東日本社会人リーグ (ラグビー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
東日本社会人リーグ
最新シーズン・大会:
第15回東日本社会人リーグ
後継トップリーグトップイーストリーグ
競技ラグビーユニオン
開始年1988年
ディビジョン第1部
参加チーム8
日本の旗 日本
連盟関東ラグビーフットボール協会
最終年2002年
最終優勝サントリー(6回目)
最多優勝三洋電機(7回)
関連大会関西社会人リーグ西日本社会人リーグ
降格関東社会人リーグ東北社会人リーグ

東日本社会人リーグは、かつて存在した日本における社会人ラグビー(15人制、ラグビーユニオン)の地域リーグの1つである。

概要[編集]

関東ラグビーフットボール協会による主催で、1988年度から2002年度まで開催された社会人ラグビーの地域リーグ。当時はまだ全国リーグが存在しておらず、関西社会人リーグ西日本社会人リーグと並び、国内における社会人ラグビーの最上位リーグ(1部リーグ相当)であった。

関東地域では、1960年から社会人ラグビーリーグのトップカテゴリーとして関東社会人リーグが開催されてきたが、東北地方のチームも参加するため、1988年に東日本社会人リーグが創設された。それに伴い、従来の関東社会人リーグは東日本社会人リーグの下位リーグとなった。1991年には、東北地域における下位リーグとして東北社会人リーグ(後のトップノース)が設置された。

2002年度(第15回開催)のシーズンをもって東日本社会人リーグは終了し、翌年に開幕したトップリーグおよびトップイースト10(後のトップイーストリーグ)に再編された。

三洋電機サントリーリコー東芝府中の4チームは、1988年度のリーグ創設以来、2002年度に終了するまでの間、全15シーズンで東日本社会人リーグに在籍した。最多優勝は三洋電機の7回、通算最多勝利はサントリーの79勝、最長連続優勝は三洋電機サントリーの3連覇。

なお、日本ラグビーフットボール協会の資料によると、1969年[注 1]から1987年までの関東社会人リーグの優勝回数は、東日本社会人リーグにも引き継がれている[1]。この場合の通算記録は、三洋電機リコー東芝府中の3チームが1969年度から2002年度までの全34シーズンで最上位リーグに在籍しており、最多優勝は三洋電機の17回、通算最多勝利は三洋電機の155勝、最長連続優勝はリコーの4連覇。

参加チーム[編集]

最終年度(2002年度)参加チーム[編集]

太字は初年度(1988年度)参加チーム。

チーム名 創設年 練習グラウンド 次年度の参加リーグ 備考
サントリー 1980年 東京都府中市 トップリーグ
(各地域リーグ1位枠)
現・サントリーサンゴリアス
東芝府中 1948年 東京都府中市 トップリーグ
(「第55回全国社会人大会」予選プール上位2チーム枠)
現・東芝ブレイブルーパス
リコー 1953年 東京都世田谷区 トップリーグ
(「第55回全国社会人大会」予選プール上位2チーム枠)
現・リコーブラックラムズ
クボタ 1978年 千葉県船橋市 トップリーグ
(「第55回全国社会人大会」予選プール3位チーム枠)
現・クボタスピアーズ
セコム 1985年 埼玉県狭山市 トップリーグ
(「第55回全国社会人大会」予選プール3位チーム枠)
現・セコムラガッツ
三洋電機 1960年 群馬県太田市 トップリーグ
(「第55回全国社会人大会」予選プール上位2チーム枠)
現・パナソニック ワイルドナイツ
NEC 1985年 千葉県我孫子市 トップリーグ
(「第55回全国社会人大会」予選プール上位2チーム枠)
1991年までは「日本電気ラグビー部」
現・NECグリーンロケッツ
日本IBM 1976年 千葉県八千代市 トップイースト10 現・BIG BLUES

過去の参加チーム[編集]

太字は初年度(1988年度)参加チーム。

チーム名 創設年 練習グラウンド 備考
新日鉄釜石 1959年 岩手県釜石市 現・釜石シーウェイブス
秋田市役所 1958年 秋田県秋田市 現・秋田ノーザンブレッツ
横河電機 1946年 東京都武蔵野市 現・横河武蔵野アトラスターズ
伊勢丹 1959年 不明 2001年に活動休止[2]
東京ガス 1975年 東京都大田区
三菱重工相模原 1971年 神奈川県相模原市 現・三菱重工相模原ダイナボアーズ

歴代優勝[編集]

[1]

優勝チーム[編集]

  • 1988年度 - 三洋電機
  • 1989年度 - サントリー
  • 1990年度 - 三洋電機
  • 1991年度 - 三洋電機
  • 1992年度 - リコー、三洋電機
  • 1993年度 - 東芝府中
  • 1994年度 - 三洋電機、東芝府中
  • 1995年度 - 三洋電機
  • 1996年度 - 東芝府中
  • 1997年度 - サントリー、東芝府中
  • 1998年度 - 三洋電機、サントリー
  • 1999年度 - 東芝府中
  • 2000年度 - サントリー
  • 2001年度 - サントリー
  • 2002年度 - サントリー

優勝回数[編集]

歴代順位[編集]

[1]

太字は、全国社会人ラグビーフットボール大会に出場したチーム。

枠内が色は降格チーム、枠内が色はトップリーグに参加

年度 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位
1 1988 三洋電機 新日鉄釜石 東芝府中
リコー
サントリー
日本電気 秋田市役所 横河電機
2 1989 サントリー 三洋電機 新日鉄釜石
リコー
東芝府中 横河電機
秋田市役所
日本電気[注 3]
3 1990 三洋電機 リコー サントリー 東芝府中 伊勢丹
新日鉄釜石
秋田市役所 横河電機
4 1991 三洋電機 東芝府中 サントリー 新日鉄釜石 日本電気 リコー 秋田市役所 伊勢丹
5 1992 リコー
三洋電機
東芝府中 伊勢丹 NEC[注 4]
サントリー
新日鉄釜石 秋田市役所
6 1993 東芝府中 リコー
サントリー
三洋電機 伊勢丹 NEC 新日鉄釜石 秋田市役所
7 1994 三洋電機
東芝府中
サントリー NEC
リコー
伊勢丹
新日鉄釜石
東京ガス
8 1995 三洋電機 東芝府中 サントリー
リコー
伊勢丹 東京ガス
NEC
新日鉄釜石
9 1996 東芝府中 三洋電機 サントリー NEC 伊勢丹 東京ガス リコー 新日鉄釜石
10 1997 サントリー
東芝府中
NEC 三洋電機
伊勢丹
リコー 新日鉄釜石 東京ガス
11 1998 三洋電機
サントリー
NEC 東芝府中 リコー
クボタ
伊勢丹 新日鉄釜石
12 1999 東芝府中 NEC リコー
サントリー
三洋電機 クボタ 新日鉄釜石 伊勢丹
13 2000 サントリー NEC クボタ 三洋電機 東芝府中 リコー セコム 新日鉄釜石
14 2001 サントリー NEC クボタ 東芝府中
セコム
リコー
三洋電機 三菱重工相模原
15 2002 サントリー 東芝府中 リコー クボタ セコム
三洋電機
NEC
日本IBM
  • 1988年度は前年度優勝枠で東芝府中が全国社会人大会に出場したため、7位の秋田市役所まで同大会に出場した。
  • 1992年度は東北優先条項により7位の新日鉄釜石が全国社会人大会に出場したため、5位タイのサントリーは同大会に出場できなかった。

チーム別通算成績[編集]

1988年度-2002年度の通算成績[編集]

東日本社会人リーグに参加した全チームの通算成績。

  • 「勝ち点」は、勝利=4、引分=2、敗戦=0として算出したもの。
  • 下位リーグとの入替戦の成績はカウントしていない。

枠内が色は休部・廃部

チーム名 初出場 最終 勝点 優勝 2位 3位 最高 チーム名変遷 現在のチーム名
三洋電機 1988 2002 15 105 73 1 31 3590 2386 1204 294 7回 2回 - 1位   パナソニック ワイルドナイツ
サントリー 1988 2002 15 105 79 1 25 4336 2280 2056 318 6回 1回 7回 1位   サントリーサンゴリアス
リコー 1988 2002 15 105 54 2 49 2970 2644 326 220 1回 2回 5回 1位   リコーブラックラムズ
東芝府中 1988 2002 15 105 76 1 28 3909 2205 1704 306 5回 3回 2回 1位   東芝ブレイブルーパス
新日鉄釜石 1988 2000 13 91 21 1 69 1867 3393 -1526 86 - 1回 1回 2位   釜石シーウェイブス
秋田市役所 1988 1993 6 42 5 0 37 577 1836 -1259 20 - - - 6位   秋田ノーザンブレッツ
横河電機 1988 1990 3 21 1 0 20 290 848 -558 4 - - - 6位   横河武蔵野アトラスターズ
NEC 1988 2002 14 98 50 3 45 2703 2477 226 206 - 3回 2回 2位 日本電気→NEC NECグリーンロケッツ
伊勢丹 1990 1999 10 70 26 1 43 1655 2264 -609 106 - - - 4位    
東京ガス 1994 1997 4 28 5 0 23 447 1276 -829 20 - - - 6位   東京ガス
クボタ 1998 2002 5 35 19 0 16 1289 1117 172 76 - - 2回 3位   クボタスピアーズ
セコム 2000 2002 3 21 6 0 15 598 825 -227 24 - - - 4位   セコムラガッツ
三菱重工相模原 2001 2001 1 7 0 0 7 113 582 -469 0 - - - 8位   三菱重工相模原ダイナボアーズ
日本IBM 2002 2002 1 7 0 0 7 155 366 -211 0 - - - 8位   BIG BLUES

1969年度-2002年度の通算成績[編集]

日本ラグビーフットボール協会の資料によると、東日本社会人リーグの優勝回数は、東日本社会人リーグ単独の優勝回数と、1969年度-1987年度の関東社会人リーグから通算した優勝回数が併記されている[1][注 1]。この考え方に準じて、1969年度-1987年度の関東社会人リーグ(1部リーグ)と1988年度-2002年度の東日本社会人リーグの通算成績を掲載する。

  • 1969年度-1987年度はA・Bブロック両方の成績をカウントしている。
  • 1969年度-1987年度のA・Bブロックの1位チームによる優勝決定戦の成績はカウントしていない。
  • 下位リーグとの入替戦の成績はカウントしていない。
  • 不戦勝/不戦敗は、勝利/敗戦としてカウントしている[1]
  • 「勝ち点」は、勝利=4、引分=2、敗戦=0として算出したもの。
  • 「優勝」は「1969年度-1987年度のA・Bブロックの1位チームによる優勝決定戦の勝者」および「1988年度-2002年度の東日本社会人リーグの1位チーム」を指す。
  • 「2位」は「1969年度-1987年度のA・Bブロックの1位チームによる優勝決定戦の敗者」および「1988年度-2002年度の東日本社会人リーグの2位チーム」を指す。

枠内が色は休部・廃部

チーム名 初出場 最終 勝点 優勝 2位 チーム名変遷 現在のチーム名
三洋電機 1969 2002 34 195 155 1 39 622 17回 5回 東京三洋→三洋東京→三洋電機 パナソニック ワイルドナイツ
リコー 1969 2002 34 195 133 2 60 536 9回 6回   リコーブラックラムズ
東芝府中 1969 2002 34 195 138 2 55 556 6回 6回   東芝ブレイブルーパス
横河電機 1969 1990 22 111 50 1 60 202 - 2回   横河武蔵野アトラスターズ
警視庁[注 5] 1969 1987 19 90 46 3 41 190 - 4回   警視庁
朝日生命 1969 1982 14 65 26 4 35 112 - -    
三井精機 1969 1981 13 60 16 2 42 68 - -    
松戸自衛隊 1969 1974 6 25 4 2 19 20 - -    
日野自動車 1969 1985 9 41 11 0 30 44 - -   日野レッドドルフィンズ
昭和化成品 1969 1970 2 8 1 0 7 4 - -    
北辰電機 1971 1974 4 17 2 1 14 10 - -    
三菱製鋼 1973 1977 5 24 3 1 20 14 - -   MSM Steelers
明治生命 1974 1987 14 70 45 0 25 180 - 1回   明治安田生命ホーリーズ
日産プリンス神奈川 1974 1976 3 15 3 0 12 12 - - 日産プリンス→日産プリンス神奈川  
博報堂 1975 1982 8 40 10 1 29 42 - -   博報堂レッドヒルズ
YHP 1975 1986 7 35 8 0 27 32 - -    
東京海上 1977 1978 2 10 1 0 9 4 - -   東京海上日動
日立製作所 1978 1987 9 45 12 1 32 50 - -   日立製作所Sun Nexus
栗田工業 1979 1987 9 45 13 1 31 54 - -   栗田工業ウォーターガッシュ
丸紅 1980 1987 7 35 8 3 24 38 - -    
サントリー 1982 2002 21 135 102 2 31 412 6回 3回   サントリーサンゴリアス
東芝青梅 1983 1987 3 15 1 1 13 6 - -    
第一勧銀 1986 1987 2 10 3 1 6 14 - -   みずほFG
新日鉄釜石 1988 2000 13 91 21 1 69 86 - 1回   釜石シーウェイブス
秋田市役所 1988 1993 6 42 5 0 37 20 - -   秋田ノーザンブレッツ
NEC 1988 2002 14 98 50 3 45 206 - 3回 日本電気→NEC NECグリーンロケッツ
伊勢丹 1990 1999 10 70 26 1 43 106 - -    
東京ガス 1994 1997 4 28 5 0 23 20 - -   東京ガス
クボタ 1998 2002 5 35 19 0 16 76 - -   クボタスピアーズ
セコム 2000 2002 3 21 6 0 15 24 - -   セコムラガッツ
三菱重工相模原 2001 2001 1 7 0 0 7 0 - -   三菱重工相模原ダイナボアーズ
日本IBM 2002 2002 1 7 0 0 7 0 - -   BIG BLUES

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 日本ラグビーフットボール協会の資料によると、1960年度-1968年度の優勝回数は、秋季トーナメントと春季リーグが開催されるなど運営方式が異なることもあり、1969年度以降に継承されていない。
  2. ^ 括弧内は、1969年度-1987年度の関東社会人リーグの優勝回数を含めた場合。
  3. ^ リーグ順位は6位タイであった。
  4. ^ 「日本電気」から名称変更。
  5. ^ 1969年度は安保闘争に備えた特別勤務態勢のため不戦敗(0勝4敗)であったが、この成績もカウントされている。

出典[編集]

関連項目[編集]