東明駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東明駅
東明駅跡に保存されている美唄鉄道2号機
東明駅跡に保存されている美唄鉄道2号機
とうめい
Tōmei
(2.0km) 盤の沢
所在地 北海道美唄市東明5条2丁目
所属事業者 三菱鉱業
所属路線 美唄鉄道線
キロ程 3.7km(美唄起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1948年昭和23年)1月10日
廃止年月日 1972年(昭和47年)6月1日
備考 路線廃止に伴い廃駅
テンプレートを表示

東明駅(とうめいえき)は、かつて北海道美唄市東明5条2丁目に存在した三菱鉱業美唄鉄道線(美唄鉄道)の廃駅)である。

概要[編集]

1972年(昭和47年)5月31日まで運行していた三菱鉱業美唄鉄道線(美唄鉄道)の鉄道駅であり、美唄駅から3番目の駅であった。美唄市の東明地区に位置し、当鉄道が運行されていた頃は地域住民の最寄駅となっていた。

同線廃止後も駅舎が保存され、国鉄4110形蒸気機関車の同形機である2号機関車が保存展示されており、美唄市の観光名所の一つとなっている。

歴史[編集]

太平洋戦争後、この地区に三井新美唄炭砿の炭鉱住宅が置かれ、急速に人口が増えた。このため住民及び三井鉱山の請願によって当駅が設置された。

駅構造[編集]

1962年(昭和37年)の時点で、駅舎は美唄に向かって左手南側の構内美唄寄りに置かれ、駅舎前を通る貨物積卸線を挟んでホーム上駅舎に近い位置に上屋を持つ島式ホーム1面2線を有し、駅舎からホーム美唄側端へ構内踏切で連絡した。また駅舎の右側は広い空き地になっており、貨物用の上屋もあった。配線は駅裏側が本線と直線の棒線状に近く、駅表側2線が片開分岐で分岐する構造であった[2]

利用状況[編集]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1951 1,762[3]
1960 1,594[3]
1965 391[4]
1966 475[4]

駅跡[編集]

当駅跡地では、2006年(平成18年)に『東明駅保存会』が活動し、駅舎の保存と一般開放などを行っている。当地へのアクセスは、美唄市民バス美唄駅より『アルテピアッツア』か『国設スキー場』行きバスに乗り、『東明5条』下車。

東明駅舎[編集]

1946年(昭和21年)に完成された東明駅の駅舎は、三菱鉱業美唄鉄道線廃止後、美唄市に寄贈され、保存されて現在に至る。なお、美唄鉄道の駅舎で残っているのは当駅のみである。

蒸気機関車展示[編集]

東明駅跡に展示されている2号機関車

かつて実際に三菱鉱業美唄鉄道線で運行していた、国鉄4110形蒸気機関車と同形の2号機関車が東明駅舎近くで保存公開されているが、日本で唯一公開されている4110形機関車でもある。

プラットホーム[編集]

プラットホームも分かるような形で残されている[5]

隣の駅[編集]

三菱鉱業
美唄鉄道線
東美唄信号所 - 東明駅 - 盤の沢駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ そらち 産業遺産と観光 美唄鉄道東明駅舎
  2. ^ 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス 1962年撮影航空写真 MHO622-C1-26
  3. ^ a b 美唄市百年史 通史編 P1078。
  4. ^ a b 美唄市百年史 通史編 P1379。
  5. ^ 61℃ - 三菱鉱業美唄鉄道

関連項目[編集]