東日本旅客鉄道新幹線統括本部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東日本旅客鉄道 > 東日本旅客鉄道新幹線統括本部

東日本旅客鉄道新幹線統括本部(ひがしにほんりょかくてつどうしんかんせんとうかつほんぶ)とは、東日本旅客鉄道(JR東日本)の組織の一つ。日本国有鉄道(国鉄)の東北・上越新幹線総合指令本部の流れを汲む。

概要[編集]

国鉄時代、東海道新幹線山陽新幹線を管轄していた新幹線総局の組織肥大化が問題視されていたことから、東北新幹線ならびに上越新幹線の開業にあたっては、輸送指令業務のみ国鉄本社直轄の東北・上越新幹線総合指令本部が所管し、それ以外の施設ならびに現業機関を各区間に対応する在来線所管の鉄道管理局の管轄とした。国鉄分割民営化によって両路線を引き継いだJR東日本においてもこの体制を踏襲し、輸送指令のみ新幹線運行本部が、施設・現業機関は各区間に対応する在来線所管支社が管轄することになり、民営化後に開業した北陸新幹線に対しても同様の扱いが採られた。

しかし民営化から30年以上を経てこの体制を大きく見直すことになり、リスク対応力向上、人材育成、新幹線特有の技術の維持・向上、迅速な意思決定を目的として、2019年(平成31年)4月1日付で、本社ならびに各支社の新幹線部門と、新幹線運行本部を統合し、本組織が発足した[1][2]

これによりJR東日本の新幹線路線についても、駅施設の管理・営業業務は在来線所管支社が主導する一方で、それ以外の新幹線に関わる業務は新幹線専門の組織が主導する、東海道・山陽・九州新幹線同様の体制へと移行する。

組織構成[編集]

発足時点では以下の組織で構成される[1][2]

  • 新幹線企画戦略室
  • 新幹線運輸車両部
  • 新幹線設備部
  • 新幹線電気ネットワーク部
  • 新幹線総合指令所

管轄路線[編集]

JR東日本に所属するすべての新幹線特例法適用路線を管轄する。なお駅の管轄は沿線の在来線を所管する各支社が行っているうえ、JR東日本の新幹線は在来線がJR他社管轄となる地域に乗り入れていないため、本組織が直接管轄する駅は存在しない。

路線

※◇が付いた路線は全線が管理区間内に入っている路線である。

路線名 区間 備考
東北新幹線 東京駅 - 新青森駅 新青森駅を介して北海道新幹線と相互直通運転
東京駅 - 福島駅間では山形新幹線の列車も走行
東京駅 - 盛岡駅間は秋田新幹線の列車も走行
上越新幹線 大宮駅 - 新潟駅 運転系統上では、東北新幹線東京駅 - 大宮駅間を含む
北陸新幹線 高崎駅 - 上越妙高駅 運転系統上では、東北新幹線東京駅 - 大宮駅間、上越新幹線大宮駅 - 高崎駅を含む
上越線 越後湯沢駅 - ガーラ湯沢駅 法規上は在来線であるが、運用上では上越新幹線の支線と扱われる

車両基地[編集]

秋田新幹線用車両についても「幹アキ」の略号を与えられて本組織の所属となったが[3]、所属先の秋田車両センターが引き続き秋田支社管轄のため[4]、同組織への常駐扱いとなる。

乗務員区所[編集]

新幹線運転所(運転士)[編集]

新幹線運輸区(運転士・車掌)[編集]

新幹線・在来線双方に業務が跨る区所(長野総合運輸区福島総合運輸区丸の内車掌区)は、当面は従来通り在来線所管支社の管轄。

施設関係区所[編集]

新幹線保線技術センター[編集]

  • 大宮新幹線保線技術センター
    • 東京派出
  • 宇都宮新幹線保線技術センター
  • 郡山新幹線保線技術センター
  • 仙台新幹線保線技術センター
  • 北上新幹線保線技術センター
  • 八戸新幹線保線技術センター
    • 青森派出
  • 高崎新幹線保線技術センター
  • 新潟新幹線保線技術センター
    • 長岡派出
  • 長野新幹線保線技術センター

運転指令所[編集]

  • 新幹線総合指令所

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 組織の改正について - 東日本旅客鉄道 2019年2月5日
  2. ^ a b JR東日本「新幹線統括本部」設置、新幹線を一元的かつ専門的に統括 - マイナビニュース 2019年2月5日(2019年4月5日閲覧)
  3. ^ a b c d e 『JR電車編成表』2019夏 ジェー・アール・アール 交通新聞社 2019年 p.13
  4. ^ 『JR電車編成表』2019夏 ジェー・アール・アール 交通新聞社 2019年 p.19

関連項目[編集]