東扇島火力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東扇島火力発電所
Tepco-HigasiOhgishima.JPG
東扇島火力発電所(2008年9月)
東扇島火力発電所の位置(神奈川県内)
東扇島火力発電所
神奈川県における東扇島火力発電所の位置
正式名称 株式会社JERA東扇島火力発電所
日本の旗 日本
所在地 神奈川県川崎市東扇島3
座標 北緯35度29分41.1秒 東経139度44分44.2秒 / 北緯35.494750度 東経139.745611度 / 35.494750; 139.745611 (東扇島火力発電所)座標: 北緯35度29分41.1秒 東経139度44分44.2秒 / 北緯35.494750度 東経139.745611度 / 35.494750; 139.745611 (東扇島火力発電所)
現況 運転中
運転開始 1号機:1987年9月
2号機:1991年3月
事業主体 JERA
発電所
主要動力源 LNG
発電機数 2基
熱効率 1号機:44.6%(LHV)
2号機:44.7%(LHV)
発電量
定格出力 総出力:200万kW
  1号機:100万kW
  2号機:100万kW
ウェブサイト
東扇島火力発電所
2019年4月1日現在
テンプレートを表示

東扇島火力発電所(ひがしおおぎしまかりょくはつでんしょ[1])は神奈川県川崎市東扇島3にあるJERA天然ガス火力発電所

概要[編集]

川崎港沖合いに1971年より埋め立てを開始し、1974年に完成した人工島である東扇島に位置する。

1987年9月に1号機が運転を開始、2号機でが建設された。1、2号機とも出力は国内最大規模の100万kWである。

当発電所は、2016年4月に東京電力から子会社の東京電力フュエル&パワーに移管された。2019年4月にはさらにJERAに移管された。

発電設備[編集]

  • 総出力:200万kW(2016年4月1日現在)[2]
  • 敷地面積:約45万m2
  • 発電方式:汽力発電方式
1号機
定格出力:100万kW
使用燃料:LNG
蒸気条件:超臨界圧Super Critical)
熱効率:44.6%(低位発熱量基準)
営業運転開始:1987年9月
2号機
定格出力:100万kW
使用燃料:LNG
蒸気条件:超臨界圧(SC)
熱効率:44.7%(低位発熱量基準)
営業運転開始:1991年3月

東北地方太平洋沖地震による被害[編集]

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により当時運転中だった1号機が停止した[3]。3月24日に運転再開した[4]

付随施設[編集]

発電所内には1984年に完成したLNG基地があり、川崎火力発電所及び横浜火力発電所へ供給している。

2009年3月には東扇島火力発電所と富津火力発電所のLNG基地間をつなぐ東西連係ガス導管の運用を開始[5]。これにより、神奈川県側の3つの火力発電所(東扇島・川崎・横浜)と千葉県側の5つの火力発電所(千葉・五井・姉崎・袖ケ浦・富津)を結ぶパイプラインが構築され、LNG供給の安定性向上や発電所とLNG基地の弾力的かつ効率的な運用が実現した。

アクセス[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]