東映太秦映像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

東映太秦映像(とうえいうずまさえいぞう)とは、かつて存在した日本TV映画制作プロダクションである。東映のグループ会社で、商号は東映太秦映像株式会社。本社は京都府京都市右京区太秦西蜂岡町に置いていた。

沿革[編集]

  • 前身は「東映京都制作所」[1]1976年テレビドラマ水戸黄門』を東京で制作するという話が出た時、同番組プロデューサー・逸見稔が京都での撮影存続を岡田茂東映社長に頼み、岡田が組織をスリム化して新たに作ったもの[2]。「東映京都撮影所」と別組織の会社であり、後に名称変更され、東映の非連結子会社として運営されていた。
  • 東映太秦映画村を管理している「東映京都スタジオ」とは別の制作会社であり、太秦の東映スタジオを使って時代劇から再現ドラマ、教育映画まで作っていた。
  • しかし、時代劇の減少に伴い維持が困難になったことから、2016年9月1日付けで東映と合併し消滅した[3]。一切の版権および機能は東映京都撮影所に統合された。

制作協力作品[編集]

テレビ[編集]

その他[編集]

  • 近江聖人中江藤樹(中江藤樹生誕400年記念映画)


脚注[編集]