東急プラザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
東急プラザ 表参道原宿

東急プラザ(とうきゅうプラザ、英称TOKYU PLAZA)は、東急不動産グループが運営する都市型ショッピングセンターである。「東急プラザ」のブランド名は、1961年昭和36年)に自由が丘駅前に「自由が丘東急プラザ」がオープンしたことにはじまる。前に位置している物件が多く、その街のランドマークの一つともなっている。

現在のロゴは、2012年平成24年)4月18日の「東急プラザ表参道原宿」の開業に伴い新しくデザインされたもので[1][2]、同店の開業に合わせて他の東急プラザにも導入された[2]。同時に店舗名称を「東急プラザ+地名」に変更している[2]

概要[編集]

ファッション、飲食店書店カルチャースクール診療所など幅広い業種をテナントとしている。

東急電鉄(現:東急)系の商業施設が自社沿線に事業を集約する傾向にある中、東急不動産のリソースを活かして東急沿線にこだわらず、東京都心を中心に収益性の高い地域に出店している。東急グループホテル東急ホテルズ)内の小規模店舗では「東急プラザ」のブランドを外して営業継続中のものもある。

提携クレジットカードとして、「TOKYU PLAZA CARD プラザプラス/TOP&カード」(DCMasterCard)が発行されている。

現存する店舗[編集]

東急プラザ 渋谷[編集]

  • 所在地 - 東京都渋谷区道玄坂1-2-2
  • アクセス - 渋谷駅西口 徒歩1分
  • 地下2階・地上9階(旧館時代)
    • 旧館時代はムラサキツユクサのシンボルマークが用いられ、店舗の建物にムラサキツユクサを象った重厚な金属製レリーフが掲げられていた。シンボルカラーも淡い紫色であった。
  • 1965年(昭和40年)6月13日 - 「渋谷東急ビル」の名称でオープン。
  • 1969年(昭和44年)11月 - 「渋谷東急プラザ」に名称変更。
  • 2012年(平成24年)4月 - 全店舗での名称統一に伴い「東急プラザ 渋谷」に再度変更。
  • 2015年(平成27年)3月22日[3] - 渋谷駅周辺の再開発に伴う建て替えのため閉館[3]
  • 2019年12月5日[4] - 渋谷フクラスが跡地に開業。東急プラザ渋谷は2~8階、17・18階に入居し営業再開した[4][5]

東急プラザ 蒲田[編集]

  • 1968年(昭和43年)11月1日、「蒲田東急ビル」の名称でオープン。
  • 所在地 東京都大田区西蒲田7-69-1
  • アクセス 蒲田駅と2階で直結。
  • 地下1階・地上7階
  • 屋上プラザランドには観覧車があり、2010年代においては東京都内で唯一営業稼働していた屋上観覧車だったが、2014年3月に「東急プラザ 蒲田」のリニューアル準備の一環として、プラザランド自体が閉園するのに伴い稼働停止した[6]
  • 同2014年10月9日のリニューアルオープンに合わせ、プラザランドが「かまたえん」となり、屋上観覧車は「幸せの観覧車」として復活した[7]
  • 地下1階および2階~5階は、連絡通路にてグランデュオ蒲田西館と直結している。
  • 公道を挟んで隣接する東急ストアも「東急プラザ 蒲田」の一部である。
  • 一時期は「蒲田東急プラザANNEX」と2館構成であった(#過去に存在した店舗を参照)。

東急プラザ 赤坂[編集]

  • 1969年(昭和44年)9月13日オープン
  • 所在地 東京都千代田区永田町2-14-3 赤坂東急ビル
  • アクセス 赤坂見附駅徒歩1分
  • 赤坂東急ビルの地下1階~4階にて営業
  • キャピトル東急ホテルで営業していた「星岡茶寮」の名残をとどめていた中華料理店「星ヶ岡」や、贔屓客の多いコーヒーハウス「オリガミ」は同ホテルが改築工事の間、赤坂東急プラザで営業していた。

東急プラザ 戸塚[編集]

東急プラザ 表参道原宿[編集]

東急プラザ 新長田[編集]

東急プラザ 銀座[編集]

各店舗のギャラリー[編集]

過去に存在した店舗[編集]

前述のとおり、2012年(平成24年)4月18日以降も営業していた店舗は「東急プラザ+地名」に改称されている[2]

自由が丘東急プラザ[編集]

藤沢東急プラザ[編集]

  • 現:藤沢プラザ

本館[編集]

東館[編集]

  • 所在地 神奈川県藤沢市鵠沼東2-3
  • アクセス 藤沢駅徒歩6分

蒲田東急プラザANNEX[編集]

東急プラザ 札幌[編集]

  • 現:レストランプラザ札幌(札幌 東急REIホテル内)
  • 「札幌 東急REIホテル」(旧:東急イン)の地下1階〜地上2階に入居して営業。
  • 1980年(昭和55年)6月1日開業の「札幌東急イン」(現:札幌 東急REIホテル)内に、6月5日オープン。
  • 2010年(平成22年)- 開業30周年を期に「札幌東急プラザ(PLAZA109)」から「札幌東急プラザ」に改称。
  • 2012年(平成24年)- 店舗名統一に伴い「東急プラザ 札幌」と改称。
  • 2015年(平成27年)- 「レストランプラザ札幌」と改称。
  • 所在地 北海道札幌市中央区南4条西5丁目
  • アクセス- すすきの駅徒歩1分

東急プラザ 江坂[編集]

  • 現:カリーノ江坂(新大阪江坂 東急REIホテル内)
  • 「新大阪江坂 東急REIホテル」(旧:東急イン)の低層階に入居し、東急ハンズなどが出店。
  • 通りを挟んだ向かい側に、同じく東急不動産グループ運営の商業施設「江坂オッツ」がある。
  • 1983年(昭和58年)10月 - 江坂東急イン内にオープン。
  • 2015年(平成27年)10月2日 - 現名称に変更しリニューアル。
  • 所在地 - 大阪府吹田市豊津町9-40
  • アクセス - 江坂駅徒歩1分

天神東急プラザ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ファッション・カルチャームーブメントの発祥地「表参道・原宿」に出現する、新たなランドマーク 「東急プラザ 表参道原宿」に名称決定”. 東急不動産 (2011年11月15日). 2011年12月3日閲覧。
  2. ^ a b c d 「東急プラザ 表参道原宿」開業と東急プラザ開業50周年を機に更なる進化を 東急プラザ“リブランド”で、名称・ロゴを一新~渋谷・蒲田・戸塚ではセレブレイトキャンペーンを開催~”. 東急不動産 (2012年4月13日). 2012年8月18日閲覧。
  3. ^ a b 渋谷道玄坂エリア一帯の再開発へ向けて 東急プラザ 渋谷 2015年3月22日をもって閉館 ~49年の歴史に幕~”. 東急不動産、東急不動産SCマネジメント (2014年12月11日). 2014年12月18日閲覧。
  4. ^ a b 「大人をたのしめる渋谷へ」をコンセプトに 新生「東急プラザ渋谷」渋谷駅西口に、12月5日(木)グランドオープン 東急不動産ニュースリリース、2019年9月11日
  5. ^ About 渋谷 フクラスについて”. SHIBUYA FUKURAS. 2019年12月18日閲覧。
  6. ^ 都内唯一の屋上観覧車、45年の歴史に幕 最後の1週間は無料開放 ねとらぼ、2014年2月24日
  7. ^ “地域の方々の熱い要望を受け「東急プラザ 蒲田」で都内唯一の屋上観覧車復活 観覧車ネーミング大募集!!” (プレスリリース), 東急不動産、ナムコ, (2014年8月7日), http://www.tokyu-fudosan-hd.co.jp/news/pdf/259 
  8. ^ 日本を代表する交差点に、東急不動産のリーディング施設が登場「TOKYU PLAZA OMOTESANDO HARAJUKU」“ここでしか”“ここだから”を集結した全27店舗 発表!~ 2012年4月18日(水)に開業!~”. 東急不動産 (2012年1月12日). 2012年1月17日閲覧。
  9. ^ a b c 新長田駅前商業施設リニューアルプロジェクト「東急プラザ 新長田」に名称決定 ~グランドオープンに先駆け、「SEIYU」が7月27日(土)先行オープン~”. 東急不動産 (2013年7月2日). 2013年7月4日閲覧。
  10. ^ “運用資産の名称変更に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), アクティビア・プロパティーズ投資法人、東急不動産アクティビア投信, (2015年7月10日), https://www.activia-reit.co.jp/file/tmp-XZUBP.pdf 2017年10月8日閲覧。 
  11. ^ a b c d e 福岡市・天神、新たに19階建てビル“名物ビル”も…再開発で建て替え続々 西日本新聞、2019年11月17日、2020年2月1日閲覧。

関連項目[編集]