東松島市立鳴瀬未来中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東松島市立鳴瀬未来中学校
Higashimatsushima Municipal Naruse Mirai Junior High School.jpg
国公私立 公立学校
設置者 東松島市
併合学校 鳴瀬第一中学校
鳴瀬第二中学校
設立年月日 2013年4月1日
共学・別学 男女共学
所在地 981-0411
宮城県東松島市野蒜字上野蒜232
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

東松島市立鳴瀬未来中学校(ひがしまつしましりつ なるせみらいちゅうがっこう、: Higashimatsushima Municipal Naruse Mirai Junior High School)は、宮城県東松島市にある公立中学校

概要[編集]

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)による津波で東松島市の鳴瀬地区は甚大な被害を受け、野蒜地区にあった鳴瀬第二中学校が使用不能となった。鳴瀬地区はその後の人口減少により生徒数が増えることが期待できないため、鳴瀬地区にある二つの中学校を一つに統合することとなり、統合校である本校が2013年に開校した。校舎は暫定的に鳴瀬第一中学校の校舎を使用していたが、現在の場所に新校舎を建設し、2018年に移転した。

校名の由来[編集]

鳴瀬未来中学校の校名については、

  • 鳴瀬地区の未来を育む学校
  • 自らの未来を拓き、地区の未来を担う
  • 環境未来都市を象徴する学校として、全国に誇れる学校づくりに期待

の3点を挙げた[1]

沿革[編集]

学区[編集]

校歌[編集]

東松島市に対する支援活動を行ってきた作家C・W・ニコルと親交のある歌手加藤登紀子が作詞作曲した[3]。タイトルは「いつもそばにいるよ」[4]

所在地[編集]

  • 宮城県東松島市野蒜字上野蒜232

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東松島市鳴瀬地区学校統合で校名決まる 『三陸河北新報』2012年8月25日、2013年5月26日閲覧、アーカイブ版。
  2. ^ 移転新築の鳴瀬未来中完成 3学期から供用開始石巻日日新聞』2017年12月6日、2018年8月25日閲覧。
  3. ^ 東松島の2中学統合、開校式 加藤登紀子さん、校歌贈る朝日新聞』2013年4月8日、2018年8月25日閲覧。
  4. ^ 加藤登紀子さん、C・W・ニコルさん熱唱 東松島・小野で追悼コンサート三陸かほく』2013年10月1日、2018年8月25日閲覧。

関連項目[編集]