黒沢嘉兵衛関連史跡、外山城跡、玉の井霊泉、野馬除跡、黒槐の木、布岩、塚穴古墳、金井の火まつり、児玉山古墳群、祢津城山、君塚古墳跡、下之城跡、御小嬢穴、四ツ京塚、立野萱沢入窯跡、縁切地蔵、二子塚古墳、王墳古墳、有津倉のお念仏、拈笑宗英禅師頂相、白鳥神社社叢、石尊さまの納め刀、祢津お姫様巨石、常田の剣持道祖神、田中の石造仁王像、片羽八幡水、宮嶽山陵神社水石、横山西の塚古墳、姫子沢の宝篋印塔、西町の市神、祢津陣屋、狐山古墳、木造百体観音像、杏葉等、桜坂偃月刀橋及び碑、姫子沢の延命地蔵尊、田中の勝軍地蔵、八間石、針ノ木沢湧水、八幡木逆修塔、大日堂、大日堂の算額、加沢の念仏講、新屋の十王石像、桜井神社本殿彫刻、東町歌舞伎保存会、滋野(片羽)稲荷神社の皀筴、大石沢の目鏡橋、西峰古窯、親経塚、アケボノゾウ化石、両羽神社太刀、両羽神社経筒、オオルリシジミ、両羽神社神像、両羽神社太鼓、旧桜井村茶屋本陣、白鳥神社本殿、新海神社本殿、トキ剥製、新屋遺跡の仮面土偶、古屋敷遺跡の筒形土偶、大神宮の大桜、大川遺跡第14号住居址出土縄文土器、久保在家遺跡第18号住居址出土縄文土器・土偶

祭事・催事[編集]

  • 東御市子どもフェスティバル - 東御中央公園で開催されるイベント。
  • 巨峰の王国まつり - 東御中央公園で開催されるイベント。
  • 東御市民まつり - 田中商店街で開催されるイベント。
  • 火のアートフェスティバル-八重原で開催されているアートのお祭り。10月ごろに開催。北御牧村より20年以上続いている。市民による陶器市や食べ物市、ワークショップの開催、2016年より現代アート作品の展覧会(天空の芸術祭)も同時期に行われている。

著名な出身者[編集]

雷電爲右エ門

備考[編集]

全国難読市ランキングで東御市が首位となった[21]

脚注[編集]

  1. ^ 東御市の概要 東御市 2021年3月27日閲覧。
  2. ^ 東御の日”. 東御市 (2006年10月3日). 2019年5月4日閲覧。
  3. ^ 東御市民憲章
  4. ^ 東御市の統計2018年 東御市 企画振興部 企画振興課
  5. ^ 東御 1981-2010年”. 気象庁. 2011年10月18日閲覧。
  6. ^ a b c d e 東御市の統計2019(令和元年度版)
  7. ^ 東御市の統計2019
  8. ^ 東部町・北御牧村合併協議会だより 2003年6月18日 号外
  9. ^ a b c d e f g h i 東御市 市勢要覧 2019
  10. ^ 最近の東御市の取り組み(2013年版)
  11. ^ 東御市役所の位置を定める条例”. 東御市 (2004年4月1日). 2019年5月4日閲覧。
  12. ^ 市の面積等”. 東御市 (2014年10月1日). 2019年5月4日閲覧。
  13. ^ 東御市北御牧総合支所設置条例”. 東御市 (2004年4月1日). 2019年5月4日閲覧。
  14. ^ 東御市の組織一覧
  15. ^ 子育て支援課
  16. ^ a b c 委員会名簿 東御市役所 2021年6月11日閲覧。
  17. ^ 市議会議員の紹介 東御市役所 2021年6月11日閲覧。
  18. ^ 長野県公式ホームページ 長野県の日本一(2012年7月29日閲覧。)
  19. ^ 東御市都市公園条例”. 東御市 (2018年3月30日). 2019年5月4日閲覧。
  20. ^ 「東御市文書館」について”. 国立公文書館. 2019年7月20日閲覧。
  21. ^ 全国難読市ランキング、長野県東御市が首位 日本経済新聞 2019年9月12日配信 2021年7月15日閲覧。

関連項目[編集]