東柏ケ谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 神奈川県 > 海老名市 > 東柏ケ谷
東柏ケ谷
さがみ野駅
さがみ野駅
東柏ケ谷の位置(神奈川県内)
東柏ケ谷
東柏ケ谷
東柏ケ谷の位置
北緯35度28分4.53秒 東経139度25分21.52秒 / 北緯35.4679250度 東経139.4226444度 / 35.4679250; 139.4226444
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Ebina, Kanagawa.svg 海老名市
設置 1977年昭和52年)5月1日
面積
 • 合計 0.96km2 (0.37mi2)
人口
2018年(平成30年)2月1日現在)[2]
 • 合計 14,495人
 • 密度 15,000/km2 (39,000/mi2)
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
243-0401[3]
市外局番 046 (厚木MA)[4]
ナンバープレート 相模

東柏ケ谷(ひがしかしわがや)は、神奈川県海老名市町名。現行行政地名は東柏ケ谷一丁目から東柏ケ谷六丁目。住居表示実施済み区域。郵便番号は243-0401[3]

地理[編集]

市内北東端に位置する。地内は住宅と工場が大半を占める。

西で柏ケ谷および綾瀬市寺尾北、北で座間市さがみ野・座間市東原および座間市ひばりが丘、東で大和市上草柳・大和市桜森および綾瀬市蓼川、南で綾瀬市大上とそれぞれ接する(特記ないものは海老名市)。

周囲を座間市・大和市・綾瀬市に囲まれ、海老名市の他地域とは柏ケ谷と100mほど接しているのみであり、ほとんど飛地のような状態になっている。

面積[編集]

面積は以下の通りである[1]

丁目 面積(km2
東柏ケ谷一丁目 0.15
東柏ケ谷二丁目 0.21
東柏ケ谷三丁目 0.11
東柏ケ谷四丁目 0.22
東柏ケ谷五丁目 0.13
東柏ケ谷六丁目 0.14
0.96

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日に公表された公示地価によれば、東柏ケ谷4-24-11の地点で16万9000円/m2となっている。

歴史[編集]

もともとは柏ケ谷の一部であったのが、京浜工業地帯からの工場移転に伴う人口増加によって単独の町として成立した。

地名の由来[編集]

沿革[編集]

町名の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前
東柏ケ谷一丁目 1977年5月1日 大字柏ケ谷
東柏ケ谷二丁目
東柏ケ谷三丁目
東柏ケ谷四丁目
東柏ケ谷五丁目
東柏ケ谷六丁目

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)2月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
東柏ケ谷一丁目 976世帯 2,079人
東柏ケ谷二丁目 1,534世帯 2,994人
東柏ケ谷三丁目 601世帯 1,251人
東柏ケ谷四丁目 1,237世帯 2,979人
東柏ケ谷五丁目 1,143世帯 2,609人
東柏ケ谷六丁目 1,124世帯 2,583人
6,615世帯 14,495人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

丁目 番地 小学校 中学校
東柏ケ谷一丁目 全域 海老名市立柏ケ谷小学校 海老名市立柏ケ谷中学校
東柏ケ谷二丁目 全域
東柏ケ谷三丁目 全域
東柏ケ谷四丁目 全域 海老名市立東柏ケ谷小学校
東柏ケ谷五丁目 全域
東柏ケ谷六丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

国道

  • 国道246号 - 大和市との市境上の相模大塚交差点が旧道(国道指定区間)の終点にあたる。

主要地方道

施設[編集]

東柏ケ谷一丁目

  • 東柏ケ谷近隣公園

東柏ケ谷二丁目

東柏ケ谷三丁目

東柏ケ谷四丁目

  • ドリームシティさがみ野 - 分譲住宅地。
  • 中村屋神奈川工場

東柏ケ谷五丁目

東柏ケ谷六丁目

  • 海老名市立東柏ケ谷小学校
  • さがみ野中央病院

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典14. 神奈川県』 角川書店、1984年。ISBN 4040011406。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 海老名市の地区別面積一覧”. 海老名市. 2018年2月21日閲覧。
  2. ^ a b 世帯数と人口(町丁・字別人口、前月の人口異動)”. 海老名市 (2018年2月1日). 2018年2月21日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月21日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月21日閲覧。
  5. ^ 住居表示実施地区を知りたい。”. 海老名市. 2014年2月18日閲覧。
  6. ^ 海老名市立小・中学校学区表”. 海老名市. 2018年2月21日閲覧。

関連項目[編集]