東敦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東 敦子
生誕 1936年12月11日
出身地 日本の旗 日本 大阪府
死没 (1999-12-25) 1999年12月25日(63歳没)
学歴 東京藝術大学
ジャンル クラシック
職業 ソプラノ歌手
担当楽器 声楽

東 敦子(あずま あつこ、1936年12月11日[1] - 1999年12月25日[1])は、日本の声楽家(ソプラノ歌手)。本名は、二田原 敦子(にたはら あつこ)[1]

人物[編集]

大阪府吹田市出身[1]。1959年東京藝術大学卒業[1]。1961年同大学専攻科修了[1]四家文子に師事。1961年イタリアに留学してエットレ・カンポガリアーニに師事。1964年パルマ音楽院を首席[2]で卒業[1]

1963年レッジョ・エミリア市立歌劇場でマスカーニ友人フリッツ』で[2]デビュー[3]ミラノに居を構え[4]、1967年ベルリン・ドイツ・オペラプッチーニ蝶々夫人』でデビュー。1971年ウィーン国立歌劇場に『蝶々夫人』で出演(日本人で初めて)[5]。その成功によりニューヨークメトロポリタン歌劇場にデビューし、世界の檜舞台でプリマドンナとして確固たる地位を築いた[3]。1978年にはボリショイ劇場でプッチーニ『蝶々夫人』のタイトルロール(日本人で初めて)[1]。ほかにもバイエルン国立歌劇場ハンブルク国立歌劇場プラハ国立歌劇場モンテカルロ王立歌劇場[5]ブエノスアイレステアトロ・コロンベルリン国立歌劇場ドレスデン国立歌劇場[2]など20余国、90の歌劇場でプリマドンナとして活躍[4]。蝶々さんは世界一[1]といわれ、20数ケ国で約500回主演[1]し、「バタフライ・アズマ」とも呼ばれた[2]という。この間、日本にたびたび一時帰国し、1968年に藤原歌劇団ヴェルディ椿姫』、1973年に佐々木忠次の招聘・制作[4]により『蝶々夫人』、1977年に再び藤原歌劇団で『椿姫』で主演している[6]

1978年以後、日本に本拠を移し、NBS日本舞台芸術振興会に所属[7]。藤原歌劇団を主舞台にして『ボエーム』『蝶々夫人』『椿姫』『トスカ』などに出演。全て主役である。1980年アキレ・ペーリ国際音楽コンクールに東敦子賞が設けられた[1]。1987年1月オペラ界から引退、以後は歌曲公演やテレビ出演のほか、後進の指導にあたる。同年新進声楽家育成のためグローバル東敦子賞が創設された[1]

音楽教育者としては、東京音楽大学教授[8](死去時は客員教授[9]玉川大学客員教授[8]東京藝術大学非常勤講師大分県立芸術短期大学非常勤講師[9]を務めた。門下生に佐野成宏斉田正子池田理代子[10]などがいる。

晩年はがんを患い[10]、1999年12月25日未明[4]心不全[5]で死去。63歳没。

家族[編集]

夫は彫刻家二田原英二[8]。甥に落語家林家染雀がいる。

主な受賞歴[編集]

  • 1962年 ビオッティ国際音楽コンクール声楽部門第2位[1]
  • 1962年 アキレ・ペーリ国際音楽コンクール声楽部門第1位[1]
  • 1963年 フランチェスコ・パウロ・ネリア国際音楽コンクール声楽部門第1位[1]
  • 1963年 トゥールーズ市国際音楽コンクール声楽部門第2位[1]
  • 1979年 第21回毎日芸術賞[1]
  • 1984年度 ジロー・オペラ賞大賞[11]
  • 1985年 第15回モービル音楽賞[1]
  • 1991年 第47回1990年度日本芸術院賞[1]
  • 1996年 飛騨古川音楽大賞[1]

日本でのオペラ出演歴[編集]

昭和音楽大学オペラ情報センターの記録[6]による。

  • 1968年7~8月 藤原歌劇団 ヴェルディ『椿姫』ヴィオレッタ
  • 1973年4月 読売新聞社 プッチーニ『蝶々夫人』蝶々夫人
  • 1977年1月 藤原歌劇団 ヴェルディ『椿姫』ヴィオレッタ
  • 1979年10月 コスモポリターナ歌劇 ヴェルディ『ドン・カルロ』エリザベッタ・ディ・ヴァロワ
  • 1980年7月 長門美保歌劇団 レオンカヴァッロ『パリアッチ(道化師)』ネッダ
  • 1980年2月 藤原歌劇団 プッチーニ『ボエーム』ミミ
  • 1980年3月 藤原歌劇団 ビゼー真珠採り』レイラ
  • 1981年7月 藤原歌劇団 プッチーニ『蝶々夫人』蝶々夫人
  • 1981年12月 日本楽劇協会 山田耕筰『香妃』香妃
  • 1982年2月 藤原歌劇団 ヴェルディ『椿姫』ヴィオレッタ
  • 1983年2月 藤原歌劇団 プッチーニ『トスカ』トスカ
  • 1984年2月 藤原歌劇団 プッチーニ『蝶々夫人』蝶々夫人
  • 1984年9月 藤原歌劇団 プッチーニ『トスカ』トスカ
  • 1985年8月 欧州音楽年日本実行委員会 マスカーニイリス』(日本初演)イリス
  • 1986年11月 藤原歌劇団 プッチーニ『妖精ヴィッリ』(日本初演)アンナ

主な楽界・社会活動等[編集]

展覧会[編集]

2000年11~12月、玉川大学に寄贈された遺品により「プリマドンナ東敦子の世界展」が開催された[2]

著書[編集]

  • ベルカントヴォカリッツィ~やさしい発声トレーニング~ (CDブック) 楽譜』東敦子著、島茂雄著 学研マーケティング 1998/12/10 ISBN 978-4051515102
  • 『ふり向けば恵みの軌跡 東敦子自伝』女子パウロ会 2000/1/1 ISBN 978-4789605168
  • 『ある晴れた日に オペラとともに生きて』平凡社 2000/4/1 ISBN 978-4582824339

ディスコグラフィ[編集]

  • CD『東敦子 イタリア名歌集』ユニバーサルミュージック
  • CD『東敦子の日本歌曲』フォンテック 1990/2/25
  • CD『東敦子の日本歌曲』フォンテック 2002/8/15
  • CD『プッチーニ:オペラハイライト』東敦子,松本幸三,森山俊吾指揮,大阪CMCアカデミア管弦楽団 フォンテック (FOCD 3124)1991/03/25
  • CD『オペラ・アリア集』ミラノ・フィルハーモニー管弦楽団 コロムビアミュージックエンタテインメント 2008/7/23
  • CD『アヴェ・マリア集/東敦子』荒谷俊治(指揮),J.モルナール(ハープ),高浜知左,東京リーダーターフェル1925,東京コールフェライン サンパウロ 1995/4/1
  • CD『東敦子の日本歌曲 2 高田三郎・山田耕筰歌曲集』高田江里,谷池重紬子 フォンテック 1996/10/25
  • CD『東敦子 マランゴーナの舟歌: プッチーニ、サデーロ歌曲集』ピアノ伴奏:谷池重紬子 フォンテック (FOCD 3185) 1993/12/10
  • CD『イタリア歌曲を歌う』三浦洋一 日本コロムビア 2018/2/22
  • CD『なつかしき愛の歌-もう一つの日本歌曲~堀内敬三の名訳詞による欧米名歌集』谷池重紬子 メディアリング 1995/9/25
  • CD『ツレうつクラシック』オムニバス コロムビアミュージックエンタテインメント 2010/8/18
  • 小倉百人一首をうたう 「伊能美智子・歌曲集」「伊能美智子・歌曲集2」より』柳下正明共演 高宮俊介朗読 音楽之友社 1994
  • CD『歌曲集小倉百人一首,モノ・オペラマクベス MIK 30周年記念 伊能美智子作品集』佐藤征一郎共演 収録: 1992年6月, 1994年6月 S-TWO Corporation 2004
  • CD『栄光のプリマ・ドンナ~東敦子オペラ・アリア集』ミラノ・フィルハーモニー管弦楽団 コロムビアミュージックエンタテインメント 2008/7/23
  • DVD『東敦子オペラ「蝶々夫人」』1973年4月16日東京文化会館ライヴ NBS日本舞台芸術振興会(1000枚限定販売)[12]

参考文献[編集]

  • 自伝『ふり向けば恵みの軌跡』

脚注[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 東 敦子”. コトバンク 20世紀日本人名事典. 2020年6月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e プリマドンナ東敦子の世界展”. 玉川大学. 2020年6月7日閲覧。
  3. ^ a b 東敦子”. TOWER RECORDS. 2020年6月7日閲覧。
  4. ^ a b c d 東敦子の蝶々さん”. 日本舞台芸術振興会. 2020年6月7日閲覧。
  5. ^ a b c 東敦子”. 日本人オペラ名鑑. 2020年6月7日閲覧。
  6. ^ a b 東敦子”. 昭和音楽大学オペラ情報センター. 2020年6月7日閲覧。
  7. ^ 東 敦子”. コトバンク 新撰 芸能人物事典 明治~平成. 2020年6月6日閲覧。
  8. ^ a b c 東 敦子”. コトバンク 新撰 芸能人物事典 明治~平成. 2020年6月6日閲覧。
  9. ^ a b c d プリマドンナ東敦子 ~ご遺品のピアノにのせて~”. 東京音楽大学. 2020年6月7日閲覧。
  10. ^ a b 日本経済新聞社・日経BP社. “オペラ歌手飛び立て 池田理代子さんが貯金ゼロの理由|エンタメ!|NIKKEI STYLE” (日本語). NIKKEI STYLE. 2020年6月7日閲覧。
  11. ^ Wikipedia「ジロー・オペラ賞」の項目を参照
  12. ^ 東敦子さんの蝶々夫人に寄す―この演奏に出会える歓び!日本人としてオペラに親しんでいることの喜びさえも感じさせる、価値ある一枚”. オペラ・エクスプレス. 2020年6月7日閲覧。

関連項目[編集]