東急スポーツオアシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社東急スポーツオアシス
Tokyu Sports Oasis, Inc.
オアシスRAFEEL恵比寿.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
107-0062
東京都港区南青山2-6-21 TK南青山ビル
設立 1985年10月24日
業種 サービス業
法人番号 1011001035462
事業内容 フィットネスクラブの企画・運営、フィットネス関連事業の企画・運営、温浴施設の運営
代表者 平塚 秀昭(代表取締役社長
資本金 1億円
売上高 163億円(2016年3月31日現在)
従業員数 324名(2016年3月31日現在)
決算期 3月末日
主要株主 東急不動産株式会社 100%
外部リンク http://www.sportsoasis.co.jp/co/
テンプレートを表示

株式会社東急スポーツオアシス(とうきゅうすぽーつおあしす)は、会員制フィットネスクラブ温浴施設を運営する東急不動産のグループ会社。

概説[編集]

会員制フィットネスクラブ「オアシス」31店舗を経営している。スーパー銭湯「ざぶん」を2店舗運営していたが、東急不動産が2009年2月に相鉄不動産販売に売却した。

特徴として、日本の大手チェーンと違い、地域の市場に合ったクラブ造りを目指しており、各店舗とも同じデザインでは作られていない。色や、施設アイテム、価格設定までその地域の市場に合うように工夫されているのが特徴である。開業当時から、質やサービスを重視する傾向があり、東急不動産グループの質にこだわる社風が生かされている。

人材に関する特徴として、役員レベルの人材は、東急不動産グループからの出向社員が多く、店舗の責任者やそれを統括する部長レベルの社員は、オアシスが採用、育成した社員が登用されている。オアシスの社員は、外部のスポーツクラブ経営会社からの中途採用は少なく、長い期間社内で育成されたベテランスタッフが店舗運営をしており、ある意味純血な運営体制で独自の会社文化を形成している。

TOKYUポイント加盟店。

沿革[編集]

  • 1985年10月24日  東急不動産(株)の会員制フィットネスクラブの運営委託を目的に、(株)東急スポーツオアシスを設立。
  • 1987年5月 東京支社を開設。
  • 1989年3月 東京支社が(株)東急スポーツオアシス東京として独立。
  • 2000年10月 (株)東急スポーツオアシスと(株)東急スポーツオアシス東京が合併
  • 2006年4月1日 東急不動産(株)の会員制フィットネスクラブ事業部門を会社分割し、(株)東急スポーツオアシスに承継。東急不動産(株)の温浴施設の運営開始。

組織[編集]

  • 本社:東京都 品川区 西五反田4-32-1 東京日産西五反田ビル2号館 4階
  • 大阪支店:大阪市中央区森ノ宮中央2-1-70もりのみやキューズモールBASE内2階

フィットネスクラブ東急スポーツオアシス店舗[編集]

閉鎖した店舗[編集]

  • 赤坂店(東京都港区) - 2009年3月末
  • 塚口店(兵庫県)
  • 香里園店(大阪府)
  • 天王寺店(大阪府)
  • 広島駅アルフェ店(広島県広島市)

関連項目[編集]

関連ブランド[編集]