東急ハンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
株式会社東急ハンズ[1]
TOKYU HANDS INC.
ShinjukuEastside03.JPG
本社が入居する新宿イーストサイドスクエア
種類 株式会社
略称 ハンズ、TH
本社所在地 日本の旗 日本
160-0022
東京都新宿区新宿六丁目27番30号
設立 1976年昭和51年)8月28日[1]
業種 小売業
法人番号 5011001016616 ウィキデータを編集
事業内容 都市型ホームセンターおよび専門店の展開
代表者 木村成一代表取締役社長)
資本金 4億円
売上高 950億1600万円(2020年03月31日時点)[2]
営業利益 2億0400万円(2020年03月31日時点)[2]
経常利益 1億2400万円(2020年03月31日時点)[2]
純利益 ▲17億7800万円(2020年03月31日時点)[2]
純資産 104億7600万円(2020年03月31日時点)[2]
総資産 356億4900万円(2020年03月31日時点)[2]
従業員数 2,815人(2018年4月1日現在)
決算期 3月末日
主要株主 東急不動産ホールディングス 100%
関係する人物 吉浦勝博(元社長)
外部リンク https://www.tokyu-hands.co.jp/company/
テンプレートを表示

株式会社東急ハンズ(とうきゅうハンズ、: TOKYU HANDS INC.)は、大都市を中心にホームセンター雑貨店をチェーン展開する企業。東急グループに属し、東急不動産ホールディングスの傘下にある。TOKYUポイント加盟店。

ブランド・ステートメントは「ここは、ヒント・マーケット。」。

来店客やメディアでは「ハンズ」と略称されることも多い[3]

概要[編集]

東急ハンズは、住まいと生活に関連する商品を多く取り扱う、市街地立地型のホームセンター。生活雑貨を主体とした細かな品揃えを特徴としており、郊外立地型のホームセンターのような大型商品の陳列は少数にとどめている。カーナビなどでは「デパート」に分類されている場合もある。

取り扱う品目は非常に多岐にわたる。家庭で使う食器・調理器具、掃除・洗濯・風呂用品、寝具、文具、インテリアのほかファンシーショップ、バラエティーグッズの店としても知られる。また、プロが利用するような特定業界向けの工具や素材・材料類を工作マニア向けに提供する機能も担う。他にもからシルバーアクセサリー手品の小道具などといったパーティーグッズまで幅広いジャンルの商品が並び、東急ハンズで扱ったことがきっかけで流行になった商品も多い。

こうした高機能の商品を初心者が使用するにあたって、的確なアドバイスが行えるスタッフを充実させ、顧客層を開拓する戦略も採っている。商品についてメーカー各社の品揃えや使用方法や応用に精通する店員が詳細に案内・実演したり、商品を探す顧客からの問い合わせや取り寄せ依頼に対応したりする点でも、他店との差別化を図っている。

売れ筋に絞らず多様な商品を並べることで「ついで買い」を促したり、新しい発見を求めて来店する顧客を呼び込んだりして、売り上げを増やすロングテール戦略で知られる[4]

このほか店頭を介さない販売形態として、ネットストア(商品点数約7万種類)を運営しているほか、法人営業部が企業向けなどに商品の販売やオーダーメイド調達を請け負っている。後者では、外国企業を含めて1万6000社以上の製品について約9600社の取引先から情報を集め、100万種類以上の商品を提案可能としている[5]

歴史[編集]

東急ハンズ渋谷店(東京都渋谷区

東急ハンズは1976年(昭和51年)8月に会社設立[6]東急不動産が遊休地利用を図るため、新規事業として浜野安宏の提案によりホームセンター事業に参入した。同年11月、神奈川県藤沢市に第1号店の藤沢店を開店[6]。翌1977年11月には2号店として東京都世田谷区二子玉川二子玉川店を開店した[6](両店舗の詳細については#過去に存在した店舗を参照)。

1978年(昭和53年)9月、東京都渋谷区宇田川町旗艦店となる渋谷店を開店[6]。東急ハンズの特徴であるワンフロアごとに同系商品を展開する店舗形態は、渋谷店に起源を持つ。もともと渋谷店の敷地(1973年まで、現在は目黒区五本木にある日本聖公会聖パウロ教会があった[7])は、東急不動産が長年所有していた土地であったが、オルガン坂と呼ばれる坂道に面した狭い区画で、一般的な業態の店舗のビルが建てにくい状態であった。この傾斜地を逆に利用し、周囲の道路の高さに店の出入口を合わせて3種類のフロア高さを設定(スキップフロア)し、「A」「B」「C」のアルファベットの併用で各階を表示(「6B」=「6階Bフロア」等)するとともに、各フロア間を階段が回廊状に結ぶ構造とした。この工夫によって、小規模なフロアごとに1つの分野の商品群を展開するとともに、1つのフロアから他のフロアへ見通しを持たせることで来店者の期待感を高め、回遊を促すフロア構成になっている(その後1988年3月に開店した三宮[6]も、同じく傾斜地に建てられたため同様の構造となっている)。

それまで見たことはあっても、入手手段さえわからなかったような工芸用道工具類や金属材料・樹脂材料などが「場違い」と言える都会の商業地で小ぎれいな店頭に並べられ、適量に小分けして販売される様子は一種のカルチャーショックを与え、東急ハンズ渋谷店は渋谷の新名所として知られるようになった。

東急ハンズのこうした販売スタイルは郊外型ホームセンターなどが個人向けの品揃えを重視する先陣を切ることとなった。また東急ハンズの成功を受けて1980年代には、旧セゾングループ(現:そごう・西武子会社)のロフト1987年に渋谷(西武百貨店渋谷店の隣)に出店、1985年には京王グループ京王アートマンが会社設立(1号店出店は翌1986年聖蹟桜ヶ丘店)するなど、東急ハンズの業態に影響された大型雑貨店チェーンが誕生する契機となった。

1983年10月には関西初の店舗となる江坂店、多摩地域初の店舗となる町田店を開店[6]、翌1984年10月には池袋店を開店している[6]

首都圏各地で高い集客力を見せた東急ハンズのブランド力は、地方都市においても注目された。地方中核都市では再開発事業で新たに建設される複合ビルのキーテナントとして出店を打診されることがあり、業態の特性から広大な商圏人口が必要とされるためその出店は限られていたが、1990年代より地方中核都市への出店を開始。1995年10月に広島店、1998年3月に札幌店が開店した[6]。並行して三大都市圏での出店も進め、1990年9月に横浜店、1996年10月に新宿店、1999年3月に心斎橋店を開店[6]2000年3月には中京地区初の店舗として名古屋店(フランチャイズ店舗)が開店した[6]

その後、古参店舗である藤沢・二子玉川・渋谷の3店舗には大きな変化があった。2006年には1号店・2号店が相次いで閉店し、1号店である藤沢店は2006年12月31日をもって閉店となり、2号店の二子玉川店も2006年6月に二子玉川駅周辺再開発と二子玉川ライズ建設のため閉店した。3号店の渋谷店が入居する「西渋谷東急ビル」は、開店当初は東急ハンズの自社物件だったが、土地建物は2006年11月に筆頭株主の東急不動産が匿名組合出資する特別目的会社への売却を経て、2007年1月31日付で東急不動産が組成する商業ファンド特別目的会社「合同会社アルカディア3」へ売却され、以後は同社から東急ハンズが建物を賃借して営業が継続されている。

2000年代以降は新業態の店舗出店も進めている。2002年3月にはセレクトショップ業態の「ハンズセレクト」1号店として「ハンズセレクト青葉台店」を青葉台東急スクエア(2000年11月1日開業)に出店(2011年9月、「ハンズ ビー青葉台東急スクエア店」に業態変更)[6]。雑貨店業態の小型店舗「ハンズ ビー」ブランドは2008年6月開店の「ハンズ ビー 札幌ステラプレイス店」(2019年3月閉店)から使用され、2010年2月にはたまプラーザテラス東急百貨店たまプラーザ店1階に「ハンズ ビー たまプラーザ店」が出店。2010年代以降は首都圏を中心に、商業ビルのテナントとして急速に出店を拡大した。

2010年代以降は、東急プラザフレルなど東急グループの商業施設はもちろん、東武百貨店池袋店(2017年9月閉店)、グランデュオアトレJR東日本)、京急ショッピングプラザ ウィングEmio西武鉄道)、トリエ京王調布京王電鉄)、相模大野ステーションスクエア小田急電鉄)など、東急グループ以外の鉄道会社系列の商業施設にも積極的に出店を進めている[6]。。

その他の新業態として、2004年11月には、提案型ルームセンター「ホーミィルーミィ (homeyroomy) 」1号店としてららぽーと船橋に「ホーミィルーミィ船橋店」を開店。広いワンフロアのみのテナント店舗として営業していたが、2009年4月1日より通常の東急ハンズ店舗に業態転換した[6]。なおららぽーとへの出店はその後も続き、2006年10月には東急ハンズららぽーと豊洲店、2007年3月には東急ハンズららぽーと横浜店が開店した[6]。また2011年4月に開店した東急ハンズ梅田店に、東急ハンズでは初となるカフェ業態の「ハンズカフェ」を併設、その後も各地でカフェ出店を続けている[6]

2014年10月10日二子玉川ライズ・ショッピングセンタービームスとのコラボによる新業態「ワークハンズ (WORK HANDS) 二子玉川ライズ店」を出店、かつて2号店のあった二子玉川に再出店を果たしたが[8][9]2017年3月26日に閉店している[10][11]

また海外店舗として、2012年4月1日中国へ進出、第1号店を上海梅龍鎮伊勢丹内に出店したが[12]2016年1月に閉店した[6]2019年にはシンガポールに進出、同年4月にジュエル店、同年8月にパヤレバ店を開店した[6]

前述のように東急ハンズは東急不動産グループ傘下に属しており、同社と東急コミュニティー東急リバブルのグループ3社が発行済株式の75%を保有している。かつては東京急行電鉄も25%(360万株)の株式を保有していたが、2004年(平成16年)9月30日付で全ての保有株式を中央三井信託銀行系列の投資事業有限責任組合へ譲渡した。

2013年(平成25年)10月、東急不動産は、東急コミュニティー及び東急リバブルとともに、共同持株会社・東急不動産ホールディングスを設立した。そして2014年(平成26年)4月、東急不動産ホールディングスは3社から株式を取得して、東急ハンズを直接傘下に収めた[13]

1976年の創業以来、本社機能は東京都渋谷区に置かれていたが、2014年7月に新宿区新宿イーストサイドスクエアに本社を移転した[14]

店舗の種類[編集]

各種の店舗ブランドについて述べる。現行店舗の詳細については、公式サイト「店舗一覧」を、過去の店舗については「沿革」を参照。

出店地域[編集]

国内では、以下の25都道府県に出店するが、大半の店舗は首都圏南関東1都3県に集中している。山陰地方・西東北(出羽)地方には出店していない。

海外では、シンガポールで5店舗を展開する(後述の台湾店を除く)。かつては中国上海)にも店舗が存在したが撤退している。

東急ハンズ[編集]

同社の主要ブランド。店舗面積5,000m2前後の大型店舗。

大半の店舗でワンフロアごとに個々の分野の商品群を展開するのが特徴であり、新宿店・名古屋店出店の際は大家でもある髙島屋がワンフロアでの出店を希望したのに対し、わざわざフロアの一部を縦に打ち抜く形の店舗となった(博多店も同様の形態となっている)。一方、北千住店(北千住マルイ内)、高崎店(高崎オーパ内)など、1フロアあるいは2フロアのみの小規模出店となった店舗も存在する。

また、店舗の移転などにより規模縮小となった店舗も存在する。町田店は町田ターミナルプラザのキーテナントから町田東急ツインズ6・7階へ移転した。横浜店は2013年に単独店舗(地上7階・地下1階、売場面積約9000m2)から横浜岡田屋モアーズ(5〜7階、売り場面積約4000m2)に移転し規模縮小した[15]

FC店舗[編集]

静岡県、愛知県、三重県、奈良県、沖縄県に出店している店舗は、すべて地元フランチャイジーによるフランチャイズ (FC) 店舗である。

愛知県と三重県には三重交通グループホールディングス近鉄グループ)のFC店舗が存在する。名古屋市内の2店舗は三交クリエイティブ・ライフのFC店舗で、イオングループの商業施設に出店するイオンモール桑名店(三重県唯一の店舗)と名古屋モゾワンダーシティ店では三交シーエルツーによるFC店舗となっており、他地域の東急ハンズで行われているサービスの一部が利用できない。ただし「HANDS CLUB CARD」のサービスは2012年10月1日より名古屋の2店舗でも開始された。ただし、近鉄グループの本拠地である大阪府と近鉄グループの営業エリアである京都府の店舗ではFC店舗ではなく直営店である。

静岡市内の店舗は、静鉄グループの株式会社静鉄リテイリング(開業〜2017年3月は静鉄プロパティマネジメント株式会社)によるFC店舗である。2011年6月に、フランチャイズ契約パッケージを見直し、全国の地方中核都市を中心にフランチャイズ形態での出店を進めていくことを明らかにした[16]。これを受けて新規開店した東急ハンズ静岡店については、同じくフランチャイズ形態である名古屋市内の店舗と異なり、他地域の東急ハンズ直営店で行われているサービスの利用が可能となっている。また、2014年2月28日開店の「ハンズ ビー 静岡パルシェ店」も東急ハンズ静岡店同様、FC店舗であった。[17]。「ハンズ ビー 静岡パルシェ店」は2017年5月に閉店し、東急ハンズ静岡店が静岡市唯一の店舗となった。

ちなみに、フランチャイズ契約パッケージを見直した上での地方中核都市への出店推進を明らかにしたにもかかわらず、2013年3月に開店した熊本店以降は、奈良店および名古屋モゾワンダーシティ店を除き全て直営店となっている[18][19][20]

ハンズ ビー[編集]

「提案型ライフスタイルショップ」と謳った、売場面積400 - 1000m2(従来標準店舗の約1 - 2割程度)の小型店舗。取扱商品は女性向け雑貨や化粧品などが中心。

2008年(平成20年)6月の札幌ステラプレイス店を皮切りに、これまでに東京都内の中央線沿線を中心に8店舗・神奈川県内に4店舗を開業。
2011年(平成23年)4月27日には、京都マルイ(旧四条河原町阪急跡)の地階に、関西1号店が開業。
2015年(平成27年)6月現在、北海道1店舗、関東18店舗、静岡1店舗、関西1店舗、福岡1店舗を展開。
2018年(平成30年)9月現在、北海道1店舗、関東17店舗、関西3店舗を展開(静岡、福岡の店舗は閉店)。

その他の業態[編集]

アウトパーツ
バッグ&トラベルグッズ専門店。船橋店のみ(閉店)。
トラックマーケット
地方都市の既存商業施設等の中に期間限定で展開。過去にこの形態で出店実績がある地方都市へその後実店舗が進出する例も多い。
ボックスアウトレット
東急ハンズ取り扱い商品のアウトレットショップ。マリノアシティ福岡店のみ(閉店)。
Hands Tailung (台隆手創館)
台湾で氷菓生産・販売等を手がける台隆工業によるフランチャイズ店舗。
2000年(平成12年)に台北市西門町に第一号店を出店。
台北市を中心に12店舗を展開。

販売上の特徴[編集]

2004年4月14日からポイントカード「HANDS CLUB CARD」のサービスを開始している(名古屋市内の2店舗は2012年10月1日よりサービス開始)。代わって、文具フロアで一定価格の購入ごとに配られていた割引チケット(ハンズ文具チケット)が2005年3月31日で使用を終了した(同様に名古屋市内の2店舗は2012年9月30日で終了)。2019年(平成31年)3月6日からdポイントカードに対応し、東急ハンズオリジナルデザインのdポイントカードも発行されている。従来の「HANDS CLUB CARD」との併用も可能[21]。ポイントについては300ポイント以上100ポイント単位での使用となっていたが、2019年11月より1ポイント単位での使用を可能とした。

インターネット通販事業は、以前は楽天などが運営する仮想商店街へのテナント出店にとどめていたが、2005年6月1日から直営のインターネット通販事業「ハンズネット」をサービス開始した。なお「ハンズネット」によるネット直販開始後も、楽天市場への出店は「東急ハンズ 楽天市場店」[22]として継続している。

2019年7月9日バーコード決済サービスに対応。d払い楽天ペイPayPayLINE PayメルペイQUOカードPayゆうちょPayの7種類を一斉導入した[23]

過去に存在した店舗[編集]

他社による模倣店舗[編集]

1985年(昭和60年)春、新潟駅南口近くで再開発商業ビル「プラーカ新潟」3棟がオープンし、プラーカ3の3階には山下家具店が運営する生活雑貨専門店「HANDSON'S(ハンソン)」が出店。その後同社の本店が所在した古町にも出店した。
生活雑貨主体の店舗展開や、親指を立てた店舗ブランドのロゴタイプ、無漂白地に紺のラインを配した紙製ショッピングバッグなど、東急ハンズと類似する点が多々あったが、東急ハンズとの直接的な業務提携等は行われていなかった。山下家具店はその後業績不振によりハンソンの業態からは撤退した。
1984年(昭和59年)秋、那覇タワー(のちのゼファー那覇タワー、2008年閉鎖)内の商業施設「FASHION CITY MAXY」に、生活雑貨専門店「HANDYMAN(ハンディマン)」が出店。この店舗も東急ハンズと類似したロゴタイプを使用していたが、東急ハンズとの直接的な業務提携等は行われていなかった。この店舗はのちに閉店した。
その後、沖縄県では2011年(平成23年)に地元大手スーパーのサンエーが東急ハンズとフランチャイズ契約を締結し、翌2012年(平成24年)夏に開業したサンエー宜野湾コンベンションシティ内のテナントとして県内初の出店を果たしている。

不祥事[編集]

2013年3月13日、神戸地方裁判所は同社に対し、東急ハンズ心斎橋店の従業員(当時30歳)が平成16年3月に突然死したのは月80時間を超える時間外労働が原因だとし、安全配慮義務違反により遺族へ7,800万円の支払いを命じた[25][26]。判決後の同2013年8月に和解が成立、一審原告・被告の双方が控訴を取り下げた。原告側の担当弁護士によれば、和解調印の際に従業員の妻は「夫は子供の頃から東急ハンズを遊び場にするほど好きで、就職難の時期にもかかわらず憧れの東急ハンズに就職できて大変喜んでおり、最期までそういう気持ちで働いていたと思う。会社には従業員のそうした思いを分かってほしい」と訴え、会社側はそれに対し「会社として重く受け止め、今後も従業員の安全管理に配慮したい」とコメントしたという[27]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 流通会社年鑑 2003年版, 日本経済新聞社, (2002-12-20), pp. 1531 
  2. ^ a b c d e f 株式会社東急ハンズ 第45期決算公告
  3. ^ ハンズ新宿店/個性派「店主」がいらっしゃい/寝具・コーヒー・化粧品…『日本経済新聞』朝刊2018年3月2日(東京面)
  4. ^ 和田けんじ『“元祖”ロングテール 東急ハンズの秘密』(日経BP社)2018年4月6日閲覧。
  5. ^ 東急ハンズ 店舗一覧(2018年5月4日閲覧)
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 沿革 東急ハンズ公式サイト
  7. ^ 聖パウロ教会 St. Paul's Church 日本聖公会東京教区
  8. ^ 東急ハンズとビームスのコラボレーションによる新ライフスタイルショップ「WORK HANDS(ワークハンズ)」二子玉川ライズ・ショッピングセンタータウンフロント3階に10月10日(金)オープン 東急ハンズ ニュースリリース、2014年9月25日、2020年1月5日閲覧。
  9. ^ 二子玉に東急ハンズ新業態「ワークハンズ」-初の単独店舗、主婦層へアピール 二子玉川経済新聞、2014年10月10日
  10. ^ 【お知らせ】ワークハンズ二子玉川ライズ店は、2017/3/26(日)をもちまして閉店することとなりました。 東急ハンズ広報 公式Twitter、2017年2月27日、2020年1月5日閲覧。
  11. ^ 【閉店】ワークハンズ二子玉川ライズ店 開店閉店.com、2017年3月11日、2020年1月5日閲覧。
  12. ^ 東急ハンズ中国1号店、4月に上海オープン”. NNA (2012年3月1日). 2012年3月1日閲覧。
  13. ^ 子会社株式配当による株式会社東急ハンズ(孫会社)の子会社化について”. 東急不動産ホールディングス (2014年3月27日). 2014年4月2日閲覧。
  14. ^ 【移転】東急ハンズが新宿に本社移転 - 日経不動産マーケット情報、2014年5月29日
  15. ^ 東急ハンズ横浜店が7月15日に閉店-10月に横浜モアーズ内に再オープン”. ヨコハマ経済新聞 (2013年6月11日). 2014年7月7日閲覧。
  16. ^ 地方中核都市でのFC展開第一弾「東急ハンズ静岡店」 新静岡駅直結の新商業施設「新静岡セノバ」に10月オープン! - 東急ハンズ公式サイト 2011年6月1日
  17. ^ 東急ハンズの専門店「ハンズ ビー」(フランチャイズ形態)「ハンズ ビー 静岡パルシェ店」2014年2月末(予定)オープン!”. 東急ハンズ (2013年12月16日). 2020年6月14日閲覧。
  18. ^ 東急ハンズ熊本店を2013年春に出店 〜ハンズ業態 博多に次ぐ、九州2店舗目〜 - 東急ハンズ公式サイト 2012年10月1日
  19. ^ 東急ハンズ姫路店(仮称)を2013年ゴールデンウィークに出店 〜ハンズ業態 関西エリア6店舗目〜 - 東急ハンズ公式サイト 2012年11月13日
  20. ^ 東急ハンズ 2014年秋に鹿児島、2015年春に大分へ出店 〜ハンズ業態、九州3・4店舗目〜 - 東急ハンズ公式サイト 2013年1月21日
  21. ^ 東急ハンズ、全国で「dポイント」利用可能に”. BIT DAYS (2019年3月4日). 2019年7月12日閲覧。
  22. ^ 東急ハンズ 楽天市場店
  23. ^ 東急ハンズ、コード決済7ブランドを45店舗へ一斉導入”. ITmedia (2019年7月8日). 2019年7月12日閲覧。
  24. ^ 【閉店】ハンズ ビー フレンテ仙川店 開店閉店.com、2018年2月15日。
  25. ^ 過労死認定、東急ハンズに7800万円賠償命令 神戸地裁 日本経済新聞電子版、2013年3月14日、2020年1月5日閲覧。
  26. ^ “「過労死で東急ハンズに7800万円賠償命令 神戸地裁」”. 産経新聞. (2013年3月13日). オリジナルの2013年12月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131225203408/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130313/trl13031321340006-n1.htm 2018年9月23日閲覧。 
  27. ^ 東急ハンズ過労死事件が神戸地裁判決を経て和解解決 弁護士 本上博丈、神戸民法協ニュース第543号。2020年1月5日閲覧。

関連項目[編集]